ピーマンと豚肉好きにはたまらないレシピ 2021.9.21(火)

コクハク編集部
更新日:2021-09-21 06:00
投稿日:2021-09-21 06:00
栄養&ボリューム満点! コショウもたーっぷり(C)コクハク
栄養&ボリューム満点! コショウもたーっぷり (C)コクハク

 この夏、ピーマンの料理をたくさん食べました。一時期、台風などの悪天候が重なり高騰したこともありましたが、それでも手頃で栄養価も高い(カリウム、β-カロテン、ビタミンC、E、食物繊維などを含む)ピーマンは日々の食卓に大助かり。

「めちゃ苦手!」といった場合には、おすすめしづらいところではあるのですが、まあまあ好き、普通に食べる、といったかたがたに、より興味をもっておいしく食べていただけるレシピを僭越ながら、ご紹介させていただければと。

超ヘビロテ「丸ごとピーマンの肉巻き」

わたや種もとろっとろ(C)コクハク
わたや種もとろっとろ (C)コクハク

 まずは、筆者の超ヘビロテメニュー「丸ごとピーマンの肉巻き」です。作り方は簡単で、ピーマン全体を手のひらでつぶし、塩、コショウを振った豚バラ肉を巻きつけ、フライパンで焼く。

 でもって、表面全体に焼き色が付いたら、酒を加えて蓋をし、蒸し焼きにするとトロットロに。4、5個入りのピーマンを一袋買ってきては、ひとりでペロリと平らげちゃうことも珍しくありません(こちらのレシピは別途詳しくご紹介した記事がありますので、よろしければ、のぞいてみてください)。

お給料日前だって…

こまめに裏返したりせず、いい焼き色がつくまでじーっと待つ(C)コクハク
こまめに裏返したりせず、いい焼き色がつくまでじーっと待つ (C)コクハク

 お肉を買うのが厳しいとき(お給料日の前日とか前々日とか前々々日とか・笑)や、よりヘルシーに食べたいときなどは、ピーマンオンリーでも。

 いろいろと試してみたかったので、ヘタ付きのものやヘタを除いたものなど、ミックスさせて作ったりもしました。結論としては、「どちらも甲乙つけがたいおいしさ♡」。ピーマン偏愛者なのであしからず、です……。

「なんで種を捨てちゃうの?」

フォトジェニックでもある?(C)コクハク
フォトジェニックでもある? (C)コクハク

 ピーマンの種やわたも食べるようになったのは、おいしいものを作ることが大好きなアイデアマン(某バー店主)のひと言がきっかけでした。

「なんで種を捨てちゃうの? ピーマンだって丸ごと食べたほうが絶対おいしいから」

 確かにシシトウや万願寺唐辛子といった親戚たち(ピーマンも含め、いずれも学術の属性は「ナス科トウガラシ属」)は何の疑いもなく種も食べるのに、ピーマンは何の疑いもなくポイっとしちゃうのはもったいないなあと思ったわけです。

身と種&わた、別々に調理することも

きんぴらピーマン(左)とわたを使った万能な素(右)/(C)コクハク
きんぴらピーマン(左)とわたを使った万能な素(右) /(C)コクハク

 あのつやつやとした緑色のボディーだけを食したい、と思うこともあります。そんなときはヘタと、種&わたを取り除いて、身だけで。たとえば、シンプルにきんぴらピーマンはいかがでしょう。

 材料はこんな感じ。

・ピーマン
・オリーブ油
・日本酒
・しょう油
・白ごま

 食べやすい大きさに切ったピーマンは、表面を下にして、油を引いたフライパンで焼く。焼き色がついてきたところで、日本酒をパパっと振りかけ、裏返しし、しょう油を鍋肌から落として、ざっとひと混ぜ。火を止めて、白ごまをパラパラッとあしらったら出来上がりです。

 ヘタ、種、わたは、ブロックベーコンなどと一緒に炒め、しょう油(ナンプラーでも!)と日本酒などで味付け&調理し、ちょっとした素を作っておくととっても便利です。炊き立てのご飯に乗せて食べるのも良し、オムレツに混ぜるのも良し。冷やっこに乗せても良し!

 こういった常備菜が冷蔵庫にストックされていると、気持ちがラクですよね。

 一年中、手に入るピーマン。よろしければ一度、お試しください。

 (編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...