神戸出身記者オススメ!鉄板スイーツ3選 2021.6.19(土)

コクハク編集部
更新日:2021-06-19 06:22
投稿日:2021-06-19 06:00
 長引くコロナ禍で、地元・神戸に帰省出来ない日々が続いています。18歳で上京して以来、こんなに帰らなかったことはありません。神戸が恋しいよ……。みんなー元気しとうー? 寂しさを埋めるべく、神戸の大好きなスイーツを購入してみましたよ。

定番中の定番「モロゾフのカスタードプリン」

神戸でプリンといえば「モロゾフのカスタードプリン」(C)コクハク
神戸でプリンといえば「モロゾフのカスタードプリン」 (C)コクハク

 まずは定番中の定番。

 神戸っ子(「こうべっこ」ではなく「こべっこ」と呼びます)ならみんな大好き「モロゾフのカスタードプリン」。デパートや大きなスーパーなどでお馴染みの「モロゾフ」は、なんと今年創立90周年! おめでとうございます。

 卵の力だけで固めたというカスタードプリンは弾力を保ちながらも、口に入れると、とろ~りと溶けていくバランスが絶品。じっくり蒸し焼きにすることで絶妙なやわらかさを生み出しているのだそう。

こだわりのガラス容器

 モロゾフのプリンといえば、ガラス容器。1973年にガラス製に変更したそうですが、それから40年近くが経つ現在に至るまで、改良を重ね進化し続けています。2012年には軽量化に成功したとのこと。神戸の家庭にはたいていこのガラス容器があるといっても過言ではありません(笑)。

ガラス容器は花瓶としてもグー!

プチ花瓶として絶賛活用中!(C)コクハク
プチ花瓶として絶賛活用中! (C)コクハク

 そんなこだわりが詰まったガラスの容器はちょっとした花瓶代わりにもなりますよ。

 テーブルに置いても邪魔にならない大きさなので、オススメです!

お手軽消臭剤にも!

涼し気やろ?(C)コクハク
涼し気やろ? (C)コクハク

 ちなみにわが家では余った保冷剤を入れて消臭ボトルとしても活用しています。

 今回はガラス容器の底を青ペンで塗り、さらにビー玉をプラスして夏仕様にしてみました。

 小さなお子様やペットがいるご家庭は誤飲誤食を防ぐため、手が届かないところに置いておくほうがベターです。

THE大人のおやつ「ポーム・ダムール」

親子2代で溺愛しとう「ポーム・ダムール」(C)コクハク
親子2代で溺愛しとう「ポーム・ダムール」 (C)コクハク

 神戸といえば、チョコレートもしかり。

 なんでもバレンタインにチョコレートを贈るという習慣は神戸発祥なのだとか。80年以上前にモロゾフがハート型の容器に入ったチョコレートなどをカタログに掲載し、2月14日にプレゼントする欧米の習慣を伝えたそうです。

「モンノロワール」や「ラヴニュー」といった神戸に数あるチョコレートの名店の中でも、オススメは「神戸一番館」の「ポーム・ダムール」。1971年創業の老舗の人気商品です。

赤ワイン×チョコでいい女気取り♡(C)コクハク
赤ワイン×チョコでいい女気取り♡ (C)コクハク

 煮込んだリンゴをチョコレートでコーティングした「ポーム・ダムール」は“THE大人のおやつ”。リンゴの甘さとチョコのほろ苦さがピッタリマッチしてるんですよね。

 コーヒーはもちろん、濃い目の赤ワインやウイスキーにも合います。神戸に住んでいた頃、両親が「ポーム・ダムール」をツマミに晩酌していました。

 オンラインショップのほか、都内では高島屋玉川店や伊勢丹新宿店などで販売しています。

重さもおいしさも横綱級「トミーズのあん食」

レトロなフォントがかわいい(C)コクハク
レトロなフォントがかわいい (C)コクハク

 神戸はパンも有名です。総務省の家計調査(2人世帯以上)によると神戸市のパンの支出額は、2018~2020年の平均で年間3万8435円と全国トップ。神戸っ子はパンが大好き。それにしたって、よう食うとうなあ。

 こちらはパンはパンでも「あん食」。同市内で4店舗展開する「トミーズ」の看板商品です。私も帰省のたびに買って帰るほどのお気に入り。オンラインショップにてお取り寄せ可能、さっそく注文してみました!

重っ! ほんまにパンなん?(C)コクハク
重っ! ほんまにパンなん? (C)コクハク

 粒あんがこれでもかというほどたっぷり入っています。測ってみると931グラム。パンにあるまじき重さです。

 自宅用に加えて、在京の神戸っ子に頼まれた分を買って帰ったことがあるのですが、まあ重たかったこと重たかったこと。肩ちぎるかと思ったわ。

カロリーは気にしない!あん食パンのおいしいいただき方

至福♡(C)コクハク
至福♡ (C)コクハク

 まずは、関西風に分厚くカット。なぜか関西って食パンが分厚いんですよね。不思議。

 こんがり焼いたら、バターをON。マーガリンではなくバターをお使いくださいませ。コクが全然違います。

 粒あんの甘さにバターの塩気、食パンのサクサク感があいまって、おいしさが大渋滞。カロリー度外視の幸福感に脳がとろけます。ダイエット? かめへんかめへん。今が幸せやったらそれでええねん。

おわりに

あとちょっとの辛抱…なのかな?(C)コクハク
あとちょっとの辛抱…なのかな? (C)コクハク

 記事を書くにあたって、地元の友人たちに「おススメの神戸名物って何?」と尋ねたところ、揃って「神戸牛」との回答でした(苦笑)。ほんまに、みんな神戸牛食うとん? めっちゃ高いのに? 私全然食べたことないねんけど。

 ◇  ◇  ◇

 ワクチンの接種が本格化し始めたとはいえ、まだまだ安心して帰省できる日は遠そうです。「ふるさとは遠きにありて思ふもの」とはよく言ったもの。ちょっとでも近くに感じていたいですよね。

 地元から離れて暮らす人たちが、早く大切な街に帰ることができますように。

(編集K)

一番館HP

トミーズHP

関連キーワード

フード 新着一覧


お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入...
「ブルーチーズ和えピータンサラダ」素材の見事な好相性!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...