マスクだからこそノーファンデメイクが役立つ♡上手なやり方

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2021-02-26 06:00
投稿日:2021-02-26 06:00
 マスク生活が長引く中で、今増えているのが「ノーファンデメイク」をする女子たち。メイクをしても結局は隠れてしまったり、崩れてしまったりするマスク生活には最適なメイク方法ですが、実はそれ意外にもたくさんのメリットがあります♡ そこで今回は、ノーファンデメイクの詳しいやり方をご紹介しましょう!

ノーファンデメイクのメリット4つ

マスク生活の今だからこそ(写真:iStock)
マスク生活の今だからこそ (写真:iStock)

 まずは、ノーファンデメイクにはどんなメリットがあるのかをチェックしてみましょう!

1. 肌への負担が少ない

 ノーファンデメイクの一番のメリットは、肌への負担が少ないという点です。ファンデーションは肌を綺麗に見せるメリットはあるものの、毛穴にファンデーションや皮脂が詰まって、肌トラブルにつながることもありますよね……。

 その点、ノーファンデメイクは最低限のコスメだけで軽く仕上げるので、肌への負担が非常に少なく、自然に肌の調子を整えてくれます。肌トラブルが気になる時にも、最適なメイク方法といえるでしょう。

2. 時間が経ってもメイクが崩れない

 ファンデーションを使ったメイクは、マスクが汚れたり、時間とともに皮脂や湿気でメイクが崩れたりと、美しい仕上がりをキープするのが難しいですよね。

 ノーファンデメイクはファンデーションを厚塗りしないので、化粧崩れが少なく、マスクにもメイクが移りにくいというメリットがあります。メイクもちが格段に良くなりますよ。

3. 時短でメイクできる

 ノーファンデメイクは、ベースメイクの際にファンデーションをしっかり塗り込んでいく工程がないため、その分、朝のメイク時間を短縮することができます。忙しい朝でも、いつもより少ないステップで素肌感の溢れる綺麗肌を作れます。

4.ナチュラルな美肌に見える

 ノーファンデメイクは、すっぴんのように見える素肌感を大切にして仕上げていきます。そのため、ナチュラルな美肌に見せることができるのもメリット。厚塗りをしてしまいがちなファンデーションメイクよりも、ナチュラルなメイクのほうが男性ウケも良いですよね♡

ノーファンデメイクの詳しいやり方&コツ

コンシーラーで気になるところをカバー(写真:iStock)
コンシーラーで気になるところをカバー (写真:iStock)

 続いては、ノーファンデメイクの詳しいやり方やコツをご紹介しましょう!

1. 肌をしっかり保湿する

 ノーファンデメイクをより綺麗に見せるためには、しっかり肌を保湿しておくことが重要です。洗顔後は化粧水で保湿してから、クリームで油分の膜を作っておきましょう。目の周りなどが乾燥しやすい人は、その部分だけにツヤのあるバームなどをつけても良いでしょう。

2. 日焼け止め&化粧下地を塗る

 ノーファンデメイクといっても、紫外線対策は必須! スキンケア後は、日焼け止め&化粧下地をしっかり塗りましょう。肌の色を均一に見せるためのファンデーションに代わるステップなので、できればトーンアップ効果やテカリ防止効果、毛穴カバーなど、肌悩みに合わせた機能を持つアイテムがおすすめです。

 できれば日焼け止め効果のある化粧下地のほうがよいですが、日焼け止めを単体で使うなら、白くならないジェルタイプを選びましょう。

3. コンシーラーで粗を隠す

 化粧下地では隠れないクマやシミ、赤みなどは、コンシーラーで隠していきます。この時、固いテクスチャーのコンシーラーを使うと、厚塗り感が出てしまうのであまりおすすめできません。

 リキッドタイプなど、肌に馴染みやすい柔らかいテクスチャーのアイテムを選びましょう。薄くつけて、伸ばさず叩くように馴染ませていくのがポイントです。

4. フェイスパウダーで仕上げ

 肌のベースができたら、仕上げにフェイスパウダーを塗っていきます。ブラシを使って塗っていくと、より綺麗に仕上がるのでおすすめです。Tゾーンはブラシを何度か滑らせて、丁寧に塗っていきましょう。Uゾーンは内側から外側に向かって塗っていくと、毛穴が隠れて綺麗に仕上がります。

5. チークを塗る

 チークは、ノーファンデメイクでも血色感を出すポイントです。内側からじゅわっと滲むような発色を持つクリームタイプのチークだと、素肌によく馴染みます。

 頬骨の高い部分に少しずつのせて馴染ませながら、ほどよい血色感になるまで塗り重ねていきましょう。

6. アイメイク

 アイシャドウを使う場合には、ツヤ感のあるパールタイプのものを薄づけしてアイホール全体に塗っていきましょう。マスカラは、ロングタイプがより自然に馴染みます。アイラインをひく時は、ブラウンなど優しい色合いのものを使うとよりナチュラルです。

 また、アイラインはしっかりひくよりも、まぶたの内側に隠しラインで入れていくのがおすすめです。

眉用マスカラで自然な仕上がりに(写真:iStock)
眉用マスカラで自然な仕上がりに (写真:iStock)

7. 眉メイク

 眉メイクをする際には、ふんわり仕上がるパウダータイプを使いましょう。自眉を活かして自然な感じに仕上げたいなら、眉用マスカラがおすすめです。ワントーン明るい色味を選ぶと、ぱっと明るい印象になりますよ。

8. リップメイク

 マスクをつけることを考えると、リップメイクは色落ちしにくいティントタイプがおすすめです。マスク移りが気になる人は、ツヤのあるグロスタイプよりもマットタイプを選ぶと良いでしょう。色は、より肌に馴染みやすい粘膜に近い色のリップを選んでくださいね。

ノーファンデメイクで素肌美人を目指そう♡

ノーファンデメイクで肌ストレスを軽減させよう(写真:iStock)
ノーファンデメイクで肌ストレスを軽減させよう (写真:iStock)

 普段であれば、なかなか勇気がいるノーファンデメイクですが、マスクが手放せない今ならノーファンデメイクに挑戦するきっかけになりますよね。ノーファンデメイクを続けて肌への負担を減らせば、綺麗な素肌を作ることにもつながるはず。ぜひ、試してみてくださいね。

ビューティー 新着一覧


プレ更年期って何?デリケートゾーンが痒い!【薬剤師監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
痛くない&疲れないサンダルの選び方 試着時のポイント4つ
 夏になると履きたくなるのがサンダル! デザインも可愛いものが多いですし、なにより通気性が良いので涼しく夏を過ごせますよ...
話題のオールインワンサプリ「TRIPLE ONE(トリプル・ワン)」を試してみた♡ 魅力&最新レビュー
「もっとキレイになりたい」「いつまでも若々しくいたい」と、美を追求する世の女性たち。美肌、美髪を目指すのはもちろん、スタ...
地雷メイクで警官から職質された!? 盛りすぎ失敗エピソード
「私の顔に何か付いてる?」と、気になってトイレに駆け込むと、とんでもないメイクの状態になっていたー! なんて経験は誰しも...
本当に「白髪を抜く」のはNG?黒髪に戻る可能性ってあるの?
アラサー&アラフォー世代になると、目立ちはじめる白髪。世間では「白髪を抜くと増える」「白髪を抜いたら禿げる」なんて噂もあ...
“小さめプチ子”でも谷間が出現! 自然な胸の盛り方&裏技7選
 夏は海や温泉などに行く機会も多く、肌の露出が増える時期です。しかし、この季節、小さな胸にコンプレックスを抱える女性を悩...
憧れの二重まぶたに!身近なアイテムで大きくする“裏技”6選
 大きくてぱっちりとした印象的な目に憧れる女性は多いでしょう。特に、一重がコンプレックスになっている人にとっては、二重が...
40代からの「目力アップメイク」髪型ひとつで変わる裏テクも
 40代になると、まぶたのたるみが気になったり、まつげが細くなったりと、今まで通りのアイメイクでは、なかなか目力アップが...
40代からのほぼゼロ円「バストアップ体操」垂れ胸よ、さらば
 40代を過ぎると、ふとした瞬間に「なんか最近、胸にハリがないな……」「なんだか位置が下がってきてる?」と、垂れ胸に気づ...
「バーム」ならリップ、ハンド、ボディなど全身使えて便利!
 マルチに使用できる「保湿バーム」。ひとつ持っていると大活躍してくれます。今回は、自然派のナチュラルブランドから3点をピ...
美容家の私物公開♡ NOエステでも美を格上げできる3つの方法
 季節の変わり目は、肌や髪の不調を感じる人も多いですよね。気温や湿度の変化に加え、環境の変化が訪れる人も多いシーズンだけ...
諦めるな!「赤メイク」不器用でも自然な血色に仕上げるテク
 地雷メイクやメンヘラメイクなど、名前を変えながらも2022年にもまたトレンド入りしている「赤メイク」。赤色のパワーは女...
黒髪だから似合うメイク♡赤リップで決めたら目元はどうする
 明るい色の髪の毛はおしゃれで若々しく、外国人風にもなれるため人気ですよね。でも、ある程度年齢を重ねた大人女子になると、...
“大人の薄眉”簡単カバーメイク!まろ眉、海苔眉は卒業しよう
 薄眉がコンプレックスになっている人は意外と多いようです。でも、大丈夫! 薄眉はメイク次第で簡単にカバーできるんですよ。...
出産前に髪を切るのはなぜ?お手入れ楽ちんの意外な落とし穴
 出産を間近に控えた女性で、突然髪の毛を短く切る人は多いですよね。でも、「なんで髪を切るんだろう?」「短いほうが良い理由...
「ズボラ向けストレッチ」で無理なくコツコツ“痩せ”体質に!
 ダイエットに失敗する大きな理由は、ズバリ「続かないから」でしょう。でも、毎日続けることさえできれば、どんな人でも痩せら...