バチェラーに学ぶ 恋を実らせるためにしてはいけないこと3つ

内藤みか 作家
更新日:2021-12-23 06:00
投稿日:2021-12-23 06:00
 Twitterのトレンド入りするほど話題のアマゾンプライムの恋愛リアリティーショー番組「バチェラー」。20人ほどの女性たちが1人のセレブ男性の婚約者の座を目指して争うという内容です。番組に現れる恋愛においてのNG行為をピックアップしてみました。

彼のオンリーワンになるためには

バチェラーから学ぶ恋愛テクとは?(写真:iStock)
バチェラーから学ぶ恋愛テクとは? (写真:iStock)

 ついにシーズン4もフィナーレを迎えた「バチェラー」。彼のオンリーワンになるために熾烈な戦いを繰り広げる女性たちの恋愛テクはとても参考になります。けれどなかには「私はコレはやらないように気をつけよう」というNG行為も。

 バチェラーは生涯愛し続ける女性を見つけに来ているため、嫌だなと感じる言動をした女性をバッサリ切り捨ててしまう時があります。これは普通の恋愛でも同じこと。彼を不快にさせるようなことは言ったりやったりしないことが両思いへの近道なのでしょう。

1. 人の悪口を言わない

暴露トークが好きな女性はご用心(写真:iStock)
暴露トークが好きな女性はご用心 (写真:iStock)

 まず、人の悪口を言わないこと。当たり前のことだと思うかもしれませんが、どうしてもチクっと言わずにはいられないクセを持っている人はいます。男性の前で「この子、◯◯なんだって!」などと、他の女性が秘密にしておきたいことまで暴露してしまう人もいます。

 バチェラーはにこやかに話を聞きつつ、誰かの悪口を言う女性はいないかしっかりチェックを入れているように感じます。人を悪く言っている姿は、決して美しいものではありません。人のアラ探しをするのがクセになっている人は、好きな男性の前でそれが出ないよう、できるだけ抑えていったほうがいいかもしれません。

2. 相手を責めない

彼をなじってしまう女性もいるけど…(写真:iStock)
彼をなじってしまう女性もいるけど… (写真:iStock)

 バチェラーはいろいろな女性たちとグループデートやツーショットデートをしていくため、なかなか自分の順番が回って来ない女性も出てきてしまいます。不安になり「どうして私を誘ってくれないの?」と涙目で彼をなじってしまう人も出ます。

 バチェラーにもいろいろ計画があり、ちゃんと考えがあってデートの順番を決めています。それに文句をつける人は、今後も彼のやることに文句を言われる可能性が考えられます。彼のやりかたにあまり口を挟まないほうがいいのではないでしょうか。

 彼が他の女性とデートしている時間もそのことばかり考えると悩んだり落ち込んだりしてしまうので、ヨガなど他のことをして過ごしたほうが有意義です。

3. 元カレの話をしない

過去の恋バナは絶対ダメ(写真:iStock)
過去の恋バナは絶対ダメ (写真:iStock)

 次第にバチェラーと親しくなり、お互いの恋愛観などを語り合うようになると、ついつい過去の恋バナをしてしまう女性がいます。しかし、他の男とどんなお付き合いをして、どのように終わったかというような過去の経験談は、男性はあまり好きではありません。嫉妬してしまったり、元カレと自分とを比べられているようで、落ち着かなくなってしまうのです。

 バチェラーたちは聞き上手なので、女性が過去の男性との思い出を語っているその瞬間は、うんうんと優しく受け止めています。けれど、時々つらそうな表情を浮かべる場合もあるように感じます。限りあるツーショットタイムなのだから、気分が暗くなる言葉や、うれしくない情報を彼に向けるのは控え、楽しく過ごしたほうがポイントは高いのではないかと観ていてハラハラしてしまいます。

どれも簡単に実践できる

減点対象に気をつけて恋を実らせて(写真:iStock)
減点対象に気をつけて恋を実らせて (写真:iStock)

 こうして並べてみると、どれも簡単にできそうなことばかりです。けれど焦りからNG行為を発してしまうのかもしれません。誰よりも目立って、彼に注目されたいと願い、喋りすぎたり、うっかり口を滑らせたりと、ケアレスミスが続くとどんどん不利になってしまいます。

 焦る気持ちはわかりますが、バチェラーだけでなく、どの恋愛シーンであっても、彼を責めたり、他の女性の悪口を言ったら減点対象になりかねないのです。

 また、大勢のライバルから抜け出そうとして、彼の目の前をウロウロして目立とうとする人もいますが、これも落ち着いていないように見えて、逆効果にしか感じられません。彼を信じてどっしりと腰を落ち着かせ、彼が近くにやってきた時に、にっこり微笑むくらいでちょうどいいのかもしれません。

ラブ 新着一覧


別れ際が綺麗な女性にはメリットがある! 上手な別れ方5つ
 彼から突然別れを切り出されたら、多くの女性は取り乱してしまうでしょう。追いすがってしまう人もいるかもしれません。しかし...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
モテない女性に共通する残念LINE5選…男性が引く内容5つ
 モテるモテないには、それなりに理由があるよう。もしもあなたが、見た目に問題がないのにまったくモテないんだとしたら、こん...
恋バナ調査隊 2022-01-18 06:00 ラブ
いつでも新婚気分♡ 別居婚のメリット&向いている夫婦の特徴
 ひと昔前までは、結婚したら一緒に住むというのが当たり前の世の中でした。しかし今は、夫婦のライフスタイルによっては「別居...
恋バナ調査隊 2022-01-16 06:00 ラブ
不倫夫が憎い…!サレ妻が決意した恐ろしい制裁LINE5選
 夫に不倫されてしまった「サレ妻」の女性は、毎日悲しくて涙に暮れる日々を送っているかもしれません……。でも、中には、男性...
恋バナ調査隊 2022-01-15 06:00 ラブ
今が正常な状態…交際3ヶ月でデート頻度を減らした男性の事情
「冷酷と激情のあいだvol.73〜女性編〜」では、「仕事」を理由にデートを減らしている恋人・ソウタさん(仮名・29歳男性...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
仕事を理由にデート激減…恋人の真意がわからない女性の不安
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-01-15 06:00 ラブ
はじめての食事デート♡ 心がける4つのこと&会話のポイント
 気になる男性とはじめての食事デートの約束ができたら、「絶対にデートを成功させたい!」と思うのは当然でしょう。そこで今回...
恋バナ調査隊 2022-01-14 06:00 ラブ
あなたは何も悪くない! 彼に暴言を吐かれた時の3つの対処法
 恋人やパートナーに暴言を吐かれ、深く傷つく女性が増えています。一番信頼し、愛している相手だけに、ダメージも大きいもの。...
内藤みか 2022-01-13 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? 軽い女度診断4項目&気をつけるべきこと
 自分では意識していなくても、男性から「軽い女」だと思われていたらがっかりしてしまいますよね。今回は、今すぐできる軽い女...
恋バナ調査隊 2022-01-13 06:00 ラブ
一生モテる女性の特徴とは? 常にモテるためにやるべきこと
 彼氏が途切れなかったり、周りから一目を置かれ続けている女性っていますよね。ここで言うモテる女とは、声をかけられることが...
若林杏樹 2022-01-12 12:13 ラブ
100年の恋も冷めるでしょ…彼氏のドン引き行動エピソード4選
 彼氏に100年の恋も一瞬で冷めるような「ドン引き行動」をされたことがある女性は多いようです。ドン引き行動の原因はさまざ...
恋バナ調査隊 2022-01-14 18:15 ラブ
長続きカップルの秘訣かも♡ 彼氏が喜ぶ上手な愛情表現5つ
 長続きするカップルの多くは、日頃からしっかり愛情表現をしているそう♡ でも「愛情表現」って、相手にきちんと気持ちが伝わ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
自然消滅を選んでしまう男性心理&恋を復活に導く3つの方法
 ちゃんと別れ話をしないまま彼氏と自然消滅してしまうと、「以前のように戻りたい」と思い、悩んでしまうことがあります。そこ...
恋バナ調査隊 2022-01-11 06:00 ラブ
なぜ見抜けない? 男性があざとい女性に騙される理由4つ
 女性から見ると、どう考えてもあざとい言動をしているのに、なぜか男性はあざとい女性に騙されるんですよね……。いったいどう...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
信じたいけれど…不安にさせる年下彼氏の特徴3つ&対処法
 年下彼氏のいる女性は、若くてフレッシュな男性と付き合えて嬉しい反面、やはり心配がつきもの。でも、年下彼氏と付き合ってい...
恋バナ調査隊 2022-01-10 06:00 ラブ
気になる彼を落としたい♡ 男性が喜ぶあざといモテテク6選
 女性にとってはマイナスのイメージが強い、あざとい系の女性たち。しかし、男性ウケは抜群にいいと言われているのが現実ですよ...
恋バナ調査隊 2022-01-09 06:00 ラブ