再婚はバツ1限定! 働きたくないから甲斐性ある妻を狙った夫

並木まき ライター・エディター
更新日:2022-03-26 06:00
投稿日:2022-03-26 06:00
冷酷と激情のあいだvol.83〜女性編〜」では、再婚した夫が仕事に意欲を見せず、収入が低下していることに苦しむ妻・優奈さん(仮名・37歳女性)の不満をお届けしました。
 ところが夫であるタカユキさん(仮名・41歳男性)は、この事態については「計画通り」だと満足しているようなのです。いったいどういうことなのでしょうか。

働くのが嫌いなんです

計画通り♪(写真:iStock)
計画通り♪ (写真:iStock)

「僕、働くのが嫌いなんですよね。人付き合いも好きじゃないし、できることなら家で一日中ゴロゴロして、最低限の生活が送れれば満足です。

 でも、前回の結婚ではそういう夢を実現したいっていう僕と、それじゃあ困るっていう妻とで未来が描けなくなって。それで離婚をしました」

 離婚後には、ひとりで生活を送らなくてはならなくなったことから「とりあえず人並みに仕事をした」と言うタカユキさん。

 しかし優奈さんという再婚相手を見つけたことで、タカユキさんは自分が理想とする働き方を手に入れるチャンスを得たと感じています。

養ってくれる妻には尊敬と愛情

妻の収入だけで全然大丈夫(写真:iStock)
妻の収入だけで全然大丈夫 (写真:iStock)

「今の妻と出会った時に、この人なら僕を養えそうだなと思ったのが、結婚を決めた理由です。愛情ですか? もちろん、ありますよ。僕を養おうとしてくれる女性に対しては、尊敬と愛しかありませんよ。

 妻は、それなりに収入があるので、僕が働かなくても夫婦ふたりなら十分に暮らせます。まぁ、贅沢はできませんけど、僕はもともと贅沢が苦手なので問題なし。

 妻と入籍して少し経ったときに、正社員として働くのは辞めて、それまでの職場で業務委託で契約してもらいました。

 おかげで自分の好きなペースで働けますし、約束したことだけ期日までにやっておけばいいので、僕はやっと理想の生き方を手に入れることができて満足です」

 妻が自分に対して不満を抱いているのは「理解はしている」とのこと。しかし「変えるつもりはないですし、再び正社員できちんと働けと言われても無理です」と、タカユキさんは言い切ります。

開き直りの先にある夢とは

猫と一緒にゴロゴロ過ごすのが夢(写真:iStock)
猫と一緒にゴロゴロ過ごすのが夢 (写真:iStock)

「だから、妻には僕がこういう人間だということを理解してもらいたいですよね」と、ある意味で“開き直り”とも受け取れる口調で話します。

「それに……、僕たちはお互いに再婚同士だから、今回は前回よりも離婚へのハードルが高いはずです。だから妻も、バツが増えるくらいならこのままでいいかなって思ってくれるんじゃないかなって気がしますね。これも今回の結婚を決めるにあたっては重要な部分でした。

 それとね僕、もうひとつ夢があるんですよ。家でゴロゴロ過ごせるようになったら猫を飼いたいなってずっと思っていました。今の家は妻が僕と結婚する前に買ったマンションですけど、ペットOKなんです! だからそろそろ、こっちの夢も叶いそうだなぁとワクワクしているんです。

 40歳を過ぎてようやく、自分の理想とする生き方を手に入れることができましたよ。夢って願い続ければ叶うって聞くけれど、本当ですね」

 ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。ましてや交際前の男女となれば、なおのことです。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ