憧れの“ハンサム女子”になるには?意識したい7つのポイント

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-03-07 06:00
投稿日:2022-03-07 06:00
 凛としてかっこいい「ハンサム女子」は、性別問わず憧れの存在。そんなハンサム女子に密かに憧れを抱いている人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、ハンサム女子になるために意識したい7つのポイントをご紹介します。
「ハンサム女子になりたい!」と思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

“ハンサム女子”になるには? 外見の特徴を押さえよう♡

シンプルさが潔い!(写真:iStock)
シンプルさが潔い! (写真:iStock)

 ハンサム女子になるには、外見の特徴をしっかりと把握しておく必要があります。まずは、ファッションやメイクなど、ハンサム女子の見た目の特徴をチェックしていきましょう。

1. 盛りすぎないナチュラルメイク

 ハンサム女子のメイクは、盛りすぎないナチュラルメイクが基本です。自分の顔の特徴を上手に活かしたメイクで、つけまつ毛やカラコンなどはほとんど使用しません。

 また、スキンケアに強いこだわりを持っている人が多く、美肌が多いのも特徴のひとつ。男性っぽい部分と女性らしい部分のギャップが、周囲の人を魅了する理由なのかもしれませんね。

2. シンプルなファッションなのにオシャレ

 シンプルなファッションなのにオシャレに見えるのも、ハンサム女子の特徴です。

 定番のアイテムを使うことが多いようですが、トレンドもしっかりチェックしているため、こなれ感のある仕上がりに。自分に似合うファッションを知り尽くしているのも、ハンサム女子ならではの特徴だと言えるでしょう。

3. スタイル美人が多い

 自分に対して厳しい一面のあるハンサム女子は体型維持に気を使っているため、スタイル美人が多い傾向があります。

 見た目はもちろん、ストイックに自分をキレイに保とうとする一面を見て「かっこいい」と憧れてしまう女性も多いのではないでしょうか。

“ハンサム女子”のようにかっこいい性格になる4つのポイント

ブレない強さを持とう(写真:iStock)
ブレない強さを持とう (写真:iStock)

 周囲から憧れられるハンサム女子になるには、内面から「ハンサム」になることも必要です。続いて、ハンサム女子のようなかっこいい性格になるために意識したい4つのポイントを見ていきましょう。

1. 人の意見に流されない

 ハンサム女子になるために意識したいのが、人の意見に流されないことです。

 人によって意見を変えたり、機嫌をとったりせず、なにがあってもブレない自分の芯を持っているからこそ、ハンサム女子は周囲の人から信頼されて頼られる存在になるのでしょう。

2. 感情のコントロールができるようになる

 感情のコントロールが上手にできることも、ハンサム女子の性格の特徴です。たとえ思い通りにならないことがあっても、イライラを表に出すことはありません。

 ハンサム女子と言われる女性がいつもクールでいられるのは、常に自分の感情をコントロールできているからでしょう。

3. どんなことにも一生懸命取り組む

 ハンサム女子は、どんなことにも手を抜かず一生懸命に取り組みます。そのため、仕事でも周囲からの信頼が厚く、責任のある仕事を任されることも多いです。

 たとえ面倒に感じることでも、真面目に取り組むようにしてみましょう。すぐに結果は出なくても、意識して行動するだけで少しずつ変わってくるはずですよ。

4. 聞き上手になる

 人から頼られるハンサム女子は、聞き上手な姉御肌タイプで、性別問わず相談を持ちかけられることが多い傾向があります。

 誰かと一緒にいるとつい自分の話をしたくなってしまいますが、ハンサム女子を目指すなら、聞き上手になることを意識してみましょう。

ハンサム女子になるには日々の努力が必要不可欠!

憧れのハンサム女子になれるかな?(写真:iStock)
憧れのハンサム女子になれるかな? (写真:iStock)

 ハンサム女子には、見習うべきことがたくさんありますよね。しかし、最初からすべてを取り入れるのは至難の業。ハンサム女子になるには、日々の努力が必要不可欠なのです。まずは自分にできることから少しずつはじめて、自分らしいハンサム女子を目指してみてくださいね♡

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...
VIO脱毛のきっかけとメリット もじゃもじゃの自己処理から卒業したい!
 VIO脱毛は、ほかの部位と比べてハードルが高いと感じますよね。実際にVIOの脱毛をしてみたいけれど、なかなか勇気が出な...
湿気で髪が制御不能! 梅雨入り前に対策したい3つのこと&応急処置
 梅雨の季節の悩み事といえば、髪の毛のうねりや広がりですよね…。特に、癖っ毛や天然パーマ、猫っ毛の人は激しく共感している...
ファンデ不要?「プリマヴィスタの下地」だけ。40代10時間耐久の結果は
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
毛穴の黒ずみを抹殺したくてVOCEの付録にダイブ!高額美容液がめちゃ得
 毛穴が気になっていたので、VOCE7月号 通常版「毛穴ケア決定版BOX」の付録に飛びつきました! いろいろな種類のアイ...
雨の日のアホ毛どう封印? バックに忍ばせたいスティックと“最後”の対策
 梅雨の季節ですね…。湿気で髪の毛がうまくまとまらない日々が続くので、女性にとっては憂鬱なことこの上なし。特に、アホ毛に...
品薄なヴァセリンパック。試しにバームを直塗りしたら“ギョッ”な事態に…
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
BAの接客が苦手ですが何か?エトヴォス新作アイシャドーで意外なアプデ
 久しぶりにアイシャドーを新調しました。気になっていたETVOS(エトヴォス)のミネラルウォータリーシャドーです。 ...
40代、黒いおりものに不安MAX!もしや病気?薬剤師監修の原因と対策
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
“スキンケア迷子”必見! 更年期のワガママ肌へのご自愛ブランド3選
 40代、50代と年齢を重ねるに従って、避けて通りにくいのが更年期のあれこれ。悲しいことにお肌の状態も、体調次第で左右さ...
鏡が恐怖!白髪染めの色落ちにゲンナリ、1日でも長持ちさせるセルフケア
 40代といえば、白髪が気になる年代。白髪は染めても数週間も経てばすぐに色落ちしてくるのでげんなりしますよね…。何回も繰...
「白Tシャツの捨て時わからない」問題ついに解決!黄ばみ&ヨレの改善法
 清潔感があり、いろいろなコーディネートに着回しができる白Tは、毎日の着こなしに重宝しますよね! でも、いつも迷ってしま...
これはバグですか?美STの付録価格がお得すぎ。6,200円→1,480円とな
『美ST』6月号 特別版の付録は「ラブミータッチ スキンバリアナノミルク」の現品と、話題の微弱電流マスク「GENiS イ...
Tバックを試したい!意外と知らない種類&男性からの好感度5つ星評価
 40代になったら一度は試してみたいTバック! Tバックは大人の女性の魅力を引き立てて、男性からの好感度をアップするだけ...