辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)

コクハク編集部
更新日:2021-09-17 06:00
投稿日:2021-09-17 06:00
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くなりましたもんね。よし、体の中から温まろう!

豆腐の変貌ぶりに困惑

優しかった豆腐にいったい何が…(C)コクハク
優しかった豆腐にいったい何が… (C)コクハク

 パッケージにあしらわれているのは、豆腐です。相変わらずいかつい顔してるなー。

 豆腐が持つ柔らかさや、優しさを全放棄したビジュアルです。ひどい失恋でもしたのでしょうか。大丈夫?

 まるか食品さんのHPによると

従来の獄激辛シリーズと同等の辛さに、麻婆の旨味をしっかりと効かせた商品です。泣けるほどの辛さの中に感じる麻婆の旨味がクセになる味わいに仕上げました。

とのこと。「麻婆の旨味」と宣言しているあたりが好感度大です。辛いだけじゃ物足りない。やっぱりおいしくなくっちゃね。

ソースとかやくをチェック

辛いのかな、辛くないのかな(C)コクハク
辛いのかな、辛くないのかな (C)コクハク

 では、オープン。

 今回のソースのカラーリングは「ピンク×黒」。ちょっぴりかわいらしさを感じる組み合わせですね。

 とはいえ、油断は禁物。この小さな袋の中に私の運命が詰まっているのです。泣くも笑うもこいつ次第。

豆腐を確認(C)コクハク
豆腐を確認 (C)コクハク

 かやくもチェックしてみましょう。どうやら、白い四角形状の物体が豆腐のようです。

 数えてみたところ9個ありました。それ以外の具は若干少ないように思えます。

 ところで豆腐にやきそばって、どうなの? 40数年生きてきて初めての組み合わせなのですが……。

茹で時間はまず1分半、かやくを加えてさらに1分(C)コクハク
茹で時間はまず1分半、かやくを加えてさらに1分 (C)コクハク

 今回も、麺を茹でる方式でいただきます。

 いや、ほんとこの食べ方おいしいんですよ。余計な油分が落ちてかなり食べやすくなります。

 油っこいものがね、最近どうも胃に来るようになりまして……。歳は取りたくないものですなあ。

ドキドキ…(C)コクハク
ドキドキ… (C)コクハク

 茹で上がったのでソースをかけましょう。

 お、思ったより赤味が少ないです。トロっとした感じは以前食べた「極激辛担々麺」と同じ印象を受けます。

 香りは、唐辛子の刺激臭というよりは、もっとマイルド。ラー油のような雰囲気です。かなりおいしそうだぞ! 期待が膨らみます。

関連キーワード

フード 新着一覧


「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「自家製コンビーフ」脂っぽくない!ハーブと香味野菜がgood
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「おからのお好み焼き」にハマってます! 2022.4.26(火)
 あらゆるものが値上げとなり、ひーひー言っております。なんでも“食卓の優等生”であるもやしも、値上げの危機にさらされてい...
「真子ガレイのムニエル」ゴージャスな見た目でホムパにも◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の...