骨付き肉を食べるなら…サイゼリヤ一択! 2022.1.27(木)

コクハク編集部
更新日:2022-01-27 06:00
投稿日:2022-01-27 06:00

野生の血が騒いだらサイゼリヤに急げ!

「骨付きももの辛味チキン」(税込500円)(C)コクハク
「骨付きももの辛味チキン」(税込500円) (C)コクハク

 無性に骨付き肉が食べたくなる時があります。野生(?)の血が騒ぐのでしょうか。本能のままに肉にむしゃぶりつきたい。そんな欲求にかられたら、筆者は必ずサイゼリヤに行くことにしています。

 お目当てはこちらの「骨付きももの辛味チキン」。税込500円です。骨付きもも肉だよ。それが500円て! 太っ腹が過ぎるでしょ。

サイゼリヤの思い出

熱愛ファミレス「サイゼリヤ」(C)コクハク
熱愛ファミレス「サイゼリヤ」 (C)コクハク

 思えば学生時代から、サイゼリヤにはお世話になりっぱなしでした。通っていた大学のすぐ近くに店舗がありまして。めっちゃ入り浸っていました。週5で行ってた。1日に何度も行ったこともあります。お昼からワインを飲んで午後の授業をすっぽかすなんてのはしょっちゅうでしたなあ。就活の時は友人たちとひたすら履歴書を書いていた気がします。

 いまから20ウン年前、地元の神戸にはまだサイゼリヤはほとんど進出しておらず、上京して初めてその存在を知りました。ファミレスなのになんでこんなにオシャレなん!? 東京すごい! と驚いたものです。まあ、通っていた大学は神奈川県にあったし、サイゼリヤ創業の地は千葉県なんですけどね。東京、関係ないやん。

 話が脱線しましたね。何が言いたいかっていうと。サイゼリヤが大好きなんです。愛してる。

いただきまーす♪

大胆にいただいちゃいましょう(C)コクハク
大胆にいただいちゃいましょう (C)コクハク

 いざ、かぶりつきます。至福!!

 大きさだけでなくお味もGood! パリッとした皮目に対し、お肉はとってもジューシー。かみしめるごとに、肉汁が口いっぱいに広がります。

 メニューにはご丁寧に「骨に沿って、くの字にナイフを入れる」と書いてありましたがガン無視です。お行儀なんて気にしません。野生化してますから。ただただ、肉に歯を立て咀嚼します。

幸せすぎる…(C)コクハク
幸せすぎる… (C)コクハク

 食べかけの写真で失礼いたします。

 ひとかじりしてもまだこんなにお肉が残ってるー。嬉しいなあ。

多彩な味変アイテムに感激

頼もしいラインナップ(C)コクハク
頼もしいラインナップ (C)コクハク

 お肉もそろそろ残りわずか……というところで、味変です。

 サイゼリヤって、味変アイテムがたくさんあるのも魅力ですよね。

ホットソースをこれでもかと(C)コクハク
ホットソースをこれでもかと (C)コクハク

 辛いもの好きの筆者は迷わず、ホットソースをぶっかけます。これがまた、酸っぱさと辛さのバランスが素晴らしいんですよ。お肉にピッタリ!

持ち帰り用の冷凍メニューも

2本入ってるー♡(C)コクハク
2本入ってるー♡ (C)コクハク

 ものの10分ほどで平らげてしまいました。もうちょっと食べたいんだけどな……という筆者の思いが通じたのでしょうか。なんと、冷凍の持ち帰り専用「骨付きももの辛味チキン(2ピース入り/税込980円)」も発売しているんです。神かよ! 迷わずお買い上げしてしまいました。

 肉を食って肉を買って帰る、なんという無限ループなのでしょう。ああ、でも幸せ。品格ある大人女子の皆様も、たまにはサイゼリヤで骨付き肉を思い切り食べて、野生に帰るのもありですよ! (編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


衝撃!「ハッピーターンオレ」を飲んでみた 2022.5.26(木)
 ローソンで衝撃の光景を目にしました。商品棚をカラフルに彩るこちらの商品をよく見ると……。 「ハッピーターンオレ」...
ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...