“恋愛の駆け引き”本当に必要?嫌われる&ウザい女を回避する

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-03-27 06:00
投稿日:2022-03-27 06:00
「恋愛には駆け引きが有効」と思っている女性は多いでしょう。でも、実際には駆け引きをしたことが逆効果となり、嫌われてしまうケースもたくさんあるようです。そこで今回は男性に嫌われる駆け引きの共通点や、駆け引きを成功させるためのポイントをご紹介します。

男性に嫌われる!? 逆効果になる駆け引きの共通点5つ

その駆け引き、ウザがられてるかも?(写真:iStock)
その駆け引き、ウザがられてるかも? (写真:iStock)

 今、恋の駆け引きを仕掛けようとしている女性は、少し立ち止まってみてください。その言動は、もしかしたら男性に煙たがられ、嫌われてしまうかもしれません。まずは、逆効果になりかねない駆け引きの共通点を見ていきましょう。

1. そもそもタイプの女性ではない

 駆け引きの成否に大きく影響を与えるのが、「自分が彼にとってタイプであるかどうか」です。

 つまり、男性側が女性に興味を持っている場合は、駆け引きをされた時に追いかけたくなるかもしれませんが、興味を持たれていない場合は、残念ながら、何の効果もない可能性があるでしょう。

2. 駆け引きがしつこい

 どんなに効果的な駆け引きでも、しつこすぎると多くの男性は引いてしまいます。冷たくし続ける、ほかの男性と仲良くし続けるなどの“うざったい”行動は失敗のもと。

 恋の駆け引きには、思わせぶりをする“押しの行動”と、追わせたくなる“引きの行動”のバランスが重要でしょう。

3. 駆け引きの行動に普段とのギャップがない

 駆け引きの多くは、好意を見せていたのに突然冷たくする、いつも強気なのに涙を見せるなど、普段との「ギャップ」を利用したやり方です。

 そのため、もともとクールな女性が駆け引きとして冷たい態度をとっても、あまり効果がありません。ただ「冷たい女性だな」と思われて、終わりになってしまうのです。

4. 軽い女と思われる行動になっている

 駆け引きの中には、ボディタッチやゴミをとるフリをして顔を近づけるなど、セクシー路線で男性の心を動かすものもありますよね。

 でも、こういった駆け引きをするなら加減が大切。一歩間違えると、「軽い女性」と思われてしまい、恋愛対象外になってしまうこともあるので、要注意です。

5. 本心ではない言葉で相手を試している

 いくら駆け引きをするといっても、本心ではない言葉を使ってしまうと失敗に終わりがち。たとえば、好きなのに「タイプじゃない」と言ってみたり、本命は彼なのに別の男性を「気になる」と言ってみたり……。

「本音はどう思っているんだろう?」と心を揺さぶる駆け引きは有効ですが、言葉ではっきり伝えてしまうとそのまま受け取られ、相手はほかの女性のほうを向いてしまうでしょう。

嫌われる駆け引きを避ける! 2つの成功ポイント

相手の距離感を見極めて(写真:iStock)
相手の距離感を見極めて (写真:iStock)

 恋愛経験が少ない人や相手の気持ちを察するのが苦手な人ほど、駆け引きで失敗しやすい傾向にあります。そこで、押さえておきたい2つの成功ポイントをチェックしておきましょう。

距離感を常に考える

 恋の駆け引きを成功させるためには、相手との距離感を察して、臨機応変に駆け引き内容を変える必要があります。常に「今、相手はどのくらい自分に興味を持っているか?」を意識することが、駆け引き成功のポイントになります。

駆け引きはスパイス程度に

 明らかに脈ありだと感じるのであれば、正直な気持ちを伝えたほうが彼と両思いになりやすいです。

 もし駆け引きを使うなら、脈ありなのに男性側がなかなか行動に出てくれない時だけにするのがポイント。時々、スパイス程度に使うことで、はじめて駆け引きの効果が発揮できるのです。

駆け引きで嫌われるくらいなら素直にアタックしてみよう

はっきり思いを伝えたほうが◎(写真:iStock)
はっきり思いを伝えたほうが◎ (写真:iStock)

 恋の駆け引きは、恋愛経験の少ない人にとっては使いこなすのが難しいテクニック。「恋の駆け引きが得意!」という人以外は、素直にアタックしたほうが成功率が高いかもしれません。ぜひ、あなたに合った方法で恋を成就させてくださいね♡

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ