「チキンキーマ」フルーティーな甘さの燗酒でカレーが進む

コクハク編集部
更新日:2021-07-24 06:00
投稿日:2021-07-24 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・関内の「Spice Drunker やぶや」の藪晋伍さんに、あっさりした米のうま味が感じられる「会津娘」の燗酒にピッタリな「チキンキーマ」のレシピを教えていただきました。

「会津娘」の燗酒はインディカ米のよう

合うお酒=「会津娘 芳醇純米生酒」のお燗(C)コクハク
合うお酒=「会津娘 芳醇純米生酒」のお燗 (C)コクハク

 日本酒、それも燗酒になぜそれほど引かれるのでしょうか?

「日本酒はすごく味の幅が広いんです。お燗の温度によっても味が変わるし、ちろりでやるか、とっくりでやるかでも味が変わります。それに、日本酒をお燗にすると、きちんと調理している形になる。燗酒はおいしいを通り越した、全身で感じる気持ちよさがあります。アルコールの分解も早いので、翌日、二日酔いになることもありません」

「どっぷり燗酒」という藪さんは、時間を見つけては日本酒をさまざまな温度でお燗し、自分が作るスパイス料理に合うお酒、合う温度を探っているとのこと。

「会津娘 芳醇純米生酒」(高橋庄作酒造店)は、藪さんによれば「燗酒にするとフルーティーさ、甘味、あっさりした米のうま味が感じられ、レーズンをのせたインディカ米のよう。キーマカレーが進むんです。それを体感してほしくて、このお酒を選びました」

材料

・鶏むねひき肉 400グラム
・トマト(粗みじん) 半個
・パクチー(みじん) 10グラム
・玉ねぎ(薄切り) 半個
・ニンニクすりおろし 小さじ1
・生姜すりおろし 小さじ1
・油 大さじ2
・カレー粉 小さじ1と2分の1
・ガラムマサラパウダー 小さじ2(お好みで増やしてもOK)
・塩 小さじ半分~ (お好みで)
・水 100ミリリットル

レシピ

(1)油をひき、強火で熱する
(2)玉ねぎを入れ、アメ色に炒める
(3)ニンニク、生姜を入れ、ニンニクの強い香りが飛んだらトマト、パクチーを入れる
(4)トマトを崩し、全体的になじんだらカレー粉、塩を入れる
(5)30秒くらい炒めたら鶏むねひき肉を入れ炒める
(6)ひき肉の色が全体的に白く変わったら、水を入れ少し煮る
(7)水分が半量以下になったらガラムマサラを入れかき混ぜて完成

本日のダンツマ達人…藪晋伍さん

▽藪晋伍(やぶ・しんご)
 大阪府生まれ。プロボクサー時代、「減量にいいかな」と思って働いた薬膳料理屋がスリランカ人だらけ。彼らが作る料理を食べ、スパイスの世界にハマった。南インド料理屋「エリックサウス」で料理を学び、本場パキスタン料理店の集まる、埼玉・八潮の人気店「カラチの空」で日本人として初めて厨房へ入り修業を積んだ。

▽Spice Drunker やぶや
 2018年に浅草で間借り営業を開始。瞬く間に人気店となったが、当初の予定通り約5カ月で閉め、料理のブラッシュアップと経営の勉強に費やした。満を持して今年1月30日オープン。完全予約制で、スパイス料理と日本酒(燗酒)のペアリングコース税抜き8000円(ノンアルペアリング、または日本酒とノンアルの行ったり来たりもOK)のみ。神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1―3―7 沼田ビル3階。※予約はFacebookのDMで。

(日刊ゲンダイ2021年7月16日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


色鮮やか!「季節野菜のピクルス」は下準備とスパイスが肝
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
大人のティラミス 2021.9.24(金)
 今回は「大人のティラミス」レシピを紹介していきたいと思います! 前回のアマトリチャーナに引き続き、本格イタリアンのお料...
「ブロッコリーのアーリオ・オーリオ」茹で時間は1、2分でOK
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「たっぷりキノコのアヒージョ」キノコは“事前に冷凍”がコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
「ジャガイモのアンチョビーマヨネーズ」至福の無限ループ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・築地のイタリアンバル「TIME」の時任健...
ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)
 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で...
ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...