マスクでチークがヨレる…即試せる!おすすめの対策法7つ

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-02-05 06:00
投稿日:2022-02-05 06:00
 今や、生活の一部となった「マスク」。息苦しいだけでなく、女性にとってはメイクがヨレてしまうという悩みもありますよね。特に、顔の一番高い位置にあるチークは、マスクに付着してヨレやすい部分。そこで今回はチークがヨレる原因や、悩みを解決する対策方法をご紹介します!

マスクでチークがヨレる原因とは?

マスクでもヨレない方法があるんです!(写真:iStock)
マスクでもヨレない方法があるんです! (写真:iStock)

 マスク内でチークなどのメイクがヨレる原因は、おもに3つあります。

 1つ目は「摩擦」。マスクをつけると、肌との摩擦が起こるため、メイクがヨレやすくなるのです。2つ目の原因は「湿気」。呼気によってマスク内部は水蒸気が溜まっている状態ですので、肌が湿ってしまい、メイクがさらにヨレやすくなるのです。

 そして、3つ目は「乾燥」です。マスク内は湿度があるのに、マスクを外したタイミングで一気に水蒸気がなくなるため、肌は乾燥しやすい状態に。そうなると肌から皮脂が分泌され、さらにメイク崩れの原因となってしまうのです。

マスクでチークがヨレるのを防ぐメイク方法4つ

ヨレさせないコツは?(写真:iStock)
ヨレさせないコツは? (写真:iStock)

 それではさっそく、メイクに工夫してヨレを防ぐ4つの方法をチェックしてみましょう。

1. クリームチークとパウダーチークの重ね技で防ぐ

 ファンデーションをつけた後にクリームチークを塗り、その上からパウダーチークを塗ると、マスクとの摩擦でパウダーチークが剥がれたとしても、肌に密着したクリームチークが残るため、しっかり色味が残ります。

 ただし、色が濃くなり過ぎてしまうことがあるので、2種類のチークは同系色を選び、薄めに重ねるのがポイントです。

2. リキッドチークを使う

 リキッドチークを使う方法も◎。リキッドチークはクリームチークやパウダーチークに比べて肌への密着度がより高いため、マスクで摩擦が起きてもヨレにくいのが特徴。

 ただ、リキッドチークはつけ過ぎてしまいやすいため、いったん手の甲などでぼかしてから頬にのせると失敗しにくいですよ。

3. メイクキープスプレーを使う

 メイクが終わったら、顔全体にメイクキープスプレーを試してみては。メイクキープスプレーは、皮膜効果を使ってメイク全体をベールで覆うようにガードしてくれます。

 商品によっては、毛穴を引き締めて皮脂分泌を抑えたり、保湿効果があったりと、プラスの効果があるため、肌の悩みに合わせて選んでみてくださいね。

4. フェイスパウダーを使う

 フェイスパウダーも、メイクのヨレを防ぐ効果があります。メイクが終わったら、全体にパウダーをのせていきましょう。マスクとの摩擦を防いでくれます。

 また、皮脂吸着パウダーなどが配合されているタイプを使うと、よりヨレ予防の効果を実感できるでしょう。

マスクに工夫してチークがヨレるのを防ぐ方法3つ

マスクは柔らかい素材のものを(写真:iStock)
マスクは柔らかい素材のものを (写真:iStock)

 メイクでヨレないように工夫するのも良いですが、マスクに工夫してヨレを防ぐこともできます。

1. ベビーパウダーをマスクに塗る

 メイクの仕上げに使うパウダーですが、マスクにもパウダーをつけることで、さらに摩擦によるヨレを防ぐことができます。マスクに塗るパウダーは、ベビーパウダーでOK。

 特に、鼻やチーク部分に多めに塗ることで、マスクを外した時の汚れが目立たなくなりますよ。

2. 柔らかい素材のマスクを使う

 実は、マスクの素材が硬いと、マスクとメイクの摩擦は激しくなるそう。そこで、マスクを購入する際には、できるだけ柔らかい素材のものを選ぶようにしましょう。肌のカーブに沿って柔らかく動いてくれるので、摩擦が少なくなります。

3. マスクの中にティッシュを一枚入れる

 マスクの中にティッシュを入れる方法もアリ。マスク内部の水蒸気を吸い取ってくれるので、湿気によるヨレを防ぎます。さらに、マスクを外すたびに手軽に取り替えることができるのもメリット。マスクのメイク汚れも気にならなくなりますね!

マスクでチークがヨレる時はメイクとマスクに工夫してみて

チークのヨレなし!(写真:iStock)
チークのヨレなし! (写真:iStock)

 チークがヨレてしまう時は、この記事でご紹介した方法を試してみてください。メイクとマスクの両方に対策すると、よりメイク崩れが気にならなくなるはず! 快適なマスクライフを送るヒントになりますように♡

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...