恋愛関係なのに即レスしないのはなぜ?男女の違いを徹底検証

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2021-01-25 06:00
投稿日:2021-01-25 06:00
 大好きな彼とやっと両思いになれた時、つい嬉しくて「いつも彼とつながっていたい」と、LINEをたくさん送ってしまうのが女心。しかし、相手からの既読スルーが続くと、「恋愛関係なら即レスは基本なのに、どうして返してくれないの?」 と、淡い期待が打ち砕かれたような気分になることってありますよね。この記事では、そんな即レスに関する男女間のすれ違いについて掘り下げていこうと思います。

常につながっていたい女性とマイペースな男性の違い

待ってるのに…(写真:iStock)
待ってるのに… (写真:iStock)

 “恋愛あるある”とも言える、LINEの既読スルー問題。「見たなら即レスしてよ!」と言いたくなる気持ちも分かりますが、男性は女性とは少し違った感覚を持っていることもあるんです。

男性と女性は脳の構造が違うから

 まずは男女のすれ違いを、違った角度から見てみましょう。あまり知られていませんが、脳科学の分野では、「男性の脳と女性の脳は構造が違う」と考えられています。

 男性の脳は、一度にいくつものことが同時にこなせる女性の脳とは違って、マルチタスクに対応するのは苦手。そのため、たとえば仕事中にLINEの通知が来たとしても、確認をしただけで放置してしまうということが起こるのですね。

女性がやりがちな即レス! うざがられてしまう理由

 シングルタスクの男性にとって、マルチタスクをこなす女性は不思議そのもの。だからこそ、あまりにすぐに返信が来る時には、次のような思いを抱くことも。

・「なんでいつもすぐに返事するんだろう? なんか怖い……」
・「ずっと返信を待っていられても困るし、正直、期待が重い……」
・「えっと……暇なの?」

 おそらく世の女性は、どんなに仕事が忙しくても、彼のことを思うからこそ時間を作ってわざわざ早めに返信しているでしょう。それが、愛情だと思うからです。

 しかし、それはマルチタスクに対応できる脳を持っている女性ならではの発想。男性の中には、LINE返信のプレッシャーに苛まれてしまう人もいるのです。

いつも彼のLINEを待っている女性に考えて欲しいこと

オンラインヨガなんていかが?(写真:iStock)
オンラインヨガなんていかが? (写真:iStock)

 もしも、あなたがいつも彼のLINEを待っているような状態なら、一度立ち止まって考えて欲しいことがあります。

女性が考えたい男性の「狩猟本能」について

 男性にはもともと、“獲物をハンティングして自分のものにしたい”と狙う「狩猟本能」が備わっています。しかし、両思いになってお付き合いが成立すると、彼はあなたが“自分のものになった”と満足してしまい、「釣った魚に餌をやらない」状態になってしまうことが多くあります。

 もし、あなたが一方的にLINEで愛情を送っていて、彼があなたを大事にしてくれないなら、たまには引いてみるのも大事。あえて素っ気ない態度や距離を取ることで、彼の狩猟本能を刺激してあげましょう。

恋愛だけが生きがいになっていませんか?

 恋愛は相手に尽くすだけでなく、ギブアンドテイクの駆け引きも必要。あなたが一方的に愛情を与えすぎてしまうと、彼はその環境に慣れてしまいます。時には、与えられる側になるように、待つことも大切かもしれません。

 返信が常に気になってしまうような状態なら、恋愛以外にも楽しめることを見つけるのもおすすめです。ヨガやアロマなど、女子力を磨く趣味を見つけると、恋愛にも張り合いが出ますし、彼のほかに交流が増えることで、即レスがないことも気にならなくなるでしょう。

恋愛では相手との温度差をなくすことが大切!

LINEきっかけで喧嘩になる前に話し合いを!(写真:iStock)
LINEきっかけで喧嘩になる前に話し合いを! (写真:iStock)

 パートナーと温かい関係を育むには、自分と相手の温度差をなくすことも大切。もしも、彼とのコミュニケーションに悩んでいるなら、思い切って聞いてみるのもありでしょう。

「LINEの頻度はどのくらいがいい?」って聞いてみよう!

 男女の喧嘩でよくあるケースが、相手への不満を一人で抱え込んでしまい、「なんで既読スルーするの!」と爆発してしまうこと。そうなる前に、連絡の頻度について事前に相談できるといいですね。

 即レスをしない理由には、「仕事が忙しい」ということ以外に「実は文章を書くのが苦手」という場合もあります。お互いの感情をぶつけるのではなく、あらかじめ伝え合えるような関係性を築けると、すれ違いが少なくて済みますよ。

番外編:パートナーになる前なら、帰宅時間を確認して

 もしも、まだお付き合いをする前なら、さりげなく相手の帰宅時間を確認しておくとGOODです。仕事中はLINEを送らずに、帰宅時間頃に「お疲れ様!」というねぎらいの言葉と一緒にメッセージを送るといいですね。

 また、相手がLINEを返信した時間を確認して、返信までの時間の間隔を掴むのも大事です。相手が1時間後に返して来たら、こちらも1時間後に返すように心がけるなど、相手に合わせてみると良いラリーが続くでしょう。

「会えない時間が愛を育てる」と考えてみよう♡

会えない時間があるから愛おしい(写真:iStock)
会えない時間があるから愛おしい (写真:iStock)

 女性は共感を大事にする生き物。誰かと同じ感情を共有できることに喜びを感じるからこそ、「好きならLINEは即レスするでしょ?」と思ってしまいます。しかし、男性の場合は好意と返信の時間が比例しないこともあると、覚えておきましょう。

 また、レスポンスの時間が気になるようなときは、考え方を変えてみると、不安から開放されるかもしれません。男性ならではの感覚を理解する姿勢を持ちながら、パートナーと良い関係性を作っていけるといいですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ