「ピーマンとツナのサラダ」ピーマンのしんなり加減はお好みで

コクハク編集部
更新日:2021-09-06 06:00
投稿日:2021-09-06 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さんに、「ピーマンとツナのサラダ」のレシピを教えていただきました。

ツナ缶はオイル漬けのほうがリッチな仕上がりに

合うお酒=芋焼酎のソーダ割り(C)コクハク
合うお酒=芋焼酎のソーダ割り (C)コクハク

 原さんが作る料理は、ワインが進むのに塩加減は最低限。すっきりと酸が効いていて、香りやテクスチャーの変化がおのずとワインを呼ぶのです。

「店ではもちろん丁寧な仕事をしますが、自分で作って食べる“ダンツマ”は、作るのも食べるのも気楽が一番。そして、お酒の邪魔をしないことが大事です。料理人とはいえ、市販品に手を加えたり、レンチンで野菜に火を入れたりも普通にしますよ」

 ツナ缶を使ったピーマンとツナのサラダは、ピーマンにサッと火を入れてしんなりさせるのがポイント。茹でても、焼いても、ラップに包んでレンチンでも何でもいいそうです。茹で加減もお好みで。シャキシャキ感を残したければ、サッと茹でるだけでOKです。

「イメージとしては、トンナートソースでパプリカのマリネを食べる感じです」

 トンナートソースとは、北イタリア・ピエモンテ州の郷土料理で、ツナとマヨネーズのソース。野菜だけでなく肉料理にも合う万能ソースです。

「ツナ缶はオイル漬けのほうがリッチな仕上がりになります。インゲンなど青みのある野菜だったら何でも合いますよ」

 合わせるお酒は意外にも芋焼酎のソーダ割り。

「自宅では大体『黒霧島』のソーダ割りにレモンをきゅっと搾って飲んでいます(笑い)」

材料(2人分)

・ピーマン 5個
・ツナ缶(小) 1缶(70グラム)
・マヨネーズ 大さじ1
・しょうゆ 小さじ2分の1
・かつおぶし 適量

レシピ

(1)ピーマンは半分に切って、ヘタと種を取り、食べやすい大きさに切って、好みの硬さに茹でる
(2)ボウルに水気を切った1、オイルを切ったツナ缶を入れ、マヨネーズ、しょうゆを加えて和える
(3)器に盛り、かつおぶしをかける

本日のダンツマ達人…原耕平さん

▽原耕平(はら・こうへい)
 1985年、神奈川県生まれ。服部栄養専門学校在学中から東京・麻布十番「ラ・コメータ」でアルバイトをし、卒業後そのまま就職。その後、表参道「フェリチタ」(現在は閉店)の岡谷文雄シェフの下で2年間修業。25歳でイタリアに渡り、1年間の修業を経て帰国。麹町「ロッシ」で再び岡谷シェフのもとで腕を磨く。神保町「ジロトンド」料理長を経て、2019年10月に独立。33歳で芝公園に「イタリア料理 樋渡」をオープン。

▽イタリア料理 樋渡
 店名は原さんの実家の屋号。モットーは、日本の食材を生かしながら、本物のイタリア料理を作ること。8月12日には店から徒歩2分の場所に立ち飲みもできる総菜店「芝惣菜所」もオープン。東京都港区芝2-15-4。

(日刊ゲンダイ2021年8月31日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


ふんわりホットケーキの作り方  2021.9.19(日)
 毎回なんとなーく焼いてしまっているホットケーキ。ふと、メーカーの最新レシピを読んでみると、いつもの焼き方がすでに古くな...
子供にも人気「牛肉の甘辛煮」弱火で30分煮込んでトロトロに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くな...
「ガーリックライス」最後に特性ソースでジュジュジューッと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「チキングリル」面倒でも料理酒か白ワインで蒸すのが大事!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
サシがとろり「リブステーキ」 焼く前に常温で20〜30分置く
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
ひき肉だけで作る「つなぎなしハンバーグ」 ソースが絶妙!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、横浜・天王町「ステーキクラブ『18』」の店長・...
「柴漬けアーリオ・オーリオ」ワインに合う人気賄いメニュー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
自家製「鶏ハム」超簡単なのにしっとり&うま味じんわり!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「タコとオクラのマリネ」イタリア魚醤で味の輪郭くっきり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「きゅうりのバルサミコ酢マリネ」うま味と歯ごたえが絶品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・芝公園の「イタリア料理 樋渡」の原耕平さ...
「イチジクのコンポート」コツはイチジクの赤さを残すこと
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
「あん肝の奈良漬け添え」まるでムース…奈良漬と相性抜群!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
うま味が濃厚!「煮帆立」帆立てとはまぐりのマリアージュ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
江戸前寿司の象徴「煮はまぐり」 余熱でふんわり軟らかく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・浅草の「鮨 久いち」の出口威知朗さんに、...
秋を先取り! 生落花生のおいしい食べ方♡ 2021.9.2(木)
 まだまだ暑い日が続きますが、無人販売所には少しずつ秋の気配が。  8月下旬から旬を迎える「生落花生」が並ぶように...