うっかりポチっ! 職場LINEに誤送信した時のごまかし方5選

コクハク編集部
更新日:2022-02-13 06:00
投稿日:2022-02-13 06:00
 最近では、職場での連絡にLINEを使っている人が増えていますよね。でも、そんな職場LINEだからこそ、プライベートなLINEと間違えて恥ずかしい内容を誤送信してしまう人も多発しているようです。そこで今回は、職場LINEに誤送信してしまった時のごまかし方を5つ、ご紹介します!

送信しちゃった! 職場LINEに誤送信した時のごまかし方

1. 友達を利用してごまかす

 ひとつ目にご紹介するのは、「友達にアドバイスしたふう」を装うテクニック。たとえば、不倫相手に送ったつもりの誤送信LINE。完全に察している様子の返信が来ていますね……。こんな時には、「実は友達から相談を受けていて、返信例として送ったんです」と、ごまかしてみましょう。

 正直言って多くの場合、嘘だと感づかれてしまうでしょうが、鈍感な人なら「そっか!」と騙されてくれるかもしれません! ダメ元で試してみるのもひとつの方法です!

2. スタンプでごまかす

 可愛くスタンプでごまかすという方法もあります。こちらの女性は、職場LINEに「ママ、今日仕事休むから、電話がかかってきたら寝てると伝えて」と送ってしまい、すかさずバレてしまいました。こんな時は、ほっこりする可愛い系のスタンプを送ってみましょう(笑)。

 普段のキャラ作りで効果の出方は変わってきますが、人によっては「まったく◯◯さんは!」と笑って許してくれることもあるかもしれません……! 一か八かの勝負、勇気がある人はぜひ試してみてください!

3. 精神不安定を装ってごまかす

 精神不安定を装って、相手にそれ以上突っ込ませないという方法です。こちらの女性、「昨日は一晩中一緒にいられて嬉しかった♡」と夜の生活を連想させる内容を、なんと職場LINEに送ってしまいました。

 そんな時には、まずは誤送信してしまったことを嘆き悲しむ様子を思い切りアピールして、自分を責めているふうの文章を送ってみましょう。暗く重たい自虐的な文章から、「これ以上突っ込まないほうがいいかも……」と思ってもらえるかもしれません。

4. 気付いていないフリをしてごまかす

 気付かないフリをしてごまかす方法もあります。たとえば、無駄な会議について愚痴っている内容を、職場LINEに送信してしまったこちらの女性。まるで嫌味のように、職場の人から資料作成をお願いされてしまいました。

 こういった嫌味混じりの返信には、まったく誤送信に触れずに返信してみましょう。「承知しました! 資料はもう終わっているので、チェックお願いします!」と、やる気を見せると、よりGoodです。相手もあなたのやる気と、何事もなかったかのような空気に押されて、「さっきのLINEですが……」なんて言い出せなくなるでしょう(笑)。

5. 冗談のフリをしてごまかす

 時には、笑ってごまかすのもありでしょう。こちらのLINEでは、「まじで仕事やめたい! いい転職サイト知ってる?」と、職場の人に誤送信してしまったもの。それに対して、すかさず「誤送信ですよ」と返信が来てしまいました。

 こんな時には、「誤送信ではなくて、転職サイトのCM見てたので送ってみました」「突然冗談で入れたら面白いかなと思ったけど……、ダメでした?」と、あくまで冗談だと貫き通してみましょう。さらに、てへぺろ系のスタンプを入れれば完成です。きっと、相手も笑って流してくれるかも!?

職場への誤送信LINEはごまかし方より慎重に送るほうが大事

 職場LINEに誤送信してしまった時のごまかし方をご紹介してきましたが、どれも胸が痛くなるようなごまかし方でしたね……。正直に申し上げると、ごまかし方を学ぶよりも、慎重に確認してから送信することのほうがよっぽど大切です!

 それでも、誤送信を繰り返してしまう時には、ぜひこの記事にあるようなふざけたごまかし方で、一か八か空気を楽しく変えてしまうのもありかも!? 判断は、皆さんにお任せします(笑)!

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


“たまたま”撮影には動体視力が必須!瞬きする暇もないんです
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...