辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)

コクハク編集部
更新日:2021-09-17 06:00
投稿日:2021-09-17 06:00
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くなりましたもんね。よし、体の中から温まろう!

豆腐の変貌ぶりに困惑

優しかった豆腐にいったい何が…(C)コクハク
優しかった豆腐にいったい何が… (C)コクハク

 パッケージにあしらわれているのは、豆腐です。相変わらずいかつい顔してるなー。

 豆腐が持つ柔らかさや、優しさを全放棄したビジュアルです。ひどい失恋でもしたのでしょうか。大丈夫?

 まるか食品さんのHPによると

従来の獄激辛シリーズと同等の辛さに、麻婆の旨味をしっかりと効かせた商品です。泣けるほどの辛さの中に感じる麻婆の旨味がクセになる味わいに仕上げました。

とのこと。「麻婆の旨味」と宣言しているあたりが好感度大です。辛いだけじゃ物足りない。やっぱりおいしくなくっちゃね。

ソースとかやくをチェック

辛いのかな、辛くないのかな(C)コクハク
辛いのかな、辛くないのかな (C)コクハク

 では、オープン。

 今回のソースのカラーリングは「ピンク×黒」。ちょっぴりかわいらしさを感じる組み合わせですね。

 とはいえ、油断は禁物。この小さな袋の中に私の運命が詰まっているのです。泣くも笑うもこいつ次第。

豆腐を確認(C)コクハク
豆腐を確認 (C)コクハク

 かやくもチェックしてみましょう。どうやら、白い四角形状の物体が豆腐のようです。

 数えてみたところ9個ありました。それ以外の具は若干少ないように思えます。

 ところで豆腐にやきそばって、どうなの? 40数年生きてきて初めての組み合わせなのですが……。

茹で時間はまず1分半、かやくを加えてさらに1分(C)コクハク
茹で時間はまず1分半、かやくを加えてさらに1分 (C)コクハク

 今回も、麺を茹でる方式でいただきます。

 いや、ほんとこの食べ方おいしいんですよ。余計な油分が落ちてかなり食べやすくなります。

 油っこいものがね、最近どうも胃に来るようになりまして……。歳は取りたくないものですなあ。

ドキドキ…(C)コクハク
ドキドキ… (C)コクハク

 茹で上がったのでソースをかけましょう。

 お、思ったより赤味が少ないです。トロっとした感じは以前食べた「極激辛担々麺」と同じ印象を受けます。

 香りは、唐辛子の刺激臭というよりは、もっとマイルド。ラー油のような雰囲気です。かなりおいしそうだぞ! 期待が膨らみます。

フード 新着一覧


「鶏手羽のエーグルドゥース」つやつやの手羽中がホロリ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・中目黒の「Bar à Vin ムッシュヨー...
脱・惰性ランチ!卵かけご飯をチンして「即席チャーハン」に
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-12-05 06:00 フード
泡に合う! きゅうりとみょうがのピクルス 柚子こしょう風味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・中目黒の「Bar à Vin ムッシュヨー...
会員制パフェバー「Remake easy」がすごい!2022.12.1(木)
 みなさん、今どきの若者はどこでデートしているか知っていますか? コロナの影響で、飲食店や居酒屋などは閉店時間がめっぽう...
価格2倍のボージョレは無理!感動級“山梨ヌーボー”はいかが
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-30 06:00 フード
新食感! ファミマ新作スイーツ実食ルポ 2022.11.29(火)
 11月も残すところあと1日。冬の気配が近づいています。寒くなると甘いものが欲しくなりません? つめたーい風にこわばった...
「へしこあぶり梅干しの大根サラダ」白ワインと一緒にどうぞ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「車麩と谷口屋の油揚げ 福地鶏のピリ辛煮」ダシがしみしみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...