いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2021-06-15 06:00
投稿日:2021-06-15 06:00
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如した「モンスターイケメン」が生まれてしまう場合も……。どんなに顔は良くても、付き合おうとは思えないイケメン。あなたの周りにもいませんか?

受け身でコミュニケーションが雑

これだからイケメンは(写真:iStock)
これだからイケメンは (写真:iStock)

「会社の同期に、俳優の吉沢亮くん似で玉のように美しい顔のイケメンがいます。うちは中小企業なので、先輩や上司とのチームワークも大切なのですが、その子は自発的なコミュニケーションが苦手で、いつも周りに甘えてばかり。

 聞けば恋愛もいつも受け身で、"何もしなくても人が寄ってくる”と思っているようです。仕事関係のレスも遅いし、ミスも多いけど、なぜか周りから甘やかされている。これだからイケメンは……と思う瞬間があります」(24歳・IT関係)

  ◇  ◇  ◇

 顔がいい人は、小さな頃から周りからちやほやされることに慣れています。外見で得な評価を受けることも多いため、人によってはそれを「自分にとっては当たり前のこと」だと考えてしまっています。周りから人が寄ってきてくれる状況に甘え続けていると、コミュニケーションが雑なイケメンになってしまうのです。

恋愛での挫折経験がなく横暴

イケメンの無駄遣い(写真:iStock)
イケメンの無駄遣い (写真:iStock)

「私は恋愛において、外見の好みもとても大事だと考えています。先日、恋活アプリで付き合った彼氏は、横浜流星似。『なんでこんなイケメンがわざわざアプリに?』と、思うほどのイケメンでした。

 一目惚れしてアタックし、なぜか交際成功。最初は舞い上がっていたのですが……付き合いたてでラブラブなはずの期間、デート中やLINEで連絡をしていても、あまり私の気持ちを考えてくれない彼。

 遅刻やドタキャンも平気でするし、『嫌なら別れたら?』というあまりに横暴な態度で、2カ月しか続きませんでした」(27歳・WEB関係)

  ◇  ◇  ◇

 イケメンはもちろん、恋愛でも高い評価を受けやすいでしょう。

 人間性に魅力がないとしても、意中の相手を射止めることができてしまうのがイケメンです。そのため、人間関係の中で内面を振り返ったり、反省する機会が少なく、コミュニケーションにおいて必要なモラルを養えなかったという人も。

 しかし、人によっては、それすらも「外見がいい」ということで許されてしまうことがあります。こうなるともう、社会が生んだモンスターのようなものですね……。

承認欲求が高すぎて同性から嫌われている

そりゃ同性から嫌われるわ…(写真:iStock)
そりゃ同性から嫌われるわ… (写真:iStock)

「ゼミの同期の中でも飛び抜けてイケメン、新田真剣佑似のA君。顔がいいだけでなく勉強もできるのに、なぜか男子たちの中で干されており、女子とばかり仲良くしている人でした。

 でも、いざ一緒に過ごしてみると男子から嫌われている理由がわかるというか……とにかく、スポーツの能力や身長、モテ話など、ナチュラルなマウントがすごいんです。女子だから自分と比べることなくまだ聞けましたが、同性の立場でされたらしんどいだろうなと。

 男子からの目線を考えると、いくらイケメンでも付き合えないな」(23歳・大学院生)

  ◇  ◇  ◇

 誰かに認めてほしい、自慢をしたいという承認欲求は誰しも当たり前に持っているものですが、イケメンの場合、それを「すごいね」と認めてもらうことに慣れすぎている場合があります。

 自己肯定感が高いことはいいとしても、そこに「空気が読めない」が加わると、どんなにイケメンでもコミュニティから疎外されてしまいます。異性としては気分を害さずに聞けたとしても、同性に好かれていないということに、地雷感を感じずにはいられませんね。

イケメンに「コミュ障」が多い理由

ある意味被害者なのかも?(写真:iStock)
ある意味被害者なのかも? (写真:iStock)

 イケメンの中には「自分は顔がいいから、なんでも許される」と思っている人もいれば、「顔しか見てもらえないことで、内面に自信が持てない」と考えている人もいます。どちらも、青春時代に外見で必要以上の評価を受けてきてしまったことが要因にあり、いわゆる“こじらせている”人は案外多いのです。

 今回紹介した事例は、努力して美しさを手に入れたのではなく、もとからイケメンだった人にありがちなパターンです。好きでこじらせたわけではなく、周りから色目を使われたコミュニケーションをされてきたことで性格が歪んでしまったのかと思うと、ある意味、彼らも被害者なのかもしれませんね……。

 あなた自身、イケメンに色目を使ってしまうこともあるかもしれません。しかし、彼らのことを考えると、ほかの人と変わらないコミュニケーションをしてあげるべきなのかもしれませんね。

ラブ 新着一覧


彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 06:00 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-06-30 06:00 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
勘違い厳禁!「大人女性が急にモテる」現象のナゼと見抜き方
「年齢を重ねた女性は男性を魅了する」なんて言葉を耳にしたことがある方は多いはず。一方で“痛い勘違い”で舞い上がってしまう...
恋バナ調査隊 2022-06-28 06:00 ラブ
私の中の“どす黒い”ものが…身体だけの恋愛モドキを繰り返す
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...