そばかすはファンデじゃ消えない!コンシーラーの賢い使い方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-26 06:00
投稿日:2021-12-26 06:00
 広範囲に点々と広がるそばかす……。ファンデを使って消そうとしても、なかなか消えてくれないため、悩みの種ですよね。そこで今回は、コンシーラーを使ったそばかすの賢い消し方をご紹介します!

消えないそばかすをないものに! コンシーラーの使い方4選

そばかすの上手なカバーの仕方をレクチャー(写真:iStock)
そばかすの上手なカバーの仕方をレクチャー (写真:iStock)

 それではさっそく、しぶといそばかすを消すコンシーラーの使い方をチェックしていきましょう!

1. コンシーラーは「色選び」が重要!

 コンシーラーを選ぶ時には、肌から浮かない色選びが重要です。どんなにカバー力が高くても、色が肌に合っていなければ、いかにも「隠しました!」という感じになってしまいます。

 しっかりお店でテストしながら、肌に合ったものを選びましょう。そばかす以外に、クマやニキビ跡なども隠したいという場合には、パレットタイプでいろいろな色が入ったコンシーラーを選ぶのもおすすめです。

2. ぼかすのは「周囲のみ」

 せっかくコンシーラーを使ってそばかすやシミを消しても、ぼかす時にその上をトントンと叩いてしまうと、効果は半減してしまいます。コンシーラーをのせたら、そばかすやシミの「周囲だけ」をぼかしていきましょう。

 もしもファンデを使った時に浮いてしまうというなら、コンシーラーの色選びが合っていないのかもしれません。

3. 広範囲に広がるそばかすには「リキッドコンシーラー」

 そばかすにもいろいろな種類がありますが、広範囲に小さなそばかすが広がっている場合には、リキッドタイプのコンシーラーがおすすめ。全体にこってりしたコンシーラーを使ってしまうと厚化粧になってしまうため、伸びの良いタイプを選びましょう。

 そばかす全体にリキッドコンシーラーをのせたら、弱い力で優しくムラを整えていきます。この時、あまり叩きすぎないようにするのがポイント。最後に、カバー力のあるファンデーションをのせていきましょう。そばかすが、かなり薄くなるはずです。

4. 濃い色のそばかすには「クリームタイプ」

 割と濃い色のそばかすだったり、大きめのシミも混ざったりしている時には、こってりと硬いテクスチャーのクリームタイプがおすすめです。シミやそばかすの上にダイレクトにのせたら、優しくぼかし、仕上げにファンデーションを薄づきにして全体を馴染ませていきましょう。

 また、それでも消えないしぶといそばかすには、「舞台用のコンシーラー」もおすすめ。カバー力が桁違いなので、ほとんどのシミは消えるはずです。

消えないそばかす…コンシーラーと合うファンデはどれ?

おススメはクッションファンデ(写真:iStock)
おススメはクッションファンデ (写真:iStock)

 コンシーラーは、あくまでそばかすやシミなど、大きめの粗を隠すためのもの。やはり、仕上げの肌を綺麗に見せるアイテムとして、ファンデーションは必須でしょう。

 とはいえ、コンシーラーを使う場合は、肌を綺麗に見せるだけではなく、コンシーラーが浮かないための機能を持つファンデーションではなければいけません。

 そこで、コンシーラーとファンデーションを合わせ使いする人におすすめしたいのが、「クッションファンデ」です! リキッドタイプのファンデーションがパフによってぴったり均一に肌に密着するため、コンシーラーで隠した肌トラブルを隠してくれます。

 また、クッションファンデの場合は、より肌にフィットするきめ細かいパフ選びも重要。しっかりチェックしたいポイントです。

消えないそばかすもコンシーラーの使い方次第で隠れる!

もう悩まなくても大丈夫!(写真:iStock)
もう悩まなくても大丈夫! (写真:iStock)

 今まで、コンシーラーをなんとなく使っていた人も多いかもしれません。でも、コンシーラーを賢く使うには、第一に色選び、そしてぼかし方、またそばかすに合ったコンシーラーのタイプを見極めることも重要。

 ぜひこの記事を参考にして、コンシーラーを賢く使ってそばかすを隠してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


指先まで潤う♡ 自宅でできるハンドケア&マッサージのやり方
 顔やボディのケアに比べて、つい後回しになってしまうのがハンドケア。しかし、手元は年齢が出やすい場所ですので、できること...
生理中でも快適♡不快感をなくす便利なおすすめアイテム5つ
 毎月やってくる生理は、女性にとって、とても憂鬱な期間ですよね……。でも、もしかしたらその不快な症状を軽減させることがで...
洗顔ブラシの嬉しい効果4つ♡ 正しい使い方や注意点も
 美容家の多くは「スキンケア用品を使う前に、しっかり肌の汚れを落とすことが大切」と言いますよね。でも、手で洗顔料を泡立て...
リモートワークで太るのはどうして? 原因&5つの対処方法
 コロナ禍をきっかけに、仕事形態は大きく変わってきていますよね。リモートワークが増えた人も多いのではないでしょうか。そん...
ぽっちゃりでも小顔に見える♡ 髪の長さ別おすすめ髪型9選
 ぽっちゃり体型で、「顔が大きく見えてしまう」ということに悩んでいる女性は多いですよね。でも実は、その悩み、髪型次第で解...
コスメの上手な収納術4選♡自宅でも外出先でもスッキリ快適
 一回のメイクで使うコスメの数って、結構ありますよね。しかも、ファンデーションやリップ、マスカラなど、サイズも長さも形状...
お正月はなぜ太る?原因&無理なくできるリセット方法4選♪
 お正月休みが終わると、「またこれから仕事か……」と思うと同時に、「制服が入るだろうか?」なんて心配になる人もいるのでは...
サロントリートメントの持続時間って? 長持ちさせるコツ♪
 トリートメントには、自宅で行うセルフトリートメントと、美容室で行うサロントリートメントがあります。サロントリートメント...
生理の日を快適に♪ おすすめデリケートゾーンケアグッズ3選
 身体も重く、気持ちも沈みがちになる生理期間……。少しでも楽になるように、と、アレコレ試してみて、気に入ったアイテムを3...
毛穴吸引器の正しい使い方のポイント!黒ずみ毛穴も綺麗に♡
 毛穴の黒ずみって嫌ですよね。だからといって、毛穴パックを繰り返してしまうと余計に毛穴が目立つという噂もあるし……。そん...
フェミニン系で大人可愛く♡3つの特徴&コーデのポイント♪
 流行りの「フェミニンコーデ」とは、女性らしい柔らかい印象のコーデのことを言います。可愛くなりすぎない大人フェミニンは、...
“ビッグカラーコーデ”ってダサい? 着こなしの6つのコツ♡
 2021年からじわじわブームが来ている、大きめの襟を使ったビッグカラーコーデ!「ダサいと思われそう」「私には着こなせな...
仲間由紀恵のような美髪に! ホームケア“格上げ”3アイテム
雑誌やテレビで見かける芸能人や有名人に「なれるものなら、あの顔になりたい!」「あんな姿に生まれていたら、私の人生も違った...
メイクで理想の顔に♡ 童顔の特徴&大人っぽく仕上げるコツ
 可愛らしい印象が強い童顔ですが、子供っぽく見られてしまうことをデメリットだと感じている人も多いよう。「童顔でも大人っぽ...
蒸しタオル美容を週1回のとっておきケアに♡ メリット&手順
 忙しい日々で、普段から美容に時間をかけられない人って多いですよね。でも、そんなあなたにぜひ、おすすめしたいのが「蒸しタ...
適度な運動の目安ってどのくらい?理想的な運動量&メリット
 健康維持やダイエットのために運動をはじめるとき、よく耳にするのが「適度な運動」という言葉。そもそも、適度な運動とは、い...