再婚はバツ1限定! 働きたくないから甲斐性ある妻を狙った夫

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-26 06:00
投稿日:2022-03-26 06:00
冷酷と激情のあいだvol.83〜女性編〜」では、再婚した夫が仕事に意欲を見せず、収入が低下していることに苦しむ妻・優奈さん(仮名・37歳女性)の不満をお届けしました。
 ところが夫であるタカユキさん(仮名・41歳男性)は、この事態については「計画通り」だと満足しているようなのです。いったいどういうことなのでしょうか。

働くのが嫌いなんです

計画通り♪(写真:iStock)
計画通り♪ (写真:iStock)

「僕、働くのが嫌いなんですよね。人付き合いも好きじゃないし、できることなら家で一日中ゴロゴロして、最低限の生活が送れれば満足です。

 でも、前回の結婚ではそういう夢を実現したいっていう僕と、それじゃあ困るっていう妻とで未来が描けなくなって。それで離婚をしました」

 離婚後には、ひとりで生活を送らなくてはならなくなったことから「とりあえず人並みに仕事をした」と言うタカユキさん。

 しかし優奈さんという再婚相手を見つけたことで、タカユキさんは自分が理想とする働き方を手に入れるチャンスを得たと感じています。

養ってくれる妻には尊敬と愛情

妻の収入だけで全然大丈夫(写真:iStock)
妻の収入だけで全然大丈夫 (写真:iStock)

「今の妻と出会った時に、この人なら僕を養えそうだなと思ったのが、結婚を決めた理由です。愛情ですか? もちろん、ありますよ。僕を養おうとしてくれる女性に対しては、尊敬と愛しかありませんよ。

 妻は、それなりに収入があるので、僕が働かなくても夫婦ふたりなら十分に暮らせます。まぁ、贅沢はできませんけど、僕はもともと贅沢が苦手なので問題なし。

 妻と入籍して少し経ったときに、正社員として働くのは辞めて、それまでの職場で業務委託で契約してもらいました。

 おかげで自分の好きなペースで働けますし、約束したことだけ期日までにやっておけばいいので、僕はやっと理想の生き方を手に入れることができて満足です」

 妻が自分に対して不満を抱いているのは「理解はしている」とのこと。しかし「変えるつもりはないですし、再び正社員できちんと働けと言われても無理です」と、タカユキさんは言い切ります。

開き直りの先にある夢とは

猫と一緒にゴロゴロ過ごすのが夢(写真:iStock)
猫と一緒にゴロゴロ過ごすのが夢 (写真:iStock)

「だから、妻には僕がこういう人間だということを理解してもらいたいですよね」と、ある意味で“開き直り”とも受け取れる口調で話します。

「それに……、僕たちはお互いに再婚同士だから、今回は前回よりも離婚へのハードルが高いはずです。だから妻も、バツが増えるくらいならこのままでいいかなって思ってくれるんじゃないかなって気がしますね。これも今回の結婚を決めるにあたっては重要な部分でした。

 それとね僕、もうひとつ夢があるんですよ。家でゴロゴロ過ごせるようになったら猫を飼いたいなってずっと思っていました。今の家は妻が僕と結婚する前に買ったマンションですけど、ペットOKなんです! だからそろそろ、こっちの夢も叶いそうだなぁとワクワクしているんです。

 40歳を過ぎてようやく、自分の理想とする生き方を手に入れることができましたよ。夢って願い続ければ叶うって聞くけれど、本当ですね」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼から愛され続ける究極の方法は…“インフラ的な存在”になる
 パートナーのことが好きであればあるほど、彼にとっての一番大切な存在になりたいですよね。 「元カノや、他の女性に目移り...
若林杏樹 2022-10-05 06:00 ラブ
えぐ!鬼嫁の仰天インスタ3選 夫婦喧嘩のスクショをガチ投稿
「鬼嫁」と呼ばれる女性の中にはSNSでも、その鬼嫁っぷりを惜しげなく露呈している人もいるようです。  一方、“いい奥さ...
並木まき 2022-10-05 06:00 ラブ
体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ