今年の枝豆は“昆布塩水漬け”も仲間入り♡ 2021.6.23(水)

コクハク編集部
更新日:2021-06-23 14:08
投稿日:2021-06-23 06:00

枝豆の季節がやってまいりました!

さやの口が開いた間から味がグングン入ってるー!(C)コクハク
さやの口が開いた間から味がグングン入ってるー! (C)コクハク

 わーい、わーい。夏のおつまみに欠かせないやつ、今年も枝豆の季節がやってまいりました! 昨夏は取材先のjiubar(東京・神楽坂)で教えていただたいた「クミン塩香る枝豆」の虜に……。クミン塩(塩+クミンシード)をまぶし、フライパンで蒸し煮にするだけ。簡単なうえ、カレーを彷彿とさせる食欲そそる香りをまとった枝豆は、急激に増えた家呑みでも飽きずにいただくことができました。

 参考までにレシピをご紹介しますね。

【クミン塩香る枝豆】

《材料》
・枝豆 1袋
・クミン 小さじ1
・塩 小さじ2と2分の1
・ニンニク(チューブでも可) 小さじ1
・水 120㏄
・ごま油 大さじ1強

《作り方》
(1)枝豆は塩でもみ、水で洗う。
(2)フライパンにごま油、ニンニク、クミンを入れ弱火で加熱する。香りが出たら①を入れてさっと混ぜ、水を入れる。
(3)沸騰したら弱火にし、蓋をして4分30秒ほど蒸し焼きにする。途中で水がなくなりそうだったら様子を見ながら水を足す。
(4)火が通ったら器に盛りつけて出来上がり。

2021夏は「昆布+塩水に漬ける」

塩水昆布漬けのビフォーアフター。左が漬け始めで、右が一晩置いたもの。昆布の旨味が広がっている感じ♡(C)コクハク
塩水昆布漬けのビフォーアフター。左が漬け始めで、右が一晩置いたもの。昆布の旨味が広がっている感じ♡ (C)コクハク

 で、今年はというと。本格的な夏を前にソソられるレシピに出合いました。先日、コクハクのダンツマ(※)で紹介させていただいた「枝豆の昆布塩水漬け」です。原稿を読めば、〈無限ループ〉〈下処理いらずで悪魔的なおいしさ〉との触れ込み。∞に悪魔的なおいしさって、だいぶ攻めた書きっぷりですね(苦笑)。でも、さやの両端をキッチンばさみで切り落とすひと手間が不要というものぐさな感じ、心待ちにしておりました!

 おさらいの意味も込めて、こちらもレシピを再掲します。

【枝豆の昆布塩水漬け】

《材料》
・枝豆
・塩
・昆布

《作り方》
(1)たっぷりのお湯に塩をひとつまみ入れ、枝豆を茹でる。1つ、2つと少し房が開いてきたところでザルに上げる。
(2)タッパーなどに1と昆布を入れ、しょっぱめの塩水に浸して半日~1日置けば出来上がり。

 より詳しいレシピはこちらをご覧ください。

※「ダンツマ」…伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみの“造語”です。

常備可能で♪玄関開けたら枝豆ビール!

上品に盛り付けてみたけれど、実は1袋分を一気に完食!(C)コクハク
上品に盛り付けてみたけれど、実は1袋分を一気に完食! (C)コクハク

 昆布塩水漬けのレシピはコクハクのInstagramでも投稿したのですが、みなさんから多くのリアクションをいただいた1品で、やはり、左党の心をグッとつかむのだなあとしみじみ。

 茹で立てをハフハフしながらむさぼるように食べるのは至福以外のナニモノでもありませんが、♪玄関開けたら枝豆ビールってぐらいソッコーで引っかけたい時には、調理済みの枝豆を冷蔵庫にスタンバイしておきたい(ちなみに、ある居酒屋さんでは平皿にアツアツの枝豆を盛り、その上から殻入れ用の小鉢をかぶせて供していました。保温性は担保され、蓋代わりの小鉢を開けたお客は香りが楽しめる。はたまた店員さんは運ぶのがラクという理にかなった提供方法。自宅で茹で立ての枝豆を食べる際、マネっこしても♡)。

 というわけで、実際に作ってみたら、正真正銘、悪魔的な素晴らしいおいしさ。ちょっとした小料理屋の突き出しに出てきてもおかしくないレベル。料理人直伝のレシピは間違いありません。迷わず、レギュラー入り決定です!

東京スカイツリーもロゼ色に…

ほんの数分だけロゼ色に(C)コクハク
ほんの数分だけロゼ色に (C)コクハク

 この日の相棒はビールではなく、安定のコノスルシリーズのロゼ。近所のカクヤスで、よりどりセール(3本2178円=税込み)に心惹かれまして。実はその前に隅田川沿いを散歩し、夕日を浴びた東京スカイツリーが“ロゼ色”に染まっているように見えたって理由でロゼにしました(苦笑)。

 そんなわけで、とある土曜の晩酌は前日の金曜日に仕込んだ昆布塩水漬けに始まり、〆のざるうどんまで堪能(後半はよく覚えていないけれども)。常備できる美味枝豆、大船に乗ったつもりでぜひお試しください。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


【セブン】「明太子おむすび」の圧がすごい 2022.7.2(土)
 みなさん、おむすびで一番好きな具は何ですか? 筆者は断然、明太子! 食感と辛味が米によく合うんだな。そんな明太子好きに...
レモンとお酢でキレイになろう!美容やダイエットにもグー♪
 毎日の生活にレモンとお酢を取り入れて、ラクしてキレイになりましょう! 暑い日々になってからはホットドリンクではなく、冷...
canちゃん 2022-07-01 06:00 フード
「野菜のスープ 黒豚のしゃぶしゃぶのせ」ワンランク上の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「さつま黒酢ブリとかぶのエミュルション」まるでお花畑!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
「喜ばれるお菓子」の定義を考えてみた 2022.6.23(木)
 おいしいお菓子をいただきました(ありがたや~)。それからというもの、以前にも増して「贈り物上手」になりたいと考えるよう...
「霧島サーモンのマリネ」季節の野菜で作ったソースを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「フレンチ割烹ドミニク・コルビ」のド...
ファミマの本気度すげえ!「ファミマ・ザ・クレープ」実食 2022.6.20(月)
 ファミリーマートが誇る、累計6200万食突破の大ヒット「ファミマ・ザ・シリーズ」から、待望の新作スイーツが登場します。...
「豆アジの丸ごとカルピオーネ」すし酢で超絶簡単に南蛮漬け
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷のイタリアン「Petalo」の酒匂駿佑...
「超簡単ポテトサラダ」NO作り置き!“5分で完成”時短レシピ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
超人気!ボンボローニを確実に購入するなら 2022.6.13(月)
「本日、完売となっております……」  ガーーーン! という冒頭から失礼をいたします。 「食」に限っては、流行...
「ジャガイモとアンディーブのグラタン」フランスの家庭料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
【フォカッチャ】初めてのパン作りに挑戦! 2022.6.7(火)
 最近、SNSでパン作りが流行っていますよね。ツヤツヤのパン種の動画を、ず~っと見ているとマネして作りたくなるもの。今回...
「季節の野菜のコンポテ」バターと野菜の甘みが溶けたスープ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
門前仲町のスーパーの屋上がビール天国な件 2022.6.4(土)
 いつの間にやら6月に。暑すぎず、寒すぎず、長かった花粉地獄も終わったこの季節が一番好きです。新緑も青空もキラキラまぶし...
「タルトフランベ風トースト」塗って焼くだけ!朝ごはんにも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・祖師ヶ谷大蔵のイタリアン・フレンチレストラ...
数量限定の気仙沼クリームサンドに出会った…2022.6.2(木)
「ご当地」と「数量限定」に心が躍る皆さま、情報を共有させてください!  秋葉原駅電気街口から徒歩1分、高架下にある...