恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-25 06:00
投稿日:2021-01-25 06:00
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女心。しかし、相手からの既読スルーが続くと、「恋愛関係なら即レスは基本なのに、どうして返してくれないの?」 と、淡い期待が打ち砕かれたような気分になることってありますよね。この記事では、そんな即レスに関する男女間のすれ違いについて掘り下げていこうと思います。

常につながっていたい女性とマイペースな男性の違い

待ってるのに…(写真:iStock)
待ってるのに… (写真:iStock)

 “恋愛あるある”とも言える、LINEの既読スルー問題。「見たなら即レスしてよ!」と言いたくなる気持ちも分かりますが、男性は女性とは少し違った感覚を持っていることもあるんです。

男性と女性は脳の構造が違うから

 まずは男女のすれ違いを、違った角度から見てみましょう。あまり知られていませんが、脳科学の分野では、「男性の脳と女性の脳は構造が違う」と考えられています。

 男性の脳は、一度にいくつものことが同時にこなせる女性の脳とは違って、マルチタスクに対応するのは苦手。そのため、たとえば仕事中にLINEの通知が来たとしても、確認をしただけで放置してしまうということが起こるのですね。

女性がやりがちな即レス! うざがられてしまう理由

 シングルタスクの男性にとって、マルチタスクをこなす女性は不思議そのもの。だからこそ、あまりにすぐに返信が来る時には、次のような思いを抱くことも。

・「なんでいつもすぐに返事するんだろう? なんか怖い……」
・「ずっと返信を待っていられても困るし、正直、期待が重い……」
・「えっと……暇なの?」

 おそらく世の女性は、どんなに仕事が忙しくても、彼のことを思うからこそ時間を作ってわざわざ早めに返信しているでしょう。それが、愛情だと思うからです。

 しかし、それはマルチタスクに対応できる脳を持っている女性ならではの発想。男性の中には、LINE返信のプレッシャーに苛まれてしまう人もいるのです。

いつも彼のLINEを待っている女性に考えて欲しいこと

オンラインヨガなんていかが?(写真:iStock)
オンラインヨガなんていかが? (写真:iStock)

 もしも、あなたがいつも彼のLINEを待っているような状態なら、一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。

女性が考えたい男性の「狩猟本能」について

 男性にはもともと、“獲物をハンティングして自分のものにしたい”と狙う「狩猟本能」が備わっています。しかし、両思いになってお付き合いが成立すると、彼はあなたが“自分のものになった”と満足してしまい、「釣った魚に餌をやらない」状態になってしまうことが多くあります。

 もし、あなたが一方的にLINEで愛情を送っていて、彼があなたを大事にしてくれないなら、たまには引いてみるのも大事。あえて素っ気ない態度や距離を取ることで、彼の狩猟本能を刺激してあげましょう。

恋愛だけが生きがいになっていませんか?

 恋愛は相手に尽くすだけでなく、ギブアンドテイクの駆け引きも必要。あなたが一方的に愛情を与えすぎてしまうと、彼はその環境に慣れてしまいます。時には、与えられる側になるように、待つことも大切かもしれません。

 返信が常に気になってしまうような状態なら、恋愛以外にも楽しめることを見つけるのもおすすめです。ヨガやアロマなど、女子力を磨く趣味を見つけると、恋愛にも張り合いが出ますし、彼のほかに交流が増えることで、即レスがないことも気にならなくなるでしょう。

恋愛では相手との温度差をなくすことが大切!

LINEきっかけで喧嘩になる前に話し合いを!(写真:iStock)
LINEきっかけで喧嘩になる前に話し合いを! (写真:iStock)

 パートナーと温かい関係を育むには、自分と相手の温度差をなくすことも大切。もしも、彼とのコミュニケーションに悩んでいるなら、思い切って聞いてみるのもありでしょう。

「LINEの頻度はどのくらいがいい?」って聞いてみよう!

 男女の喧嘩でよくあるケースが、相手への不満を一人で抱え込んでしまい、「なんで既読スルーするの!」と爆発してしまうこと。そうなる前に、連絡の頻度について事前に相談できるといいですね。

 即レスをしない理由には、「仕事が忙しい」ということ以外に「実は文章を書くのが苦手」という場合もあります。お互いの感情をぶつけるのではなく、あらかじめ伝え合えるような関係性を築けると、すれ違いが少なくて済みますよ。

番外編:パートナーになる前なら、帰宅時間を確認して

 もしも、まだお付き合いをする前なら、さりげなく相手の帰宅時間を確認しておくとGOODです。仕事中はLINEを送らずに、帰宅時間頃に「お疲れ様!」というねぎらいの言葉と一緒にメッセージを送るといいですね。

 また、相手がLINEを返信した時間を確認して、返信までの時間の間隔を掴むのも大事です。相手が1時間後に返して来たら、こちらも1時間後に返すように心がけるなど、相手に合わせてみると良いラリーが続くでしょう。

「会えない時間が愛を育てる」と考えてみよう♡

会えない時間があるから愛おしい(写真:iStock)
会えない時間があるから愛おしい (写真:iStock)

 女性は共感を大事にする生き物。誰かと同じ感情を共有できることに喜びを感じるからこそ、「好きならLINEは即レスするでしょ?」と思ってしまいます。しかし、男性の場合は好意と返信の時間が比例しないこともあると、覚えておきましょう。

 また、レスポンスの時間が気になるようなときは、考え方を変えてみると、不安から開放されるかもしれません。男性ならではの感覚を理解する姿勢を持ちながら、パートナーと良い関係性を作っていけるといいですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...