これもモヤシ!?「大鰐温泉もやし」でヘルシー常備菜♡

コクハク編集部
更新日:2022-02-01 06:00
投稿日:2022-02-01 06:00
「キング・オブ・もやし」♡ フォトジェニック!(C)コクハク
「キング・オブ・もやし」♡ フォトジェニック! (C)コクハク

 もやしが好きです、好きで仕方がありません。お腹もココロも満たされるおつまみの代表格、焼きそば(時に焼うどん)はほんとーによく作るのですが、その際使う野菜といえば、もやし一択! キャベツや人参、玉ねぎ、キノコ類もいいですが、もやしがあれば、十分、というか、むしろ大満足。一口大に切った豚バラ肉を合わせ、最後に目玉焼きを乗っければ、立派なごちそうの完成です。

 この世に「もやし」があってよかった……と、しみじみと思う今日この頃ですが、昨年末から、チョー偏愛しているもやしがあるので、ご紹介させてください。

「大鰐温泉もやし」って読める?

見るからに栄養がありそうじゃないですか?(C)コクハク
見るからに栄養がありそうじゃないですか? (C)コクハク

「大鰐温泉もやし」と書いて、「おおわにおんせんもやし」と読む。津軽の奥座敷といわれる大鰐町の特産品で、350年以上前から栽培されていたともいわれる津軽伝統野菜のひとつなんです。

 実は大鰐温泉もやしを目当てに、現地まで食べに行ったことがありまして。東京から東北新幹線に乗り、新青森駅で在来線に乗り継ぎ、40分かけて大鰐温泉駅へ。ええ、それなりに時間がかかりました。

 がしかーし、販売店を数軒回るも「きょうは入荷がないのよ~」と言われ、撃沈……。数年前からテレビ番組などでもちょくちょく取り上げられていて、ここ最近は、人気が急上昇。現地でも希少性の高い、なかなか買えない商品となられておられます。

東京・飯田橋のアンテナショップで買える!

現地の山崎食堂で食べた「元祖 おおわに温泉もやしラーメン」(750円)。こちらも入荷状況次第では提供していないそうですが、無事においしくありつけました!(C)コクハク
現地の山崎食堂で食べた「元祖 おおわに温泉もやしラーメン」(750円)。こちらも入荷状況次第では提供していないそうですが、無事においしくありつけました! (C)コクハク

 そんな大鰐温泉もやしですが、東京・飯田橋にあるアンテナショップ「あおもり北彩館 東京店」では定期的に入荷があるというではないですか……!

 店員さんによると、毎週金曜日の15時頃に入荷予定とのこと。1束519円。なかなか、いやかなり、高級なもやしサマとなりますが、堂々たる見た目と力強い風味はまさに「キング・オブ・もやし」!

「大鰐温泉もやし」丸ごとおひたしのレシピ

漬け汁の配分は覚えておくと便利。いろいろな野菜のおひたしに使えます!(C)コクハク
漬け汁の配分は覚えておくと便利。いろいろな野菜のおひたしに使えます! (C)コクハク

【材料】
・大鰐温泉もやし…1束
・だし汁…500cc
・薄口醤油…大さじ1.5
・塩…小さじ1

スパゲティ―、ちゃうよ(C)コクハク
スパゲティ―、ちゃうよ (C)コクハク

【作り方】

(1)だし汁、薄口醤油、塩を保存容器に合わせておく。

(2)鍋にたっぷりのお湯を沸かし、豆のついたほうを先に入れ、1分ほど加熱。しばらくしてから全体を入れ、さらに1分ほど茹でる。

(3)水に取って冷まし、水気を切って、①の中に浸し、冷蔵庫で一晩、なじませる。

(4)食べやすいよう適当な長さに切り、器にだし汁とともに盛り付けて、出来上がり。

根っこまで愛して

お出汁も一緒に盛り付けて(C)コクハク
お出汁も一緒に盛り付けて (C)コクハク

 おひたしにすれば常備菜として日持ちしますし、小出しでチビチビ食べられるので(笑)、至福度&満足度ともにグンと上がります。

 根っこも捨てずに、丸ごと食べるのが“鉄則”。豆もやしともセリとも異なる滋味深さ。気になったかたは、是非一度、お試しください。

 こちらでも紹介記事を書いております。それほど、虜なのです。よろしければ、合わせてご一読ください。

(編集O)

「あおもり北彩館 東京店」
address:東京都千代田区富士見2-3-11

関連キーワード

フード 新着一覧


ブーム到来!「オルソー」の台湾ワンタン♡ 2022.5.24(火)
 台湾ブーム、本格到来!? 最近巷では、台湾フードの本格的な風が吹いているようです。  台湾カステラの“元祖大本命...
「とろける湯豆腐」ひとつまみの“重曹”で絹ごしが高級な味に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「鶏ひき肉の餃子」お肉と長ネギだけ!ニンニク無でさっぱり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「干しダラのきんぴら」常備菜の代表格を酒好きが作ったら…
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・五反田の隠れ家的居酒屋「和風ダイニングTa...
「キノコ入りTKGと味噌汁」食感とコク、最強の卵かけご飯!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのピクルス」上品な酸味が白ワインと相性◎
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのカツ」サクサク&ジューシーの秘密は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「マッシュルームのラクレット焼き」きのこ×チーズ、最強!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
「ひらひらマッシュルームサラダ」スライサーでアッという間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神宮前のマッシュルーム専門店「マッシュルー...
【KALDI】“ぬって焼いたらメロンパン” 実食 2022.5.6(金)
 世の中の食いしん坊のハートをがっちり掴んで離さない輸入食品店「カルディ」。色とりどりのおいしそうな食品たちに目を奪われ...
「あかね和牛モモ肉のビステッカ」トースターで焼くのがコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「真鯛のミラノ風カツレツ」溶き卵+粉チーで一気にプロ級!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「瀬戸内レモンのクリームソーススパゲティ」ゆで方は4分の3
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「新玉ネギと野菜のピクルス」最強常備菜、作るなら今でしょ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・南青山のイタリア料理店「ドメニカ・ドーロ」...
「牛タンの塩糀漬け」アレンジ無限大!驚くべき“こうじ”の力
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...
「モモ肉の昆布締め」特売品&冷蔵庫の片付けにもなるなんて
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は兵庫県・神戸市のこだわりの焼き肉店「くだん」の岩...