婚約後に冷めた…婚約破棄に至ってしまう4つの理由&対策法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-01-25 06:00
投稿日:2022-01-25 06:00
 大好きな相手とやっとのことで結婚を決めたのにも関わらず、婚約後に冷めてしまう人は意外にも少なくありません。そのまま放置すると、最悪の場合、婚約破棄に至ってしまうことも……。そこで今回は、婚約後に気持ちが冷めて婚約破棄に至ってしまう理由や、冷めた気持ちを蘇らせる対策法をご紹介します!

婚約後に冷めた…婚約破棄に至ってしまう4つの理由とは

婚約はしたけれど…(写真:iStock)
婚約はしたけれど… (写真:iStock)

 婚約後は、多くのカップルにとって結婚に向けて幸せを感じる時間のはず。しかし、中には、そんなラブラブな期間に気持ちが冷めてしまう人もいるようです。まずはじめに、婚約後に気持ちが冷めて婚約破棄に至ってしまう4つの理由から見ていきましょう!

1. 言い争いをしたときに本性が見えた

 どんなカップルでも、意見の食い違いでケンカになってしまうことがあるでしょう。しかし、そのたびに、どちらかが妥協して謝っていると相手の本性を知る機会がありません。

 婚約後に大きな言い争いをしてしまい、そこではじめてパートナーの本性を目の当たりにしてしまうと、それがきっかけで気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

2. お金の使い方に問題がある

 結婚をするということは、2人で生計を立てていくこと。もし、パートナーのお金の使い方に問題があることが発覚したら、たとえ婚約後だったとしても気持ちが冷めてしまうでしょう。

 自分の趣味やこだわりにお金を使う人は、内緒にしていると婚約破棄の原因になってしまうかもしれません。

3. 家事がまったくできない

 多くの男性が結婚相手に望んでいることは、家事ができるかどうか。言葉で「家事ができる」と言っていても、実際に一緒に生活してみると「思っていたのと違った」なんてことも。

 自分が何が得意で何が苦手なのかを事前に相手に知らせておかないと、婚約後のトラブルになってしまうので注意しましょう。

4. 価値観の違いを感じた

 婚約後は結婚式や新居の準備など、2人で協力してやらなければならないことがたくさんあります。そんな中、価値観の違いから意見が食い違うことが多くなってしまうと、会うたびにケンカになってしまい、雰囲気が悪くなってしまう可能性も。

 お互いが価値観の違いを感じていて、歩み寄りができない場合、最悪、婚約破棄に至ってしまうケースもあるようです。

婚約後に冷めたらどうしたらいい? 3つの対策法

あの日の気持ちを思い出して(写真:iStock)
あの日の気持ちを思い出して (写真:iStock)

 続いては、婚約後に相手に冷めてしまったときの3つの対策法をご紹介します! 思いを再燃させたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

1. お互いに本音で話し合う

 相手に不満を抱えたままでいると、2人の関係性はどんどん悪くなっていくばかり。良い関係を取り戻すためには、お互いで本音で話し合うことが大事です。

 たとえ意見が合わず衝突してしまっても、不満を抱えているよりは良い関係が築けるでしょう。

2. 少し冷却期間を置く

 お互いに感情的になっているときは、無理に一緒にいても状況が良くなりません。

 そんなときは、少し冷却期間を置くこともおすすめです。少し離れてみると、相手の大切さにあらためて気付かされることもありますよ。

3. 結婚を決めたときの気持ちを思い出す

 2人で結婚を決めたときの前向きな気持ちを思い出すことも、効果的な対策法です。

 長く付き合っていると、いろんなことが当たり前になってしまうもの。一度初心に戻ることで、大好きだった気持ちが蘇ってくるかもしれません。付き合いはじめたばかりのデート場所に行ってみたり、時間を取ってゆっくり2人で過ごしてみるなど、気持ちを高める工夫をしてみるのも大切でしょう。

婚約後に冷めたら別れる前に対策法を考えてみよう!

冷静に気持ちを確かめて(写真:iStock)
冷静に気持ちを確かめて (写真:iStock)

 婚約後に冷めてしまう理由はカップルによってさまざまですが、できることなら冷めた気持ちを取り戻して幸せに結婚をしたいですよね。婚約後に冷めてしまったときは、焦って別れを決めずに、冷静になって対策法を考えてみてくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


将来有望なハイスペ男子 好きなタイプは美人とは限りません
 容姿端麗で経済力もあり、家柄も申し分なしのハイスペ男子。どうせなら、そんな人と恋愛したい!と思う女性は多いのではないで...
恋バナ調査隊 2022-05-27 06:00 ラブ
【男に走る女】母親が子どもを捨てて“恋愛”に溺れる深層心理
 お子さんがいるにもかかわらず家を飛び出し、他の男性と生きていくことを選ぶ女性が時々います。芸能人や有名人にもそうした女...
内藤みか 2022-05-26 06:00 ラブ
人生一度きり「イケメンの彼女」目指しちゃう? 特徴は?
 見た目がすべてとは言いませんが、やはり彼氏がイケメンだと人に自慢したくなるものですよね。そんな世のイケメン男性たちは、...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
他人事じゃない!「夜の生活がなくなった夫婦」レス解決法
 結婚前は2人でいちゃいちゃする時間もあったのに、結婚してから夜の生活がまったくなくなってしまう夫婦はとても多いようです...
恋バナ調査隊 2022-05-26 06:00 ラブ
「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ