辛さ再び! ペヤング「獄激辛麻婆」を実食 2021.9.17(金)

コクハク編集部
更新日:2021-09-17 06:00
投稿日:2021-09-17 06:00
 まるか食品さんがまたやってくれました。今回の「極激辛シリーズ」は「麻婆やきそば」です。9月に入ってなんだか急に肌寒くなりましたもんね。よし、体の中から温まろう!

豆腐の変貌ぶりに困惑

優しかった豆腐にいったい何が…(C)コクハク
優しかった豆腐にいったい何が… (C)コクハク

 パッケージにあしらわれているのは、豆腐です。相変わらずいかつい顔してるなー。

 豆腐が持つ柔らかさや、優しさを全放棄したビジュアルです。ひどい失恋でもしたのでしょうか。大丈夫?

 まるか食品さんのHPによると

従来の獄激辛シリーズと同等の辛さに、麻婆の旨味をしっかりと効かせた商品です。泣けるほどの辛さの中に感じる麻婆の旨味がクセになる味わいに仕上げました。

とのこと。「麻婆の旨味」と宣言しているあたりが好感度大です。辛いだけじゃ物足りない。やっぱりおいしくなくっちゃね。

ソースとかやくをチェック

辛いのかな、辛くないのかな(C)コクハク
辛いのかな、辛くないのかな (C)コクハク

 では、オープン。

 今回のソースのカラーリングは「ピンク×黒」。ちょっぴりかわいらしさを感じる組み合わせですね。

 とはいえ、油断は禁物。この小さな袋の中に私の運命が詰まっているのです。泣くも笑うもこいつ次第。

豆腐を確認(C)コクハク
豆腐を確認 (C)コクハク

 かやくもチェックしてみましょう。どうやら、白い四角形状の物体が豆腐のようです。

 数えてみたところ9個ありました。それ以外の具は若干少ないように思えます。

 ところで豆腐にやきそばって、どうなの? 40数年生きてきて初めての組み合わせなのですが……。

茹で時間はまず1分半、かやくを加えてさらに1分(C)コクハク
茹で時間はまず1分半、かやくを加えてさらに1分 (C)コクハク

 今回も、麺を茹でる方式でいただきます。

 いや、ほんとこの食べ方おいしいんですよ。余計な油分が落ちてかなり食べやすくなります。

 油っこいものがね、最近どうも胃に来るようになりまして……。歳は取りたくないものですなあ。

ドキドキ…(C)コクハク
ドキドキ… (C)コクハク

 茹で上がったのでソースをかけましょう。

 お、思ったより赤味が少ないです。トロっとした感じは以前食べた「極激辛担々麺」と同じ印象を受けます。

 香りは、唐辛子の刺激臭というよりは、もっとマイルド。ラー油のような雰囲気です。かなりおいしそうだぞ! 期待が膨らみます。

関連キーワード

フード 新着一覧


プッチン♡モスの新作フォカッチャサンド!2021.10.16(土)
 モスバーガーで限定発売されたばかりの「フォカッチャサンド 馬蹄型(ばていけい)ソーセージ&グランピングソース」(単品4...
「鶏の味噌漬けと酒盗豆腐」酒盗豆腐は味噌だけでもアテに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
焼き上がりパリパリ「鮎の風干し焼き」内臓が味を引き立てる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「枝豆あずま煮と梅貝旨煮」普通の枝豆とは味も風味も別物!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
「イワシ蒲焼き風と奈良漬クリームチーズ」お酒に合う2品!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、大阪・北新地の割烹料理店「仲島」の仲島宏明さん...
おいしい季節に!「合鴨の治部煮」脂の乗った“口福”な鴨料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
チャミスルティー作ってみた! 2021.10.9(土)
 韓国ドラマの食事シーンで、必ずと言っていいほど登場する韓国焼酎「チャミスル」。ストレートでも飲みやすいけれど、アルコー...
「鶏ひき肉とマロニーの炒め物」知ったら最後リピート必至!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
 「肉のハナマサ」で激ウマポテチを発見!2021.10.7(木)
 関東地方を中心に展開しているスーパー「肉のハナマサ」は、とにかくお肉が安く買えるということで有名ですよね。筆者も月に1...
ほっぺた落ちる「鶏そぼろ」で温玉うどん♡ 2021.10.6(水)
 デジタル大辞泉によると、 【ほっぺたが落ちる】たいへんおいしいことを表す言葉。ほおが落ちる。  そうなんで...
「ちりめんじゃこ山椒煮」丁寧に極力時間をかけて煮詰める
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「半熟!味付きうずらの卵焼き」極意は“お湯で温めておく”
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「コンビネーションカレー炒め」予約の取れない店のまかない
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
「鶏すき焼きの黄金比のたれ」コクとうま味の秘密はザラメ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
甘くて香ばしい「海老芋の唐揚げ」思わず笑みがこぼれます
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・鐘ヶ淵の鳥割烹「鳥田中」の田中惣一郎さん...
今が旬! ぶどう4種を食べ比べ 2021.9.29(水)
 信州の知り合いから、ぶどうをいただいたので食べ比べてみました。一度に一房を平らげてしまうほどのぶどう好きの筆者。こんな...