「ママよりパパがいい!」我が子の言葉にいちいち傷つかない

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-01-11 06:00
投稿日:2022-01-11 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

子供って時に残酷……

直球で言われると…(イラスト:こばやしまー)
直球で言われると… (イラスト:こばやしまー)

 誰もが感じたことがあると思います。見たまま、感じたままを伝える子供って「時に残酷……」と。

「ママ、目のとこに線(シワ)が入ってるよ!」「ママ、お腹が太っちょになっていない?」なんて言葉はしょっちゅう。そんな会話であれば「それはね、たくさん笑ってる証拠なの! かわいいでしょ?」「このお腹には、愛がたくさん詰まってるからね!」なんて、冗談まじりに返すこともできるのですが……。

 シングルマザーとなった私にとってずしりと重たいのが、「ママよりパパがいい!」「パパとも一緒に暮らしたい!」といった、離婚したことにかかわるような言葉。直球で言われてしまうと、どうしてもあとからじわじわと気になったりするんですよね。

 息子の寝顔を見ながら、「本当にそう思っているのかな」「離れて暮らしているのが嫌なのかな」なんて。どうにもできないことだから、なおさら考えてしまうのかもしれません。

「じゃあパパと暮らしたら」と大人気なく答えてしまった

大人げない態度に反省(写真:iStock)
大人げない態度に反省 (写真:iStock)

 離婚してから間もなくのこと。面会日から帰ってきて「あー楽しかった! パパのお家に明日も行きたいなぁ」と、しつこく何度も言う4歳の息子に対して「そう。じゃあ、パパと暮らしたらいいんじゃない?」と、言ってしまったことがあります。

 この連載の3話目で元夫への向き合い方なんかをお話ししましたが、当時は私も「パパ」へのコンプレックスだったり、もやもやとした気持ちがあったのか、つい、そんな言葉が出てしまったのです。

 すると、「そうしようかな! 本当に住めるの? いつから?」と、屈託なく答える息子。てっきり、「えー! ママがいい!」と言うと思ったのに。面会後、パパの余韻を感じる息子にとっては、嬉しい提案だったようです。

 一転して、諦めてもらうために「でも、パパは毎日仕事だから、おうちで一人で待たなきゃいけないよ」とか「パパのおうちは下の階に人がいるから、ドタドタしたらすぐに追い出されちゃうよ」とか、そんなネガティブなことを伝えるしかすべのない私。

 息子は残念そうに「それだったら、ここでいいや……」と、納得せざるを得なかった様子でした。あとになって、「本当に大人気ないことを言ってしまった」と、反省したものです。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


口喧嘩で負けたくない! 勝ちたい時に使えるマル秘戦術3選
 みなさんは誰かと口論になった時、どんな戦法で勝ちにいきますか?  方法は十人十色ですが、今回は代表的な勝ちパターン...
凍り付いた湖の夜が更けて
 もしも突然、この瞬間に、氷が解けたらどうなるんだろう。  そう思いながら、凍て付いた湖の上に立つ自分が結構好き。...
「レンジでゆたぽん」人気じわり..足を温めると眠りやすい!
「レンジでゆたぽん」を知ったのは、年末年始に長野県の義実家に行った時。寒がりな私を気遣って、義母が用意してくれたのです。...
青空にオレンジボディが映え“たまたま”の見返りメンチにキュン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
私って性格悪い? 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間
 誰の心にだって、優しい部分と優しくない部分が存在するもの。そうわかっていても、自分の心のダークサイドを自覚すると「もし...
卒入学、彼岸、送別会【花屋が教える】予算内で理想の花束を贈る7カ条
「斑目さん、今年こそは頑張って期限内にお願いしますよ!」  お正月がなんとなく終わったばかり、なんて思っていたら、我が...
「とにかく盛り上がるやつ頼むよ」ってさぁ 先輩の無茶ぶりLINEがすぎる
 お笑い芸人の松本人志とその後輩芸人たちによるアテンド飲み会が話題になっていますね。  ニュースの真偽はともかく、...
2024-02-21 06:00 ライフスタイル
仕事のサボりがバレた瞬間4選 リモートワークは意外と見られている!
 近年では、リモートワークやフレックスタイムなどの制度が導入されて、数年前よりも働きやすくなりました。  一方で、自由...
真似から始まったファッションも、いつか体に馴染むもの
 北海道で暮らす、まん丸で真っ白な小さな鳥「シマエナガちゃん」。動物写真家の小原玲さんが撮影した可愛くて凛々しいシマエナ...
年の差婚の弊害?夫の“昭和の価値観”を持つ息子の将来が不安すぎる件
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆しているまめです。  私の夫は10...
仕事のモチベが上がらない!30女40女のやる気スイッチをONにするテク
 どんなに好きな仕事でもモチベーションが上がらない時だってありますよね。気持ちが乗っていない時は、ミスしたり、時間が永遠...
2月19日~2月25日あなたの全体運・恋愛運・ラッキーカラー
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
この子を育てるのは無理かも…発達障害児がストレスで鏡に刻みかけた言葉
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
菜の花の小道で一触即発! 道を譲るのはどっちの“たまたま”
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
今夜は誰と出合おうか…人で溢れる街の隅っこに転がる心
 先に仮想世界(?)でお互いを見つけて、そこから顔を合わせるって最初は気まずくないのかな? と昭和の世代は思っちゃうけど...
水商売の水は流水説 夜の街で働くホステスやホストだけが当てはまるの?
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...