ピリ辛ネバネ~バ!絶品のオクラキムチ 2021.7.18(日)

コクハク編集部
更新日:2021-07-18 06:00
投稿日:2021-07-18 06:00

旬のオクラは別格!

やめられない、とまらない(笑)/(C)コクハク
やめられない、とまらない(笑) /(C)コクハク

 一年中手に入るオクラですが、旬は夏。それはもう別格ですよね。大きいのに硬くなく、張りやつやもしっかりあって。種類もスーパーなどでよく見かける“緑色星形”のものや、丸オクラ、白オクラ、紅オクラ……と、さまざまなタイプが出回り、何より価格が手頃!

 ここ数年のオクラレシピは煮びたしでいただくのがマイブームだったのですが、愛すべき「NHK きょうの料理」で料理家の飛田和緒さんが紹介されたオクラのキムチを見たら、もう居ても立っても居られず(そこまで笑?)、ソッコーで作ってみました。

火は使わず、下処理して仕込むだけ

切ったそばからネバネバ。粉唐辛子は韓国食材のお店などで売っています(C)コクハク
切ったそばからネバネバ。粉唐辛子は韓国食材のお店などで売っています (C)コクハク

 番組公式HPにレシピが掲載されていませんでしたので、僭越ながら、簡単にご紹介させていただきます。

【材料】

・オクラ 16本(150グラム)
・青じそ 10枚
・塩

【A】
・粉唐辛子 大さじ2
・にんにく、しょうが(すりおろし) 各1かけ分
・しょう油、ナンプラー 各小さじ2

【作り方】

 下処理(※)したオクラに塩をまぶし、重しをして冷蔵庫で一晩。ボウルに【A】と刻んだ青じそ、そしてオクラを入れて絡ませ、さらに冷蔵庫で1時間程度寝かせたらできあがり。

(※)ガクは短く切り、周囲は薄くむく。そして、側面の角ばった部分を薄くむき、味なじみをよくするのがポイントとのこと。

ほんの気持ち、辛みを抑えたほうが好みかも

側面の角ばった部分も捨てずに一緒に。香りをお伝えできないのが残念…(C)コクハク
側面の角ばった部分も捨てずに一緒に。香りをお伝えできないのが残念… (C)コクハク

 熱を加えず、ほんのちょっぴり時間をかけて“おいしさを育てる”わけですが、できあがったオクラキムチはとにかく、箸が進む、進む!

 ネバネバとピリ辛のコラボレーション、ごま油と、ジャパニーズハーブの青じその香りが食欲をそそり、ナンプラーとしょう油のW使いで奥行きが出る。それでいて調味料類はオクラ本来の味わいが引き立つ絶妙な分量……これぞ、飛田先生マジック!

 ただ、辛みは様子を見て調整したほうがいいかもしれません。冷蔵庫で1週間ほど保存が可能で、作って3日目ぐらいからは粉唐辛子のとがった辛さはさらにマイルドになりましたが、個人的にはもう少し抑えたほうが好みでした。とすると、粉唐辛子大さじ2→大さじ1.5ぐらいがいいかもなあ。ブツブツ。

 今回は“素のまま”で楽しんで終わってしまいましたが、刻んで冷ややっこに乗せたり、栃尾の油揚げのような肉厚油揚げの中に挟んで焼いてもよさそう。そうそう、豚バラ肉を焼いて、最後にざく切りにしたオクラキムチを合わせたら、それはもう格別な豚キムチになりますね。妄想は膨らむばかりよ……。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...
ビールに合う「ガパオガイ」はキング・オブ・エスニック!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
タイ北部のサラダ「ラープガイ」 3色のさっぱりスパイシー!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
「パクチーポテトサラダ」香りが苦手な人でも食べられる!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
カレー味のふんわり卵に包まれた「プーアッパッポンカリー」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・新橋の「タイ料理バル タイ象」のジットダ...
ダシとスパイスで食す「マサライカ焼き」大阪名物を超える?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
「麻婆キーマカレー」お酒と一緒にちびりちびりつまみたい!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...
錦糸町の“ヤバいカレー屋”に行ってみた 2021.11.11(木)
 すっかり日本の国民食として定着した「カレー」。筆者も大のカレー好きです。スパイスの香りに誘われて、ついカレー屋さんに入...
「ブルーチーズ和えピータンサラダ」素材の見事な好相性!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・下北沢の「タコムマサラダイナー」の藤田一...