バチェラーに学ぶ 恋を実らせるためにしてはいけないこと3つ

内藤みか 作家
更新日:2021-12-23 06:00
投稿日:2021-12-23 06:00
 Twitterのトレンド入りするほど話題のアマゾンプライムの恋愛リアリティーショー番組「バチェラー」。20人ほどの女性たちが1人のセレブ男性の婚約者の座を目指して争うという内容です。番組に現れる恋愛においてのNG行為をピックアップしてみました。

彼のオンリーワンになるためには

バチェラーから学ぶ恋愛テクとは?(写真:iStock)
バチェラーから学ぶ恋愛テクとは? (写真:iStock)

 ついにシーズン4もフィナーレを迎えた「バチェラー」。彼のオンリーワンになるために熾烈な戦いを繰り広げる女性たちの恋愛テクはとても参考になります。けれどなかには「私はコレはやらないように気をつけよう」というNG行為も。

 バチェラーは生涯愛し続ける女性を見つけに来ているため、嫌だなと感じる言動をした女性をバッサリ切り捨ててしまう時があります。これは普通の恋愛でも同じこと。彼を不快にさせるようなことは言ったりやったりしないことが両思いへの近道なのでしょう。

1. 人の悪口を言わない

暴露トークが好きな女性はご用心(写真:iStock)
暴露トークが好きな女性はご用心 (写真:iStock)

 まず、人の悪口を言わないこと。当たり前のことだと思うかもしれませんが、どうしてもチクっと言わずにはいられないクセを持っている人はいます。男性の前で「この子、◯◯なんだって!」などと、他の女性が秘密にしておきたいことまで暴露してしまう人もいます。

 バチェラーはにこやかに話を聞きつつ、誰かの悪口を言う女性はいないかしっかりチェックを入れているように感じます。人を悪く言っている姿は、決して美しいものではありません。人のアラ探しをするのがクセになっている人は、好きな男性の前でそれが出ないよう、できるだけ抑えていったほうがいいかもしれません。

2. 相手を責めない

彼をなじってしまう女性もいるけど…(写真:iStock)
彼をなじってしまう女性もいるけど… (写真:iStock)

 バチェラーはいろいろな女性たちとグループデートやツーショットデートをしていくため、なかなか自分の順番が回って来ない女性も出てきてしまいます。不安になり「どうして私を誘ってくれないの?」と涙目で彼をなじってしまう人も出ます。

 バチェラーにもいろいろ計画があり、ちゃんと考えがあってデートの順番を決めています。それに文句をつける人は、今後も彼のやることに文句を言われる可能性が考えられます。彼のやりかたにあまり口を挟まないほうがいいのではないでしょうか。

 彼が他の女性とデートしている時間もそのことばかり考えると悩んだり落ち込んだりしてしまうので、ヨガなど他のことをして過ごしたほうが有意義です。

3. 元カレの話をしない

過去の恋バナは絶対ダメ(写真:iStock)
過去の恋バナは絶対ダメ (写真:iStock)

 次第にバチェラーと親しくなり、お互いの恋愛観などを語り合うようになると、ついつい過去の恋バナをしてしまう女性がいます。しかし、他の男とどんなお付き合いをして、どのように終わったかというような過去の経験談は、男性はあまり好きではありません。嫉妬してしまったり、元カレと自分とを比べられているようで、落ち着かなくなってしまうのです。

 バチェラーたちは聞き上手なので、女性が過去の男性との思い出を語っているその瞬間は、うんうんと優しく受け止めています。けれど、時々つらそうな表情を浮かべる場合もあるように感じます。限りあるツーショットタイムなのだから、気分が暗くなる言葉や、うれしくない情報を彼に向けるのは控え、楽しく過ごしたほうがポイントは高いのではないかと観ていてハラハラしてしまいます。

どれも簡単に実践できる

減点対象に気をつけて恋を実らせて(写真:iStock)
減点対象に気をつけて恋を実らせて (写真:iStock)

 こうして並べてみると、どれも簡単にできそうなことばかりです。けれど焦りからNG行為を発してしまうのかもしれません。誰よりも目立って、彼に注目されたいと願い、喋りすぎたり、うっかり口を滑らせたりと、ケアレスミスが続くとどんどん不利になってしまいます。

 焦る気持ちはわかりますが、バチェラーだけでなく、どの恋愛シーンであっても、彼を責めたり、他の女性の悪口を言ったら減点対象になりかねないのです。

 また、大勢のライバルから抜け出そうとして、彼の目の前をウロウロして目立とうとする人もいますが、これも落ち着いていないように見えて、逆効果にしか感じられません。彼を信じてどっしりと腰を落ち着かせ、彼が近くにやってきた時に、にっこり微笑むくらいでちょうどいいのかもしれません。

ラブ 新着一覧


シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ