離婚して3年、幸せなシングルマザーがいてもいいじゃない!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-04-01 04:46
投稿日:2022-03-29 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

やっぱりシングルマザーはかわいそうじゃない

シングルマザーはかわいそうじゃない(イラスト:こばやしまー)
シングルマザーはかわいそうじゃない (イラスト:こばやしまー)

「シングルマザーはかわいそう?」というテーマで、この連載を書きはじめた半年前。半年経った今も、私は「かわいそうじゃない」と思えます。

 心がざわつくことは相変わらずあります。どこかのパパ+ママ+子供でいる普通の家族を見た時に。息子の行事に1人で参加する時に。面会日、分かれ道まで息子を真ん中にして3人で手をつなぐ時に。息子が巣立ったあとの自分の人生を考える時に。

「どうして離婚したんだっけな」と、ふと考えることもあります。不毛だと思いつつも息子への申し訳なさだったり、単なる不安だったりは、ふと顔を覗かせるものです。

 離婚直後はそんな“過去”に悩まされて、どよーんとした気持ちが続いたりもしました。でも、今は“どこが未来か”を意識することで「これがベストだった!」と、一瞬で“今”に戻ってこられます。

 いろいろ入り組んだはずの元夫への気持ちはもはや“無”となりましたが、でも「あの人がいなかったら息子はここにいないんだ」と思うと、やっぱり感謝できますね。

私も息子もレベルアップしていく

だんだんとたくましくなるものです(写真:iStock)
だんだんとたくましくなるものです (写真:iStock)

 離婚して3年目の今、相変わらず実家に居座りながら毎日をゆるりと過ごしている私と息子。当時4歳だった息子は、もうすぐ7歳。

 仕事、育児、音楽活動に没頭する毎日でこれといった変化はありませんが、でも、なんというか、もともとの自分に薄く温かい膜が張っていくような感じがあります。これはレベルアップと呼べるものかもしれません。

 シングルマザーだからこそ、「立派に育てたい」「不自由な思いをさせたくない」「かっこいいママでいたい」と思う心は、自分を強くしてくれる気がします。

 息子も半年前よりずいぶん大人になりました。この連載がきっかけで話した「シングルマザーとは」を理解し、小さいながらに自分の役割を分かって立ち回ってくれているようです。

 いつも「ママが一番大好き!」と愛を伝えてくれる息子ですが、ふいに思い出したかのように「パパも同じくらい大好き!」と言ったりします。そんな時、私は息子の心の健やかさに安心します。パパを尊敬して関係を良好に保ってくれていますし、それに、この2年ほどは風邪も引かず、体もすこぶる健やかでいてくれています。

 そして、最近は「将来、なにになりたいの?」と聞いたら、「お金を稼いでママにあげたい」なんて、やけに現実的なことを言ったりも。母子家庭で育った男友達たちが、口を揃えて「シングルマザーの子供はママの頑張る背中を見ているから、ママ思いの優しい子に育つよ」と言っていたことを思い出します。そんな男友達たちのように、きっと息子もどんどんレベルアップし、たくましく育っていくことでしょう!(←願望)

シングルマザーになってから切に願うこと

いつかに思いを馳せてしまう(写真:iStock)
いつかに思いを馳せてしまう (写真:iStock)

 今年、40歳になる私。最近、息子に「ママって、赤ちゃん産めるの?」と聞かれたので、「うん。産もうと思えば産めるけど、産むためにはママは好きな男の人を作らないといけないんだけど、いいの?」と聞いたら、「ダメ!」と一言(笑)。「そうでしょ? ママは◯◯(息子)だけで十分だから、ママの愛情をひとりじめしなさいよ♡」と答えました。……というわけで、相変わらず再婚する気もありません。

 そういえば、以前、エンディングノートをテーマに書きましたが、先日、ついに購入して書きはじめました。未来に思いを馳せるのと同時に、私は長生きをしたいと切に願ってしまいます。

 15年ほど前、シングルマザーの先輩が「息子が家族を持つまでは死ねない……」と言っていました。その当時、その息子さんはまだ小さかったので「なにそれ! 先すぎるよ!」と笑った私。でも、今はよく分かります。「早くお嫁さん連れてきて」なんて思ってしまいますから。

 今の息子を見ていると、ママがいる世界がすべて。離婚後、母子の結びつきはより強くなった気がします。「男はみんなマザコン」と言いますが、このままだとマザコン必至……。こっそり心配しています。(でも、ちょっと嬉しくもあります(笑))

 ひとりっ子で、今のところイトコもいない息子。だからこそ、できるだけ長生きして、息子のこれからの成長や活躍、そしていつか、できるであろう家族を見届けたいのです。そのうち離れて暮らす日が来ても、心配をかけない温かい場所でいられたらいいなと思います。って、先の話すぎますね!

幸せなシングルマザーがいてもいいじゃない

息子が幸せならそれだけで十分!(写真:iStock)
息子が幸せならそれだけで十分! (写真:iStock)

 シングルマザーになって、この立場にならないと分からない空気感を経験することができました。時にうっすら傷つくこともありますが、そんなの一瞬の擦り傷みたいなもの。どんとこいです。

 幸せの形は本当にそれぞれ。ほかの人にどう思われようと、息子が幸せで「いいママ」だと思ってくれたら、それで十分なのです。

 気の置けない女友達に「あなたはシングルマザーの悲壮感がないからなぁ。いつもヘラヘラ楽しそうだから、面白くない人もいるかもよ〜」と、冗談まじりに言われましたが、悲壮感なんてどこにもないからしかたありません。毎日は明るく楽しいのです。

 仕事や人間関係で心が乱れることもありません。それは、かけがえのない息子がそばにいてくれるおかげです。いつだって最大限の無償の愛情を与えてくれて、「かわいいママ」と言って甘やかしてくれるから、私はいつもニコニコといられます。

 幸せなシングルマザーがいてもいいじゃない。私はそう思います。

おわりに

シングルマザーもいいじゃない!(写真:iStock)
シングルマザーもいいじゃない! (写真:iStock)

 さて、これにて全24回の連載を終わりにしたいと思います。新米シングルマザー3年目、思いの丈を書ききることができました。お読みいただき、本当にありがとうございました!

 そして、息子へ。いつか大きくなって、この連載を読んでもらえたら嬉しいです。「母子家庭で育った」なんて、どうでも良いこと。そう思える堂々とした素敵な男に育てるつもりです。幸せなシングルマザーの子供がいてもいいじゃない! これからもベタベタと支え合って元気でいようね。【完】

(文:孔井嘉乃/作詞作曲家 イラスト:こばやしまー/漫画家)

ライフスタイル 新着一覧


実はコスパ最強の蘭「レナンセラ」飾るだけでも“女性美”UP!
 もーワタクシ、ワクワクが止まりません!  少しずつ以前の生活を取り戻してきた世の中。ゴールデンウィークも3年ぶり...
平均月給11万円!シンママ保険外交員のリアルを知って欲しい
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
「食品のまとめ買い」は節約の味方!正しい保存法をおさらい
 長引くコロナ禍で仕事に支障が出てしまい、節約のために自炊をはじめた人は多いようです。確かに、毎日の食費を少しずつでも浮...
あなたは受け恋?追い恋? 5月23日~5月29日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
腹ペコ“たまたま”大集合!にゃんたまを虜にする手作りごはん
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
“悩める母の会”で育児の悩みを共有したら… 2022.5.21(土)
 皆さんは子育ての悩みって誰に相談していますか? 保育園の先生やママ友は周りにいるけれど、よく知っている人には逆に話しに...
「ひとしかえして」よく読むとめちゃ怖い!意味深LINE3選
 何気なく送り合っているLINE。でも、もしかしたらそのLINE、よく読んでみるととても怖い意味が隠されているかもしれま...
不安で行動ムリ…恐怖心克服の秘訣は“根拠のない自信”にあり
「根拠のない自信」って、みなさんは持っていますか? なんとなくうまくできる気がする、そういうふうに導かれている気がするー...
【3COINS】キッチングッズ買い足しで自炊が楽しくなった♡
 3COINSのキッチン用品を定期的にオンラインで購入。在宅ワークで自炊する際に、3COINSのキッチングッズは大活躍間...
“たまたま”2個でニッコニコ♡ 明日も平和でありますように!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
大切な靴を長く履くために…靴底補強を体験 2022.5.19(木)
 お気に入りの靴を長く履くために、ケアなどはしていますか? 靴は、修理しながら履けば長く履き続けられると言いますよね。今...
100均グラスを使い倒せ!個性派草花「スカビオサ」の飾り方
 ワタクシ、お花屋さんという仕事柄、毎日お花に触っております。  それこそ「ぎゃー!」と叫びたくなるほどの花束も毎...
保育園2カ月退園ルールで崖っぷち!興味ゼロの保険外交員に
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
100円ショップ節約術の落とし穴 ババ引かず、何買えばいい?
 お得に購入できる100円ショップは、とても便利ですよね! 新商品がないか、定期的にチェックしている人もいるのではないで...
のんべえ必須!熱海・來宮神社の“酒難除守” 2022.5.17(火)
 東京から新幹線で1時間足らず。海に温泉、最近ではこんなおしゃれスポットも人気の観光地「熱海」。ここに、全国ののんべえが...
“たまたま”撮影に丸2日! 透明感抜群の美少年にゃんたま♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...