夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2021-06-19 06:39
投稿日:2021-06-19 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩みますし、世のテーマの定番ジャンルなのでしょう。相手の気持ちを考えても理解できないからこそ、友達とお茶をして語り合ってしまいますが、実はとてもシンプルでわかりやすいのが男性なのです。夫が妻に求めている一番のこと! その正体がわかれば、今よりもっと愛されるはずですよ。

男と女のちがい

男と女は脳が違う(写真:iStock)
男と女は脳が違う (写真:iStock)

 男性は左脳型で論理的、女性は右脳型で直感的な傾向にあると言われています。男と女では根本的に考え方が違うというのは、日頃のカウンセリングにおいても感じることです。

 考える基準が同じであれば、端的に自分に置き換えることで答えが出やすいですが、私的には遺伝子の違いも大きく影響しているという仮説を立てております。

 古来から、男性は狩りをして食べ物を調達する、女性は家と子供を守るという役割分担がありました。

 競争と戦いの歴史から見ても、男性の遺伝子には「負けたくない」「強くあれ」「泣いてはいけない」が、多かれ少なかれ組み込まれていると思います。女性は成長過程で教育されない限り、そういった根本的な志を持ちません。

 また、言葉を発さない動物を見ても、きちんと発情期に子孫を残すという行為を教わることなくやってのけます。まさしく、“本能”です。恋愛でうまくいかない人は、このように少し離れた感覚で相手を観察すると答えが出やすいです。

妻が夫に求めること

結婚しているのに一人で誕生日ケーキって…(写真:iStock)
結婚しているのに一人で誕生日ケーキって… (写真:iStock)

 多くの女性が求める代表的なことは、「思いやり」というアンケート結果があります。

 女性は相手に思いやってもらい、安心したいのです。

「奥さんのお誕生日を忘れるとエラいことになりますよ! 」と男性に常々言うほど、女性は記念日を大切にします。女性からすると、記念日は相手の思いやりを計り知ることができる機会なので、「忘れたら喧嘩になってしまった」は、よくある話です。

 結婚記念日にプレゼントをくれなかったことがきっかけで離婚を考え出した奥様もいるほど、女性は男性に思いやりを与えてもらうことで、喜びを感じます。

「狩り→獲物を持ち帰って食べさせてくれる」は、現代でいうと「お金」が獲物に置き換えられるでしょう。

結婚したこと自体が愛の証

私のこと好き?(写真:iStock)
私のこと好き? (写真:iStock)

「私のこと好き? 」と、女性は時々、愛の確認をします。

 ぶっきらぼうに「うん」と答える男性や、「言わんでもわかるだろ」と、一言多い男性もいます。

 女性は「愛している」と言ってもらうことで、安心します。「簡単なことなのに、いつもきちんと言ってくれません」と、不満を持つ女性も多くいます。

 かたや、男性は結婚したこと自体が愛の証だと思っているので、「言わんでもわかるやろ~」と、面倒臭く感じるわけです。「大好き」「愛してる」と妻が言い続けるのは、もちろん嫌なことではないですが、男性は言葉よりも肉体的・精神的なサポートを喜びます。

夫が求める一番のこと

信じて頼れば夫婦仲はうまくいく!?(写真:iStock)
信じて頼れば夫婦仲はうまくいく!? (写真:iStock)

 さて、男性が妻に求めるたったひとつのコト。それは「信頼」です!

 信じて頼る。このツボを押さえれば、男性は奮い立ちます。

 また狩りの話に戻しますが……。

「あの人は必ず獲物を捕ってくるわよ!」と、妻はお腹を空かせた子供たちと信じて待つ。

 夫が「獲物、捕ったぞー!! 」と雄叫びをあげて洞窟に戻ると、妻は「さすがね!」と頼りがいのある夫に惚れ惚れとする……。

 つまり、「さすがあなた! 」「あなたならできる!」と、世の男性はみんな言われたいのです。

まとめ

 夫婦関係は“尊敬”と“信頼”。特に男性は、信頼されると頑張れますよ!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
「彼氏に尽くすのをやめたい」無理した恋愛から脱出する方法
 尽くせば尽くすほど彼氏がわがままになっていって、幸せから遠ざかる……そんな悩みを抱えていませんか? 実は、彼氏に尽くし...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ
母性本能くすぐる男性にキュン♡ 演技か天然か見極めて落とす
 男性の中には、自然体なのになぜか母性本能をくすぐる言動をする人がいます。そんな男性に出会うと、心を掴まれてしまう女性も...
恋バナ調査隊 2022-05-13 06:00 ラブ
「ネットの出会い」罠だらけ!? 信頼できる“SNS垢”の見極め方
 コロナ禍の際にマッチングアプリ以外に登録し、その後も継続して使っている人は少なくないようです。けれど会ったこともない相...
内藤みか 2022-05-12 06:00 ラブ
「積極的な女性が怖い」意中の彼が“そうそう苦”に陥る前に!
 好きな人ができた時、相手からのアプローチを待つ女性が多い反面、自分から積極的にアプローチする女性もいます。中には、なん...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
“性欲&食欲”忠実あれ!アラフォーの恋愛こそ食の好みも大事
 大人の恋愛の相性を考える時に大事だとされるのが「体の相性」と「食の好み」です。ただ、多くの女性は「体の相性が合わないの...
恋バナ調査隊 2022-05-12 06:00 ラブ
「結婚のメリットがわからない」と彼 意識改革“必勝”術あり〼
 パートナーとの関係は良好で自分は結婚したいけれど、相手に将来のことを聞いてみると「結婚のメリットがわからないから……」...
若林杏樹 2022-05-11 06:00 ラブ
「お金を出さない彼氏」のトリセツ!“ヒモ男”を卒業させる法
 楽しみにしていた彼氏とのデートで、「お金がないから」とケチなデート内容にされたり、割り勘になったりすると、なんとなくも...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
「恋愛と結婚は別」ラブラブが続くとは思ってないけども…!
 若い頃はラブラブな結婚生活が続くと思っていた人が多いでしょう。でも、実際に結婚してみると厳しい現実を知ることになります...
恋バナ調査隊 2022-05-11 06:00 ラブ
男にモテる「大人女性」を考察 愛されたいなら流行追うな!
 精神的に大人な女性には、男性の心をわしづかみにする魅力がありますよね。でも、ただ年齢を重ねただけでは、「男性に好かれる...
恋バナ調査隊 2022-05-10 06:00 ラブ
シングルマザーへの助成金に根強い偏見…でも優しい人もいる
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...