脱マンネリ! 丸ごとレモンで“レモン湯豆腐”2022.2.10(木)

コクハク編集部
更新日:2022-02-10 06:00
投稿日:2022-02-10 06:00

お気に入りの八百屋さん

ひときわ目を引く建物の正体は八百屋さん!(C)コクハク
ひときわ目を引く建物の正体は八百屋さん! (C)コクハク

 住宅街に突如現れるこちらのなにやらおしゃれなオレンジ色の建物。なんと「青果ミコト屋」という八百屋さんなんです。

 ランニング途中に偶然発見しました。こちらで扱っているお野菜は自然栽培を中心とした新鮮なものばかり。何を買ってもおいしくて、すっかりお気に入りなんです。

あざやかな柑橘類たちよ

柑橘類が大集合(C)コクハク
柑橘類が大集合 (C)コクハク

 先日ぶらりと訪れた際には、ケース一杯にぷりぷりとした柑橘類が並んでおりました。ビタミンカラーの大洪水! 見ているだけで元気になりますね。

 中でも筆者が心惹かれたのが広島県大崎上島産のレモンです。

レモンのふるさと「大崎上島」の思い出

「わたしを食べて」って言ってる(C)コクハク
「わたしを食べて」って言ってる (C)コクハク

 人口約7,500人ほどの小さな離島、広島県の大崎上島は国産レモンの一大産地なんです。数年前に旅行で訪れた際、山の斜面にたくさんのレモンの木が植えられているのが印象的でした。収穫の季節になったらさぞいい香りがするんだろうなあとうっとりしたものです。

 古い町並みが残っていて散策するとタイムスリップしたような懐かしい気持ちに。

 港のベンチでぼんやりとビールを飲んでたら、地元のおばあちゃんが「よかったら、食べんさい」とおせんべいをくださったのもいい思い出。また行きたいなあ。

 レモンといえばなんとなく夏のイメージですが、実は冬の果物。ちょうど今が旬、おいしい盛りです。ここであの島のレモンに出会えたのも何かの縁♡ いそいそと我が家にお持ち帰りです。

レモンを丸ごといただく「レモン湯豆腐」

レモンたっぷり♡(C)コクハク
レモンたっぷり♡ (C)コクハク

 大崎上島のレモンの特徴はなんといっても皮ごと使えること! なので、今夜のメニューは「レモン湯豆腐」に決定です。湯豆腐ってヘルシーな上に、体の芯から温めてくれるので、冬場には重宝するメニューですよね。しかーし、そのシンプルさゆえ、食べ終わることにはちょっぴり飽きてしまうのがネック。

 そんな悩みをカバーしてくれるのがレモンの存在! レモンを加えると、酸味が刺激になってマンネリ感を消しさってくれますよ。しかも、レモンの酸味には、塩味を引き立てる効果があるのだそう。なので減塩も楽々できちゃうんです。アラフォーになるとね、血圧が気になるのよ……。健康第一を痛感するお年頃なんです。

 レモンの皮に含まれるレモンポリフェノールや、レモン果汁のレモンフラボノイドも、血圧の上昇を抑えてくれる働きがあるのだとか。

レモン丸ごと! 「レモン湯豆腐」

【具材】
・絹ごし豆腐 1丁
・しいたけ 2枚
・もやし 1袋
・レモン 1個
・ねぎ 1本

【スープ】
・だし汁 800cc
・薄口醤油 小さじ2
・レモン果汁 大さじ2

【レモンポン酢】
・レモン果汁 大さじ3
・醤油 大さじ3
・みりん 大さじ1
・昆布 3g

【作り方】

(1)【レモンポン酢】を作る。小瓶に材料全てを入れて混ぜ合わせる。1日以上置くとよりおいしくなりますよ。

(2)絹ごし豆腐を食べやすい大きさに切る。ねぎをななめ切りに、しいたけに飾り包丁を入れる。レモンを2~3mm厚の輪切りにする。

(3)鍋に〈スープ〉の材料を入れて中火にかける。

(4)(2)の具材ともやしを入れ温まったらお好みで〈レモンポン酢〉をかけていただく。

万能調味料「レモンポン酢」

余ったレモンも入れちゃいました(C)コクハク
余ったレモンも入れちゃいました (C)コクハク

 湯豆腐もさることながらレモンポン酢もおいしいですよ。1週間ほど冷蔵庫で保存可能なので、湯豆腐以外にもいろんな料理に使えて超便利。焼き魚にじゅわーっとかけてもよし! サラダと和えてドレッシングとして使ってもよし!

 筆者はこのレモンポン酢で納豆を食べるのが好きです。朝イチに食べると気分もしゃっきりするのでオススメですよ。

ご一緒に「塩レモン」もいかがですか?

これでレモンサワーを飲むのだ!(C)コクハク
これでレモンサワーを飲むのだ! (C)コクハク

 さらに塩レモンも仕込みました。ふふふ、これでレモンサワーを作れば宅飲みも充実すること間違いなし。レモンのビタミンCで疲労回復もバッチリよ! お酒を飲んで健康になれるなんて最高かよ。

 まだまだオミクロン株の猛威は収まる気配がありませんが、こんな時こそ、旬のレモンパワーで体の内側から元気に過ごしたいと思います。

(編集K)

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...