ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)

コクハク編集部
更新日:2021-09-21 06:00
投稿日:2021-09-21 06:00
栄養&ボリューム満点! コショウもたーっぷり(C)コクハク
栄養&ボリューム満点! コショウもたーっぷり (C)コクハク

 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で栄養価も高い(カリウム、β-カロテン、ビタミンC、E、食物繊維などを含む)ピーマンは日々の食卓に大助かり。

「めちゃ苦手!」といった場合には、おすすめしづらいところではあるのですが、まあまあ好き、普通に食べる、といったかたがたに、より興味をもっておいしく食べていただけるレシピを僭越ながら、ご紹介させていただければと。

超ヘビロテ「丸ごとピーマンの肉巻き」

わたや種もとろっとろ(C)コクハク
わたや種もとろっとろ (C)コクハク

 まずは、筆者の超ヘビロテメニュー「丸ごとピーマンの肉巻き」です。作り方は簡単で、ピーマン全体を手のひらでつぶし、塩、コショウを振った豚バラ肉を巻きつけ、フライパンで焼く。

 でもって、表面全体に焼き色が付いたら、酒を加えて蓋をし、蒸し焼きにするとトロットロに。4、5個入りのピーマンを一袋買ってきては、ひとりでペロリと平らげちゃうことも珍しくありません(こちらのレシピは別途詳しくご紹介した記事がありますので、よろしければ、のぞいてみてください)。

お給料日前だって…

こまめに裏返したりせず、いい焼き色がつくまでじーっと待つ(C)コクハク
こまめに裏返したりせず、いい焼き色がつくまでじーっと待つ (C)コクハク

 お肉を買うのが厳しいとき(お給料日の前日とか前々日とか前々々日とか・笑)や、よりヘルシーに食べたいときなどは、ピーマンオンリーでも。

 いろいろと試してみたかったので、ヘタ付きのものやヘタを除いたものなど、ミックスさせて作ったりもしました。結論としては、「どちらも甲乙つけがたいおいしさ♡」。ピーマン偏愛者なのであしからず、です……。

「なんで種を捨てちゃうの?」

フォトジェニックでもある?(C)コクハク
フォトジェニックでもある? (C)コクハク

 ピーマンの種やわたも食べるようになったのは、おいしいものを作ることが大好きなアイデアマン(某バー店主)のひと言がきっかけでした。

「なんで種を捨てちゃうの? ピーマンだって丸ごと食べたほうが絶対おいしいから」

 確かにシシトウや万願寺唐辛子といった親戚たち(ピーマンも含め、いずれも学術の属性は「ナス科トウガラシ属」)は何の疑いもなく種も食べるのに、ピーマンは何の疑いもなくポイっとしちゃうのはもったいないなあと思ったわけです。

身と種&わた、別々に調理することも

きんぴらピーマン(左)とわたを使った万能な素(右)/(C)コクハク
きんぴらピーマン(左)とわたを使った万能な素(右) /(C)コクハク

 あのつやつやとした緑色のボディーだけを食したい、と思うこともあります。そんなときはヘタと、種&わたを取り除いて、身だけで。たとえば、シンプルにきんぴらピーマンはいかがでしょう。

 材料はこんな感じ。

・ピーマン
・オリーブ油
・日本酒
・しょう油
・白ごま

 食べやすい大きさに切ったピーマンは、表面を下にして、油を引いたフライパンで焼く。焼き色がついてきたところで、日本酒をパパっと振りかけ、裏返しし、しょう油を鍋肌から落として、ざっとひと混ぜ。火を止めて、白ごまをパラパラッとあしらったら出来上がりです。

 ヘタ、種、わたは、ブロックベーコンなどと一緒に炒め、しょう油(ナンプラーでも!)と日本酒などで味付け&調理し、ちょっとした素を作っておくととっても便利です。炊き立てのご飯に乗せて食べるのも良し、オムレツに混ぜるのも良し。冷やっこに乗せても良し!

 こういった常備菜が冷蔵庫にストックされていると、気持ちがラクですよね。

 一年中、手に入るピーマン。よろしければ一度、お試しください。

 (編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...