ポジティブな人が嫌いだと思ってしまう4つの理由&対処法

コクハク編集部
更新日:2021-12-31 06:00
投稿日:2021-12-31 06:00
 ポジティブなことは素晴らしいことですが、自分の身近にいるポジティブな人の言動に、ついイライラしてしまう人って、実は多いようです。そこで今回は、ポジティブな人が嫌いだと思ってしまう4つの理由と上手に付き合う対処法をご紹介します。付き合い方に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ポジティブな人が嫌いだと思ってしまう4つの理由

周りがポジティブすぎてつらい…(写真:iStock)
周りがポジティブすぎてつらい… (写真:iStock)

 嫌なことを言われたわけでもないのに、ポジティブな人を嫌いだと思うのは、いったいどうしてなのでしょうか? 嫌いな理由が明確になれば、正しい対処法も見えてくるはず。まずはじめに、ポジティブな人を嫌いだと思ってしまう4つの理由を見ていきましょう!

1. ネガティブな考え方を受け入れてくれない

 ネガティブな人とポジティブな人では、物事に対しての考え方がまったく違うため、お互いの意見を尊重し合うのがとても難しいです。どちらが正しいかという線引きはありませんが、ポジティブな人のほうが正しいと思われることが多いのも事実。

 自分の意見を受け入れてもらえないと、ポジティブな人に対しての苦手意識が強くなってしまうのかもしれませんね。

2. いつも正論ばかりで疲れる

 ポジティブな人はどんなことにもまっすぐで、言っていることは誰が聞いても正論です。とはいえ、いつも正論ばかりでは疲れてしまう……という人もいるでしょう。

 何かあるたびに正論を押し付けられてばかりいると、ポジティブな人が嫌いになってしまうこともあるようです。

3. 気持ちの切り替えが早くてついていけない

 嫌なことがあっても、気持ちの切り替えが早いのがポジティブな人の特徴です。しかし、中にはその切り替えの早さについていけない……と思ってしまう人も。

 ネガティブな人はポジティブな人に比べて、気持ちを切り替えるのに時間がかかってしまいます。ポジティブな人を見ていると、自分が間違っているように感じてしまうようですね。

4. 人の痛みがわからないところがある

 ポジティブな人は悩んでいる人に対して、「そんな小さなことで悩んでないで、前向きに考えて!」とアドバイスしてくることが多いそうです。

 励ましてくれているのはわかるものの、人によっては「デリカシーがない」と感じることも。「あの人は人の痛みがわからない」と、嫌われてしまうこともあるでしょう。

ポジティブな人が嫌い…上手に付き合う3つの対処法

ネガティブな自分を受け入れる(写真:iStock)
ネガティブな自分を受け入れる (写真:iStock)

 ポジティブな人が嫌いだとしても、社会人になると付き合いを避けられない場合もありますよね。続いては、嫌いだと感じるポジティブな人と上手に付き合う3つの対処法をご紹介します!

1. 無理に合わせずに割り切って付き合う

 ポジティブな人の考え方についていけない……と思ったときは、無理に合わせずに「人は人、自分は自分」と、割り切って付き合うことも大事。

 考え方が合わないのに無理に同調していると、相手に誤解されて余計に面倒なことになってしまうことがあるので注意しましょう。

2. ネガティブな自分を受け入れる

 ポジティブな人を見て、ネガティブな自分を引け目に感じてしまう人も多いはず。人と自分を比べてしまうから、相手のことが嫌いになってしまうのです。

 ネガティブな自分を受け入れることができれば、ポジティブな人の意見を聞いても聞き流せるようになるはずですよ。

3. 「ポジティブ=幸せ」というわけではない

 ポジティブでいることが幸せにつながるような風潮がありますが、何に幸せを感じるかは人それぞれ。ネガティブでいることに、幸せを感じる人がいたっていいのです。

 周りの意見に流されず、自分がどう生きていきたいのかを大事に考えましょう。

ポジティブな人が嫌いなら無理して合わせなくてもOK!

無理に合わせず、ほどほどに(写真:iStock)
無理に合わせず、ほどほどに (写真:iStock)

 ポジティブな人に苦手意識があると、ついその人を避けてしまいがちになるかもしれません。考え方が違う人に無理に合わせようとするから、ストレスを感じてしまうのです。つまり、無理に合わせず、自分のペースで上手に付き合うことも大切。良い距離感を保ちながら、ストレスのない人間関係を築いてくださいね。

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”は知っている!おやつをくれるニンゲンの見分け方
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
加齢たるたるのあるある<1>目の下のたるみは立派な現代病
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
ワイルドフラワーって何?「キングプロテア」はお値段以上♪
 そこにあるだけで気分をアゲてくれる不思議な植物がございます。ワタクシに霊感なんてものがあるわけではございませんが、あた...
「兄ちゃんはバツイチだから」ザ・塩対応!おもしろLINE3選
 世間には、いろいろな性格の人がいます。その中でも塩対応な性格の人は相手の態度に関係なく、驚くほどそっけないですよね(笑...
超逸材!金色に輝くたまたまの魅力にメロメロ~吸引力が凄い
 きょうは、陽を浴びて金色に輝く“にゃんたま”君。  海風に耳を澄ましまして何を想う……?  この並外れた魅...
あなたは受け恋?追い恋? 8月15日~8月21日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
気の合うママ友を作るには?連絡先をすぐに聞くのは危険です
 子供を育てていると、避けては通れない「ママ友」の存在。苦労せずにすんなりママ友ができるタイプもいれば、人見知りでなかな...
【ニトリ】4.5万円ワークチェアの座り心地 2022.8.13(土)
 長引くコロナ禍で定番になったリモートワーク。毎日の通勤時間がなくなり助かることはたくさんありますが、パソコンの前に座る...
なぜ黙ってたの?聞けば納得!大事な話を言わない大人の思惑
 皆さんは、相手から「実はね……」と話を切り出されて、「なんでもっと早く言ってくれなかったの!?」となる経験をしたことが...
専業主婦が抱える5つの不安と解消法 羨ましがられるけど…
 結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめ、専業主婦になる人は多いです。しかし、いざ専業主婦として毎日家事や育児をこなす毎日を過...
“たまたま”のセルフマッサージ♡ 肉球とにゃんたまにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「前髪全部焦がした」幹事ドン引き!同窓会の面白断り方LINE
 久しぶりに同級生から同窓会のお知らせが届いても、なんとなく行きたくない時ってありますよね。  今回は、そんな同窓...
夏の切り花“最大”の悩み!プロが解説&実践する花持ちの秘訣
 近年の暑い夏は本当に体にこたえます。  当然切り花にも厳しい夏で、お花屋は毎日が格闘でございますのよ。しかも、猫...
あなたは受け恋?追い恋? 8月8日~8月14日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
その言動に原因あり? 友達がいないアラサー女性の特徴5つ
 年齢を重ねていくにつれ、周りの環境はどんどん変化していきます。特に、女性は結婚や出産を機に変わる人が多いですよね。しか...
UFOと交信!? “たまたま”のサファイアブルーの瞳にうっとり♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...