人気ビストロのワイン半額セールに遭遇!2021.8.27(金)

コクハク編集部
更新日:2021-08-27 06:00
投稿日:2021-08-27 06:00

東京・丸の内を歩いていた時のことでした

 たまにはお洒落な街を歩いて右脳を刺激してみるか! と、東京・有楽町から丸の内方面に歩いて向かっていた、とある8月の夕暮れ時のことです。

 丸の内仲通りやその界隈はオープンテラスを併設しているカフェやレストランが点在しており、入店せずに通り過ぎるだけでも背筋が伸びるというか、ワクワクするというか(笑)。おまけにジョンロブのローファーに明るめネイビーのスーツで決めたミドルエイジのビジネスマンと、ジャケット×ショーパンのセットアップが似合っているオトナ女子のカップルに遭遇したりしたもんだから、夜の丸の内デートってやつですね? どこに向かっているのかしら? と邪推な妄想を膨らませたりもして。

 で、ぼーっと歩いていたその視線の先に、今度は店内の柔らかな暖色の灯りが漏れるお店が一軒。

 あ、ブラッスリーオザミだ。こちとらひとりで自宅に直帰だけれども、せっかくなので丸の内を代表するレストランの前を通るかと、店の前まで行ったのですが……すると、あら大変。「ワイン特売! 最大50%OFF」の看板が!

 50パーオフ、んっ? つまりは、半額!!(当たり前) え、買っちゃう?

 いやいや給料日前だぞ、落ち着け。アナタのお財布の中はカツカツですよ……そう自分自身に言い聞かせ、一度は通り過ぎたものの、これもご縁。良縁。買うしかない! というわけで、回れ右して店頭まで戻りました(苦笑)。 

赤ワインを購入!

 ワインボトルが並べられた販売コーナーで数秒、凝視そして吟味。香り高いピノノワールの「カーヴ・サン・ヴェルニ」4180円→2090円(税込み)を購入しました。レストランのワインは一般的に市価の2.5~3倍の値付けなどといわれたりしますので、本当にオトク? といったギモンが頭の中をよぎったのですが、こんなご時世だもの。ご縁だもの(ちなみに複数の通販サイトで2000円前後+送料で売られていたので、買って正解!)。

 しかも、オザミグループは1997年に銀座2丁目に「オザミ・デ・ヴァン本店」を開店して以来、大衆的なフランス料理と豊富なワインセレクションを提供し、東京におけるビストロ文化の先駆者的存在。品質は織り込み済みです。

 後日、軽く冷やして飲んだのですが、穏やかな酸味とほんのりとした甘さ、それでいてスパイシーな味わいがあり、とてもバランスの良い赤でした。

まとめ

 丸の内・銀座・上野などにあるオザミグループ全11店舗で同様のワインセールを行っているようです(8月27日現在)。まだ間に合う!? 気になる方はチェックしてみてください。

 引き続きのステイホーム推奨の日々。時にはワインボトルを開けて、おうちでビストロ気分を楽しんでみても。

 そして心置きなくお店でワインが楽しめるようになった暁には、オザミさんの名物のひとつ、ステーキフリット(ガツンとボリューミー)を喰らいたい!

(編集O)

オザミHPはこちら

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

フード 新着一覧


四川とも日本とも違う!貴州家庭式の「回鍋肉」には厚揚げ豆腐がマスト
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、貴州家庭...
「日清謎うなぎ丼」を実食!うなぎ好きの“シンうなぎ”として満足できる?
 うなぎが好きです。蒲焼も白焼きも肝吸いも。骨せんべいも愛してるし、うなぎパイを主食にしたい。  とはいえ、うなぎは高...
夏にこのワインを飲まない理由ナシ!マック新作バーガーと最強ペアリング
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-07-17 06:00 フード
忘れ物に福がある!夏限定「みょうがの忘れ物」で“乗っけるだけ”甘酢漬け
 スーパーに行ったらニンジン、じゃがいもの高いこと! ビビりながら野菜売り場をパトロールしていると、薬味に欠かせないみょ...
セブン新発売「ゴンチャ」ペットボトルと“本家本元”を比較! お味は? 糖度計の目盛に違いアリ
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
モチシャキ♪福建省の料理「肉ともやしと野菜のクレープ巻き」酒止まらん
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・富士見ヶ丘の「HONGKONG DININ...
「夏なます」イサキでちょっと贅沢気分♪ 暑さ疲れにサッパリ酢の物
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷の和食店「さわ野」の澤野万作さんに、暑...
【マクドナルドとワイン】有名“コンビニワイン”の相棒はナゲットが正解
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-07-03 06:00 フード
夏だ枝豆だ「枝豆のフワフワ揚げ」驚き食感の秘密は隠し味のマヨネーズ?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、意外な...
美味!ソース一滴も残したくない「糟辣魚(発酵唐辛子の魚の煮込み)」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、中国版食...
「肉は赤ワイン」の誤解!水餃子に合う“コスパ最強”デイリーワインはこれ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-06-19 06:00 フード
【サイゼリヤ】新ミックスグリルでグビッと勝負の全容!エース級vs40女
 1人でお酒が飲みたいけど、絡まれたり話しかけられたりするのは面倒くさい。そんな飲んだくれ40女が辿り着いた最適解が「チ...
「夏野菜の酒蒸し」アサリの旨味とバターのコクで野菜を食す
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、貝のダ...
ドクダミの代わりに干し納豆でもOK「ドクダミの根と干し肉の炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新小岩の「貴州火鍋」の林敏さんに、本場貴州...
ワインもここまで本格派!? 「RAMEN MATSUI」で五臓六腑に沁みる2杯を
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-06-05 11:12 フード
キモは塩水2.5%!禁断症状が出るくらいうまいすりごま海苔もやしナムル
 男は裏切っても、もやしは裏切らない。そう信じてやまないアラフィフ女です。今宵も(!)晩酌のお供は「もやしナムル」。 ...