そばかすはファンデじゃ消えない!コンシーラーの賢い使い方♡

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-12-26 06:00
投稿日:2021-12-26 06:00
 広範囲に点々と広がるそばかす……。ファンデを使って消そうとしても、なかなか消えてくれないため、悩みの種ですよね。そこで今回は、コンシーラーを使ったそばかすの賢い消し方をご紹介します!

消えないそばかすをないものに! コンシーラーの使い方4選

そばかすの上手なカバーの仕方をレクチャー(写真:iStock)
そばかすの上手なカバーの仕方をレクチャー (写真:iStock)

 それではさっそく、しぶといそばかすを消すコンシーラーの使い方をチェックしていきましょう!

1. コンシーラーは「色選び」が重要!

 コンシーラーを選ぶ時には、肌から浮かない色選びが重要です。どんなにカバー力が高くても、色が肌に合っていなければ、いかにも「隠しました!」という感じになってしまいます。

 しっかりお店でテストしながら、肌に合ったものを選びましょう。そばかす以外に、クマやニキビ跡なども隠したいという場合には、パレットタイプでいろいろな色が入ったコンシーラーを選ぶのもおすすめです。

2. ぼかすのは「周囲のみ」

 せっかくコンシーラーを使ってそばかすやシミを消しても、ぼかす時にその上をトントンと叩いてしまうと、効果は半減してしまいます。コンシーラーをのせたら、そばかすやシミの「周囲だけ」をぼかしていきましょう。

 もしもファンデを使った時に浮いてしまうというなら、コンシーラーの色選びが合っていないのかもしれません。

3. 広範囲に広がるそばかすには「リキッドコンシーラー」

 そばかすにもいろいろな種類がありますが、広範囲に小さなそばかすが広がっている場合には、リキッドタイプのコンシーラーがおすすめ。全体にこってりしたコンシーラーを使ってしまうと厚化粧になってしまうため、伸びの良いタイプを選びましょう。

 そばかす全体にリキッドコンシーラーをのせたら、弱い力で優しくムラを整えていきます。この時、あまり叩きすぎないようにするのがポイント。最後に、カバー力のあるファンデーションをのせていきましょう。そばかすが、かなり薄くなるはずです。

4. 濃い色のそばかすには「クリームタイプ」

 割と濃い色のそばかすだったり、大きめのシミも混ざったりしている時には、こってりと硬いテクスチャーのクリームタイプがおすすめです。シミやそばかすの上にダイレクトにのせたら、優しくぼかし、仕上げにファンデーションを薄づきにして全体を馴染ませていきましょう。

 また、それでも消えないしぶといそばかすには、「舞台用のコンシーラー」もおすすめ。カバー力が桁違いなので、ほとんどのシミは消えるはずです。

消えないそばかす…コンシーラーと合うファンデはどれ?

おススメはクッションファンデ(写真:iStock)
おススメはクッションファンデ (写真:iStock)

 コンシーラーは、あくまでそばかすやシミなど、大きめの粗を隠すためのもの。やはり、仕上げの肌を綺麗に見せるアイテムとして、ファンデーションは必須でしょう。

 とはいえ、コンシーラーを使う場合は、肌を綺麗に見せるだけではなく、コンシーラーが浮かないための機能を持つファンデーションではなければいけません。

 そこで、コンシーラーとファンデーションを合わせ使いする人におすすめしたいのが、「クッションファンデ」です! リキッドタイプのファンデーションがパフによってぴったり均一に肌に密着するため、コンシーラーで隠した肌トラブルを隠してくれます。

 また、クッションファンデの場合は、より肌にフィットするきめ細かいパフ選びも重要。しっかりチェックしたいポイントです。

消えないそばかすもコンシーラーの使い方次第で隠れる!

もう悩まなくても大丈夫!(写真:iStock)
もう悩まなくても大丈夫! (写真:iStock)

 今まで、コンシーラーをなんとなく使っていた人も多いかもしれません。でも、コンシーラーを賢く使うには、第一に色選び、そしてぼかし方、またそばかすに合ったコンシーラーのタイプを見極めることも重要。

 ぜひこの記事を参考にして、コンシーラーを賢く使ってそばかすを隠してみてくださいね♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【生理の腰痛】丸腰じゃ戦えない!自宅でできる腰痛の解決策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
日焼け止めの落とし方をおさらい 体もクレンジングするの?
 紫外線の強い季節に欠かせない日焼け止め。一日に何回も塗り直すわりには、クレンジングを適当にしてしまっている人も多いよう...
姑チェックは厳しいぞ! 帰省ネイルの注意点&好感度UPテク
 年末年始や夏休みになると、夫の実家に帰省する人も多いですよね。ここで意外と見落としがちなのが「帰省ネイル」。デザインに...
気を付けて! 令和版・ヤリモク男“ホイホイメイク”3つの特徴
「ヤリモク」とはその言葉の通り、最終的に“やる”のが目的の男の人のこと……。ちゃらちゃらした男をよく引き寄せてしまうとい...
拷問動画多すぎ!深夜の飯テロ対策5選、ドカ食いを回避せよ
 深夜に飯テロ番組や食欲をそそるようなSNSを見てしまい、空腹に悩まされた経験がある人は多いでしょう。ダイエット中の人に...
旅行で活躍の予感!雑誌の付録で「トラベルセット」まで完成
 雑誌の付録で、旅行セットが作れました♪  化粧水・乳液のセットはたっぷり使えるサイズで何泊でも使えそう。ヘアオイルと...
立派な二の腕をカバーする! 細見えノースリーブ着こなし5選
 夏の着こなしの定番アイテムといえば、涼しげに見えるノースリーブですよね。でも中には、「太い二の腕が気になるから、ノース...
ニオってる?夏の汗・皮脂が臭う原因と対策【部位別に解説】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
美容マニアも愛用!「炭酸パック」の魅力&使い方5ステップ
 女性はいくつになっても綺麗な肌に憧れるものですよね。年齢とともにすっぴんに自信を持てなくなる人は多いですが、でも、年齢...
自信過剰なの?すっぴん派が明かす「私がメイクしない理由」
 大人世代に突入して、若いころとは違って「メイクしないと出掛けられない」と感じ始めた女性が多いはず。  だからこそ、メ...
甘辛コーデは時代遅れ? おしゃれ女性が知ってるやり方はコレ
 キュートとクールを両立した甘辛コーデ。「何歳になってもかわいい服を楽しみたい」という女性にとって関心の高いスタイルでは...
ほんのり&抜け感で男ウケ抜群! あざといアイメイクの方法
 一見、男ウケを狙っていない感じなのに、しっかり可愛い「あざとい女性」たち。男性からすると、がっつりメイクで“ウケを狙っ...
美胸の秘訣を伝授!女が輝ける「美しいおっぱい」の3大要素
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
女性ウケとは別なんです!“夫ウケメイク”で夫婦円満に
 頑張ってメイクをしているのに「夫に褒めてもらえない」と、不満を抱いている妻たちは多いようです。でも、もしかするとその原...
大人女性なら覚えておきたい“上品肌見せコーデ”のお作法4選
 肌見せコーデは、若い女性だけでなく大人女子からも人気です。ただし、大人の女性が上手に着こなすためには、ただ肌を見せると...
気になる「VIO専用シェーバー」の使い心地 2022.7.26(火)
 アンダーヘアの処理ってどうしていますか? 完全に毛をなくす「つるすべ派」、少しだけ整える「ナチュラル派」、あえてそのま...