離婚して3年、幸せなシングルマザーがいてもいいじゃない!

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-04-01 04:46
投稿日:2022-03-29 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

やっぱりシングルマザーはかわいそうじゃない

シングルマザーはかわいそうじゃない(イラスト:こばやしまー)
シングルマザーはかわいそうじゃない (イラスト:こばやしまー)

「シングルマザーはかわいそう?」というテーマで、この連載を書きはじめた半年前。半年経った今も、私は「かわいそうじゃない」と思えます。

 心がざわつくことは相変わらずあります。どこかのパパ+ママ+子供でいる普通の家族を見た時に。息子の行事に1人で参加する時に。面会日、分かれ道まで息子を真ん中にして3人で手をつなぐ時に。息子が巣立ったあとの自分の人生を考える時に。

「どうして離婚したんだっけな」と、ふと考えることもあります。不毛だと思いつつも息子への申し訳なさだったり、単なる不安だったりは、ふと顔を覗かせるものです。

 離婚直後はそんな“過去”に悩まされて、どよーんとした気持ちが続いたりもしました。でも、今は“どこが未来か”を意識することで「これがベストだった!」と、一瞬で“今”に戻ってこられます。

 いろいろ入り組んだはずの元夫への気持ちはもはや“無”となりましたが、でも「あの人がいなかったら息子はここにいないんだ」と思うと、やっぱり感謝できますね。

私も息子もレベルアップしていく

だんだんとたくましくなるものです(写真:iStock)
だんだんとたくましくなるものです (写真:iStock)

 離婚して3年目の今、相変わらず実家に居座りながら毎日をゆるりと過ごしている私と息子。当時4歳だった息子は、もうすぐ7歳。

 仕事、育児、音楽活動に没頭する毎日でこれといった変化はありませんが、でも、なんというか、もともとの自分に薄く温かい膜が張っていくような感じがあります。これはレベルアップと呼べるものかもしれません。

 シングルマザーだからこそ、「立派に育てたい」「不自由な思いをさせたくない」「かっこいいママでいたい」と思う心は、自分を強くしてくれる気がします。

 息子も半年前よりずいぶん大人になりました。この連載がきっかけで話した「シングルマザーとは」を理解し、小さいながらに自分の役割を分かって立ち回ってくれているようです。

 いつも「ママが一番大好き!」と愛を伝えてくれる息子ですが、ふいに思い出したかのように「パパも同じくらい大好き!」と言ったりします。そんな時、私は息子の心の健やかさに安心します。パパを尊敬して関係を良好に保ってくれていますし、それに、この2年ほどは風邪も引かず、体もすこぶる健やかでいてくれています。

 そして、最近は「将来、なにになりたいの?」と聞いたら、「お金を稼いでママにあげたい」なんて、やけに現実的なことを言ったりも。母子家庭で育った男友達たちが、口を揃えて「シングルマザーの子供はママの頑張る背中を見ているから、ママ思いの優しい子に育つよ」と言っていたことを思い出します。そんな男友達たちのように、きっと息子もどんどんレベルアップし、たくましく育っていくことでしょう!(←願望)

シングルマザーになってから切に願うこと

いつかに思いを馳せてしまう(写真:iStock)
いつかに思いを馳せてしまう (写真:iStock)

 今年、40歳になる私。最近、息子に「ママって、赤ちゃん産めるの?」と聞かれたので、「うん。産もうと思えば産めるけど、産むためにはママは好きな男の人を作らないといけないんだけど、いいの?」と聞いたら、「ダメ!」と一言(笑)。「そうでしょ? ママは◯◯(息子)だけで十分だから、ママの愛情をひとりじめしなさいよ♡」と答えました。……というわけで、相変わらず再婚する気もありません。

 そういえば、以前、エンディングノートをテーマに書きましたが、先日、ついに購入して書きはじめました。未来に思いを馳せるのと同時に、私は長生きをしたいと切に願ってしまいます。

 15年ほど前、シングルマザーの先輩が「息子が家族を持つまでは死ねない……」と言っていました。その当時、その息子さんはまだ小さかったので「なにそれ! 先すぎるよ!」と笑った私。でも、今はよく分かります。「早くお嫁さん連れてきて」なんて思ってしまいますから。

 今の息子を見ていると、ママがいる世界がすべて。離婚後、母子の結びつきはより強くなった気がします。「男はみんなマザコン」と言いますが、このままだとマザコン必至……。こっそり心配しています。(でも、ちょっと嬉しくもあります(笑))

 ひとりっ子で、今のところイトコもいない息子。だからこそ、できるだけ長生きして、息子のこれからの成長や活躍、そしていつか、できるであろう家族を見届けたいのです。そのうち離れて暮らす日が来ても、心配をかけない温かい場所でいられたらいいなと思います。って、先の話すぎますね!

幸せなシングルマザーがいてもいいじゃない

息子が幸せならそれだけで十分!(写真:iStock)
息子が幸せならそれだけで十分! (写真:iStock)

 シングルマザーになって、この立場にならないと分からない空気感を経験することができました。時にうっすら傷つくこともありますが、そんなの一瞬の擦り傷みたいなもの。どんとこいです。

 幸せの形は本当にそれぞれ。ほかの人にどう思われようと、息子が幸せで「いいママ」だと思ってくれたら、それで十分なのです。

 気の置けない女友達に「あなたはシングルマザーの悲壮感がないからなぁ。いつもヘラヘラ楽しそうだから、面白くない人もいるかもよ〜」と、冗談まじりに言われましたが、悲壮感なんてどこにもないからしかたありません。毎日は明るく楽しいのです。

 仕事や人間関係で心が乱れることもありません。それは、かけがえのない息子がそばにいてくれるおかげです。いつだって最大限の無償の愛情を与えてくれて、「かわいいママ」と言って甘やかしてくれるから、私はいつもニコニコといられます。

 幸せなシングルマザーがいてもいいじゃない。私はそう思います。

おわりに

シングルマザーもいいじゃない!(写真:iStock)
シングルマザーもいいじゃない! (写真:iStock)

 さて、これにて全24回の連載を終わりにしたいと思います。新米シングルマザー3年目、思いの丈を書ききることができました。お読みいただき、本当にありがとうございました!

 そして、息子へ。いつか大きくなって、この連載を読んでもらえたら嬉しいです。「母子家庭で育った」なんて、どうでも良いこと。そう思える堂々とした素敵な男に育てるつもりです。幸せなシングルマザーの子供がいてもいいじゃない! これからもベタベタと支え合って元気でいようね。【完】

(文:孔井嘉乃/作詞作曲家 イラスト:こばやしまー/漫画家)

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


【45歳からの歯科矯正】ワイヤー装着し14カ月、別のワイヤー着けた!?
 昨年4月に歯科矯正(表側のワイヤー矯正)を始め、14カ月が経ちました。「やり始めてしまえば、あっという間ですよ」(主治...
【独自】ホスト嫌いのラッパーが歌舞伎町に喝!「ポンコツどもを俺が鍛える」RYKEY DADDY DIRTYインタ
 東京・八王子に生まれ、中学生の頃から暴走族やギャングといったアウトローの世界を生きてきたラッパー、RYKEY DADD...
【独自】全身タトゥーや元受刑者も⁉️ 歌舞伎町に誕生したラッパーだらけのホストクラブが異次元だった
 なにかと悪評が絶えないホストクラブ業界の聖地、新宿・歌舞伎町に斬新すぎるお店が誕生。人気ラッパーで発信力も持ち、インフ...
大バズり流行語5選、理解してる?40代でも話についていけるように解説
 2024年も半分が過ぎ、振り返ると今年の上半期もさまざまな流行語が登場しました。40代の皆さんが聞き馴染みのない言葉も...
330円って本気? 職人が作る高見えグッズ、ダイソー姉妹店で見つけた!
 ダイソーが提案する新しいブランド「スタンダードプロダクツ」で、日本が誇る職人技の商品をコスパ良くゲットしてきました。 ...
現金より危険な面も…「電子マネートラブル」よくある事例と3つの対策法
 近年、現金を持ち歩かず、電子マネーを利用する人が増えていますが、それに伴って急増しているのが、電子マネートラブルです。...
親子でしっぽシマシマ隊! チビ“たまたま”がすくすく育ちますように
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
命がけで庭の雑草駆除、今年もやるの?ローメンテを叶える夏の雑草対策
 雑草が気になる季節になりました。「雑草」という植物なんて無いねえ~と言われちゃえばそれまでですが、道端はまぁいいとして...
トレンド入り「猫ミーム」インフルエンサーの投稿じゃないのになぜバズる
 2024年春、突如日本のSNSシーンで流行し始めた「猫ミーム」というカルチャー。日本だけでなく、今世界で流行し、そして...
え、ハブられてる? ママ友に嫌われる言動ランキング&上手に付き合う術
 子育て中の女性が必ず直面する「ママ友との付き合い」。気の合う人に出会えれば、情報交換や悩みごとを共有できる仲間として心...
カスハラとクレームの違い 料理が30分経っても出ないから文句言ったら?
 パワハラ、セクハラ、モラハラ…。最近何かと「ハラスメント」という言葉を耳にしますよね。その中でもここ数年でよく見聞きす...
「風呂キャンセル界隈」失敗談 足の臭いでバレ!自分を奮い立たせる方法
 ネットスラングで「風呂キャンセル界隈」というワードが話題になっています。読者の皆さんの中にも、その日の入浴をキャンセル...
丸見え族、参上! うさぎシッポの“たまたま”君にロックオン
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
何をそんなに怒っているのだ?
 何をそんなに怒っているのだ?  東京都庁近くにて。
ほっこり癒し漫画/第75回「ヘルプみーこ」(後編)
【連載第75回】  ベストセラー『ねことじいちゃん』の作者が描く話題作が、「コクハク」に登場! 「しっぽのお...
【難解女ことば】「小女子」ってなんて読む? ヒントはご飯が進むもの。
 知っているようで意外と知らない「ことば」ってたくさんありますよね。「女ことば」では、女性にまつわる漢字や熟語、表現、地...