花山椒が香る「牡蠣のアチャール」燗酒との“危険なカップル”

コクハク編集部
更新日:2021-07-21 06:00
投稿日:2021-07-21 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶや」の藪晋伍さんに、燗酒との相性がバツグンな「牡蠣のアチャール」のレシピを教えていただきました。

鋭い味を「玉川にごり酒」が受け止める

合うお酒=「玉川にごり酒」のお燗(C)コクハク
合うお酒=「玉川にごり酒」のお燗 (C)コクハク

 料理はコース一本。藪さんがそれぞれの皿に合う日本酒を選び、自らお燗して出す。燗酒の温度もさまざま、酒器もさまざま。

 そんな藪さんが“師匠”と呼ぶのが、2020年春に閉店した渋谷・神泉の燗酒専門店「燗酒BAR Gats」のマサさん。

「マサさんの燗酒を初めて飲んだ時、これこそがペアリングだと、衝撃を受けたんです」

 今まで自分が扱っていたお酒は、料理と“手をつないでいる”程度の関係。しかし日本酒、それも燗酒とは、「抱き合っている」くらい、料理との相性がいいと感じました。

 牡蠣のアチャールは花山椒オイルが効いた鋭い味だが、「玉川にごり酒」(木下酒造)の燗酒がしっかり受け止めてくれます。牡蠣を食べ、燗酒をふくむと、「あぁ、牡蠣をもう一口」と思う。危険な“カップル”です。

材料

・牡蠣  300グラム
・サラダ油  50ミリリットル
・ゴマ油   50ミリリットル
・花山椒オイル(あればでいいが、ぜひ用意してほしい) 20ミリリットル
・純米酒 100ミリリットル
・レモン汁 30ミリリットル
・花椒(ホール) 小さじ2
・鷹の爪 4本
・カレー粉 小さじ2
・唐辛子粉 大さじ1
・花山椒パウダー 小さじ1
・おろしショウガ 小さじ1・5
・おろしニンニク 小さじ1・5
・塩 小さじ1

レシピ

(1)サラダ油とゴマ油を強火で熱し、温まったら鷹の爪を入れ、黒くなってきたら花椒(ホール)を入れ、すぐにおろしショウガ、おろしニンニクを入れる
(2)弱火にし、ニンニクのツンとした香りが飛んだら、中火にし牡蠣を入れ炒める
(3)牡蠣に火が入ったらカレー粉、唐辛子粉、塩を入れ炒める
(4)油が分離したら、純米酒を入れしばし煮込む
(5)煮詰まって軽くトロミが出てきたらレモン汁、花山椒パウダー、花山椒オイル(あれば)を入れ、火を止め混ぜ合わせる
(6)ボウルに移し、氷水で急冷し保存する

本日のダンツマ達人…藪晋伍さん

▽藪晋伍(やぶ・しんご)
 大阪府生まれ。プロボクサー時代、「減量にいいかな」と思って働いた薬膳料理屋がスリランカ人だらけ。彼らが作る料理を食べ、スパイスの世界にハマった。南インド料理屋「エリックサウス」で料理を学び、本場パキスタン料理店の集まる、埼玉・八潮の人気店「カラチの空」で日本人として初めて厨房へ入り修業を積んだ。

▽Spice Drunker やぶや
 2018年に浅草で間借り営業を開始。瞬く間に人気店となったが、当初の予定通り約5カ月で閉め、料理のブラッシュアップと経営の勉強に費やした。満を持して今年1月30日オープン。完全予約制で、スパイス料理と日本酒(燗酒)のペアリングコース税抜き8000円(ノンアルペアリング、または日本酒とノンアルの行ったり来たりもOK)のみ。神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1―3―7 沼田ビル3階。※予約はFacebookのDMで。

(日刊ゲンダイ2021年7月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「アボカドの卵黄づけ」だし醤油に15分漬けて卵を落とすだけ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・高円寺の居酒屋「あんぽんたん」の村山正人...
最旨っ!ペヤング「獄激辛にんにく」実食 2021.8.3(火)
 まるか食品の「ペヤング獄激辛シリーズ」に新しい仲間が加わりました。その名も「獄激辛にんにくやきそば」! 夏だからね、に...
「水なすのみょうが味噌かけ」味噌と砂糖のバランスがカギ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「鰹のミルフィーユ」10分漬け込むだけで濃厚な味わいに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「しらすと数の子の梅びしお和え」ご飯にもパスタに和えても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「蒸し寿司の餡かけ」そばつゆの甘い餡としゃりの酸味が絶妙
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の寿司割烹「和肴房 なつ」の佐藤文彦...
「牧場の朝×Kiri」で簡単レアチーが! 2021.7.26(月)
 TikTokで流行中の「ヨーグルトレアチーズケーキ」に挑戦してみました! ヨーグルトの中にチーズを入れて混ぜるだけなの...
スーパーで買える食材で作れる「鰻カリー」 日本酒とともに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「お手軽ビンダルー」お好みでパクチーやクラッカーを添えて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
「生姜のアチャールっぽいもの」をかけていただく冷ややっこ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶ...
ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)
 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスー...
ジップロックを使って蒸す「鶏もも肉とニラのスタミナ蒸し」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
夏野菜たっぷり「中国風冷ややっこ」 食欲減退気味な時にも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「ナスと豚ひき肉の甘味噌炒め」白ご飯にのせても美味しい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...
「スルメイカの香り揚げ」紹興酒と醤油で味と香りが引き立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、奈良・北葛城郡のアジア料理店「Asian Ga...