バツ1同士の安定婚から一転 ヒモ化した41歳夫に愛想尽かす妻

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-26 06:00
投稿日:2022-03-26 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな男女の“冷酷”“激情”のあいだを垣間見るエピソードをお届けします。

安定した結婚生活のはずが…

夫がヒモ化する非常事態(写真:iStock)
夫がヒモ化する非常事態 (写真:iStock)

 37歳の優奈さん(仮名)は、4歳年上の夫・タカユキさん(仮名)とふたり暮らし。お互いに婚歴があり、再婚によって結ばれました。大恋愛ではなかったものの、仕事の業界が近く、共通の話題にも事欠かない関係だったことから「安定した結婚生活を送ることができそう」と感じたのが結婚の決め手だったと優奈さんは言います。

「でも、予想もしなかったことが起こって、本当に困っているんです。

 それは、夫が結婚してから時間が経つにつれて、仕事への意欲を失い、ヒモみたいな生活を送っていることです」

 現在、優奈さんは再婚2年目。1年目の終わり頃から夫が仕事に行ったり行かなくなったりの日々が始まり、そんな勤務態度だった夫は勤務先を解雇されてしまったといいます。しかし技術者であったことから業務委託契約で、それまでの職場で働き続けているそうです。

「フリーランスなんだから」の言い訳にうんざり

ますます働かなくなって…(写真:iStock)
ますます働かなくなって… (写真:iStock)

「業務委託になって、余計に仕事をしなくなりました。私から夫に『もうちょっとちゃんとして?』って話をしても『会社員じゃなくフリーランスなんだから、好きにさせて』と返ってくるだけ。

 夫はフリーランスになってから収入が下がり、今では同世代の同業者と比べると半分程度の収入しかありません」

 夫の収入が下がってからは、妻の収入をメインに家計をやりくりするしかなく、優奈さんは「うんざりしている」と言います。

「それでいて、夫は家のことも何もしないんです。週の半分は家にいますが、ただただ昼寝をしてテレビを見て、ご飯を食べて寝る……という生活。もともと社交的な性格ではないので、どこかに出かけたがることもありません。

 重いものを買うときには買い物についてきてくれますが、ぶっちゃけた話、夫の存在意義って今となってはそのくらいしかなくて、こんな結婚生活を続けていていいのだろうか……と考えてしまっています」

妻の収入でやりたい放題…このまま養い続けるの?

家族カードでやりたい放題(写真:iStock)
家族カードでやりたい放題 (写真:iStock)

 収入が低下したことでクレジットカードは優奈さんの家族カードを使っているタカユキさん。最近では、妻に断りもなくサブスクの登録をしたりネットでゲームを買ったりと“やりたい放題”なことも、優奈さんには気がかりです。

「もともと私は、喧嘩とか口論とかが苦手なタイプ。だから、家庭内でもなるべく波風を立てたくないんですよね。

 それで、夫が好き放題にしていても、できるだけ我慢をして文句を言わないようにしてきました。

 ところがやっぱり最近は、目に余るものがあるなぁと思って……。こんな生活をいつまで続ける気なのか、彼の本心を知りたいですよね。

 実は、義母にもそれとなく相談をしましたが、まったく親身になってくれず、途方に暮れています。このまま私が夫を養い続けなくてはいけないのでしょうか……」

 実は夫のタカユキさんには、妻にも話していない複雑な本音を隠していました。いったい夫は、どうしてこんな生活を続けているのでしょうか?

 次回に続きます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「趣味はなに?」と男性から聞かれた!万人受けするモテ回答
 社会人になると、なぜか聞かれる定番の質問。 「趣味は何ですか?」と聞かれたら、特に趣味がないと回答に困りますよね。ま...
若林杏樹 2022-05-25 06:00 ラブ
几帳面男性=優良物件! 彼氏にピッタリな5つの“花丸”な特徴
 恋愛をするうえで、相手がどんなタイプなのかは気になるもの。最初から、恋愛向きではないと分かれば、早い段階で諦められるた...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
失恋から立ち直るための“魔法の言葉”5つ つらい時こそ読んで
 失恋をしてしまった時のダメージって、大きいですよね。なにも手につかなくなったり、未練が残って次の恋に踏み出せなかったり...
恋バナ調査隊 2022-05-25 06:00 ラブ
えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ