東京浅草で出合った「山川光男」の正体 2021.12.21(火)

コクハク編集部
更新日:2021-12-21 06:00
投稿日:2021-12-21 06:00

浅草でやきとんを喰らう!

つくねは写真一番奥です(ぼやけてるし)/(C)コクハク
つくねは写真一番奥です(ぼやけてるし) /(C)コクハク

 前々から気になっていた「やきとん たくちゃん」(東京・浅草)へ。大ヒット! ねぎまもせせりも1本150円というお財布に優しい“下町価格”ですが、素材も火入れも抜群。いずれもきれいにみっちりと串が打たれており、アツアツを頬張る幸せたるや……。

「つくねは、生ピーマンと一緒に食べるのがうまいんだよ」

 赤ちょうちんの師匠と崇める方から教わって以来、つくねを注文する際は、許す限り、ピーマンも一緒にお願いするように。ピーマンの上につくねを乗っけて一緒に食べると、あら不思議。なんとも贅沢な気持ちになるんです。

 で、たくちゃんでは、「つくねに生ピーマン付けますか」と、お店の方から聞いてくださいまして。もう、完璧だ……。

「山川鶏男」との出逢いはほろ酔いだった

このイラストを使ったLINEスタンプもあるそうです(笑)/(C)コクハク
このイラストを使ったLINEスタンプもあるそうです(笑) /(C)コクハク

 気分を良くして、ほろ酔いのまま、ななめ向かいの日本酒の立呑みバー「洒落者(しゃれもん)」にハシゴすると「山川鶏男」に出合いました。ヤマカワトリオ。

 山形県内にある4つの蔵元が結成したユニット「山川光男」をご存じでしょうか。

・山形正宗(水戸部酒造)
・楯野川(楯の川酒造)
・東光(小嶋総本店)
・男山(男山酒造)

 ユニット名は、それぞれの蔵元を代表する銘柄から1文字ずつとって付けられたもので、2016年に発売された「山川光男 2016なつ」を皮切りに20本以上の“銘酒”が産声を上げています。

 2021年は「肉との遭遇」をテーマにいくつか出しており、直近は「鶏肉」との相性が抜群だという一本をこしらえたそう。だから、「山川鶏男」。鶏男の前は、「羊男」「豚男」「牛男」も発売していて、飲んでみたいなあと思ったら、洒落者さんでは、残念ながら完売でした。飲めないとなると余計に飲んでみたくなる(苦笑)。

 とにかく遊び心とユーモアに溢れたプロジェクトですが、もちろん、お味も間違いなし。毎回ホストとなる蔵元があり、鶏男は男山酒造さん。ひと口に含むと、フルーティーで軽やかな口当たり。焼き鳥に合うだろうなあ、これ。

 やきとんに戻りたい。ブタだって合うよ、絶対に! と思う酒池肉林の夜。そして、これから山川光男にずぶずぶにハマる予感しかしないのでした。

(編集O)

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...