疲れた胃腸の救世主!「おかゆ」のススメ 2022.2.3(木)

コクハク編集部
更新日:2022-02-03 06:00
投稿日:2022-02-03 06:00
 昨年末に盛大な食あたりをしてから、どうにも胃腸の調子が芳しくありません。先日も胃痛&下痢に悶絶しておりました。
 しかし、どんなに具合が悪くても、食欲がなくならないのが食いしん坊の悲しいサガ。お腹痛い、でもお腹すいた……。矛盾する思いからたどり着いたメニューは「インディカ米のおかゆ」でした。

おかゆとインディカ米って合うんです

3日間ほどおかゆだけで生活していました(C)コクハク
3日間ほどおかゆだけで生活していました (C)コクハク

 なぜインディカ米なのかといいますと、筆者の家には日本米がなかったんです。糖質制限をしているため、基本的にお米を食べないんですよね。なので、ずいぶん前に切らしていたのをすっかり忘れていたという次第。

 たまたま、カレー用に購入していたインディカ米が残っていたので、そちらを使ったところ、これがまあウマいのなんのって。

 インディカ米は日本米に比べて粘りが少ないので、おかゆにしてもドロドロにならず、サラッとした食感に仕上がります。それが筆者の好みにドンピシャでした。

基本のおかゆのレシピ

【材料】
・米 2分の1カップ
・水 600ミリリットル

【作り方】
1.お米を研ぐ
2.鍋に米を入れ、分量の水を加える
3.蓋をして強火で炊き、沸騰したら蓋をずらして弱火で30分加熱。好みの固さになったら出来上がり。

 日本米でおかゆをつくる場合、研いだ後のお米を30分以上浸水させるが一般的。ところが、インディカ米を使う場合はその必要はありません。インディカ米は水を吸収しやすいという性質があるため、浸水させてしまうとせっかくのサラサラ感がなくなってしまうのです。

 そのあたりも、面倒くさがりの筆者にはありがたいです。ていうか、腹痛と空腹と戦ってる時にそんな細かいこと言ってられへんがな。

おかゆアレンジのド定番「玉子がゆ」(C)コクハク
おかゆアレンジのド定番「玉子がゆ」 (C)コクハク

 幸い体調はすぐに回復したのですが、おかゆのおいしさにハマってしまい、ほぼ毎日おかゆを作っています。

 少量のお米で満腹感も得られるし、何より胃に優しい。さらにアレンジも無限なので全然飽きないです。おかゆ、偉大過ぎるだろ。おかゆに感謝。おかゆリスペクト。

「ほうじ茶がゆ」のおいしさに開眼

優しい香りがたまらない「ほうじ茶がゆ」(C)コクハク
優しい香りがたまらない「ほうじ茶がゆ」 (C)コクハク

 筆者のお気に入りアレンジは「ほうじ茶がゆ」です。

 水の代わりにほうじ茶で炊いたおかゆは奈良県が発祥とのこと。「大和の茶がゆ」という郷土料理なのだそうです。関西出身ですが初耳でした。ごめんなさい。このおいしさを奈良県はもっとアピールするべき!

 ほうじ茶の優しい香りが、ボロボロの胃腸はもちろん、メンタルにも優しく染み渡ります。ほんのり茶色なのもなんだか斬新でGood! お好みで梅干しを加えるとさっぱりした味わいになりますよ。お試しあれ。

おまけ

猫は万能薬といっても過言ではない(C)コクハク
猫は万能薬といっても過言ではない (C)コクハク

 腹痛にうめいていた夜、愛猫もん様がつきっきりで看病してくれました。もん様はゴロゴロと喉を鳴らしながら、筆者のお腹にピッタリとくっついてくれました。その温かさと、かすかな振動がなんとも心地よく、痛みの最中でも寝落ちしてしまいましたよ。

 翌朝起きてビックリ! お腹が痛くなかったんです! 何なん、この猫。超名医やんけ。もしや、ブラックジャックの生まれ変わりなんか? お礼に大好物のちゅ~るを献上したのは言うまでもありません。

(編集K)

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...