3分で作れて激安「貝柱のずんだ和え」 味付けで西洋風にも

コクハク編集部
更新日:2019-05-18 05:29
投稿日:2019-04-05 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・向島の老舗料亭「櫻茶ヤ」の添野光二さんに、3分でサクッと作れて失敗しない「貝柱のずんだ和え 」のレシピを教えていただきました。

ホタテと枝豆で相性バッチリ

合うお酒=冷酒、白ワイン/(C)コクハク
合うお酒=冷酒、白ワイン /(C)コクハク

 ユネスコの無形文化遺産に登録され、外国でも「和食」がブームになっています。老舗料亭の「櫻茶ヤ」にも、外国人の客が数多く食べに来るそう。ただ、外国人に日本料理の本質を分かってもらうのは、そう簡単ではないようです。

「外国人にとっての日本料理はどうしても、寿司、天ぷら、すき焼き、ラーメンになってしまいます。外国の方に料理を出す時は、エビならエビ、魚なら魚と、なるべく形のあるモノにしています。エビしんじょのように、形が変化したモノは好まないように感じます。それと、西洋人は骨格が違うのか、食感が柔らかいモノはあまり好きではないようですね」

 この「貝柱のずんだ和え」が、ビックリ仰天なのは、3分で作れるだけでなく材料費が激安なことです。

「枝豆は冷凍モノで構いませんし、ホタテの缶詰もすでにほぐされているものなら安いですよ」

 茹でた枝豆を包丁で細かく刻み、ホタテと和え、醤油を2、3滴たらせば完成です。

 もともと、うま味の強いホタテです。マズイはずがありません。柔らかい食感のホタテと歯ごたえのある枝豆の組み合わせがバツグン。白と緑の色合いもいいです。日本酒をチビチビやるのにピッタリで盛り付けを変えれば、西洋料理に早変わりするそうです。

「貝柱のずんだ和えを平らに敷き、真ん中にスモークサーモンをのせ、オリーブオイルをかければ、立派な料理になります」

 外国人の友人を自宅に招く時は、こちらのバージョンにしましょう。

【材料】

・貝柱水煮缶
・枝豆
・薄口醤油
・ゆずこしょう

【作り方】

1. 茹でた枝豆の薄皮を剥ぎ、包丁でみじん切りにし、薄口醤油と塩で下味をつける
2. 缶詰の貝柱をほぐす
3. 1と2を和え、アクセントにゆずこしょうを加える

本日のダンツマ達人…添野光二さん

▽そえの・こうじ
 栃木県出身。58歳。調理科のある高校を卒業後、上京。五反田の割烹を振り出しに京都料理の店、新潟料理の店、ホテルなど日本料理店で修業。

▼櫻茶ヤ
 昭和8年創業。いまも芸者を残す都内随一の料亭街である墨田区向島で4代続く老舗の料亭。一歩、中に入ると、多くの文化財や絵画、陶器、掛け軸が飾ってあり、別世界。最近は外国人客も来店している。
墨田区向島5―24―10 ℡03・3622・2800

(日刊ゲンダイ2017年9月14日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「マッシュルーム、トマト、チーズのホイル包み」肉厚が最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
プリプリでしょっぱ美味!「玉こんにゃく」熱々でも冷めても
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・御茶ノ水の「麺ダイニング ととこ」の菅原...
京都の「餅菓子」4選。2021.12.4(土)
 12月の京都は風情があって魅力的。冬にかけて旅行を計画している方も少なくないと思います。京都にはおいしい食べ物がたくさ...
相性は立証済み「カレースパイス風味の鳥ハム秋りんご添え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
焼いた餅にサンド「からすみ餅」甘味と塩辛さのハーモニー
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
プロの味に近づける「小松菜と油揚げ、えのき茸のおひたし」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
一度食べると病みつきになる!「カニ味噌レーズンバター」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
風味引き立つ「甘エビの魚醤漬け」翌日の朝食に使う裏ワザも
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、東京・本所吾妻橋の「割烹 船生」の船生宜之さん...
お寿司とお酒の楽園「独楽寿司」レポ 2021.11.26(金)
 寿司をツマミに酒を飲む――。THE大人!って感じで憧れます。しかしながら、筆者の少ないお給料では、そうそうできることじ...
「鶏肉の紹興酒漬け」茹で鶏が紹興酒でバージョンアップ!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
手軽に本格的な味「台湾甘酢漬け」優しい甘みと柔らかな酸味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
アボカドも一緒に揚げる「エビとアボカドのマヨネーズ和え」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
夜市の定番「台湾風ネギ卵焼き」お酒のアテや豪華なおかずに
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
地味だけど美味!ブロッコリーのパスタ 2021.11.20(土)
 晩秋から3月ごろまで国産ものが多く出回るブロッコリー。買い物に出かけ、粒がぎっしり詰まってみずみずしい“上物”を見つけ...
「客家式ピータン豆腐」ピータンのコクと豆腐の甘味が一体に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は、北海道・札幌の「台湾小籠湯包 ファンズ・マルヤ...
“ふわふわ系”グミ7種を食べ比べ 2021.11.18(木)
 コンビニやドラックストアで購入できる「グミ」。SNSで空前の“グミブーム”が到来していることもあり、種類も豊富な印象で...