子供の行事に別れた元夫を呼ぶべき? 卒園を前にして思うこと

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-03-08 06:00
投稿日:2022-03-08 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

離れて暮らす元夫を我が子の行事に呼んだほうがいい?

元夫を我が子の行事に呼ぶべき?(イラスト:こばやしまー)
元夫を我が子の行事に呼ぶべき? (イラスト:こばやしまー)

 自分が「シングルマザー」だと一番痛感させられるのが、我が子の行事かもしれません。親になってはじめて気づきましたが、入学式、参観日、運動会、お遊戯会、習い事の発表会など、両親揃って参加できる行事って意外と多いんですよね。

 コロナ禍の影響で「保護者参加は◯人まで」の制限がされるようになりましたが、それでもだいたいが2人まで。「パパママふるってご参加ください」と、言われているような気すらしてしまいます。

 そんな私の目下の悩みが、今月迎える幼稚園の卒園式に「元夫を呼んだほうがいいのか問題」です。

行事の時につい周りを見渡してしまう

一人で来ているママはいる?(写真:iStock)
一人で来ているママはいる? (写真:iStock)

 以前、「シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議」で触れましたが、物心ついた頃から私の父は海外出張にしょっちゅう行っていたので、行事に両親が揃って参加できなかったことがよくありました。

 でも、「父が来てくれたらよかったのに」とか、「父に見せたかった」など、そんなふうに思ったことは一度もありません。そのため、息子もそこまで気にしないんじゃないかな……と、思う反面、どうしても気持ちを想像してしまうのです。

 幼稚園での行事の時、つい周りを見渡しては「あ、◯◯くんママ、一人で来てる……!」なんて思ってしまう私。平日開催の行事も多くあったのでおかしなことではないのですが、無駄に気にしていました。

 シングルマザーになったことでかかった「色眼鏡」は、意外と根強いものですね(笑)。

息子に聞くべきか迷う日々

息子はどう思うのかな…(写真:iStock)
息子はどう思うのかな… (写真:iStock)

 小さな頃の私は行事に両親が揃わないことを気にしなかったものの、子供はひとりひとり違いますから、息子がどう思うかはわかりません。

 ところで。相変わらず、息子の前ではパパを立てている私(参考:「ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと」)。息子にとって元夫はヒーローのような存在(!?)で、面会日はすこぶる嬉しそうです。

 だから、「卒園式、パパに来てもらいたい?」と聞いたら、「うん!」と笑顔で答える姿が想像できますし、それを元夫に伝えたら「◯◯(息子)がそう言うなら、行ってもいいけど」なんて、「仕方ない。行ってやるか」的な言動をされるのも目に浮かびます。

 元夫にいいとこどりをさせて「かっこいいパパ」を作り上げてきたのですから、ある意味、私の作戦は成功しているのです。それが良くも悪くも裏目に出てしまい、息子に聞くべきなのか迷う日々を過ごしているわけなのですが……。

 ネットで「離婚後・行事・元夫」と検索すると、「離婚後にも両親揃って行事に来てくれて嬉しかった」のような、両親が離婚した子供の体験談がたくさん出てきます。

 うーん。タイムマシンに乗って、未来の息子に聞いてみたいですね! どうするのがベストなのか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


体育会彼氏の恋愛傾向ってどうよ?40代婚活女が落とすには…
 引き締まった男らしい体が素敵な体育会系男子は、女性に人気がありますよね! でも、40代で婚活中の女性からすると手の届か...
恋バナ調査隊 2022-10-04 06:00 ラブ
夫のイラっとする口癖6語に共感!「~でいいや」って何様?
 毎日の夫のイラッとする口癖、ストレスが溜まりますよね。実は、熟年離婚をする人は、浮気や借金などの大きな出来事ではなく、...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
超ドMなの? 彼氏の束縛が嬉しい女性が抱く「欲望」の種類
 彼氏からの束縛が「鬱陶しい」「窮屈」という愚痴は、よく聞くものです。しかし、中には束縛を嬉しく感じる女性もいるようです...
恋バナ調査隊 2022-10-03 06:00 ラブ
「車擦って財布なくす」とウジ男さん 元カレの女々しいLINE
 忘れた頃にやってくる「元カレ」からのLINEって厄介ですよね。自分のほうから別れを切り出したくせに、何を今さら? って...
恋バナ調査隊 2022-10-02 13:32 ラブ
片付けられない男性の“調教”トリセツ 百年の恋が冷める前に
 結婚を意識し始めた大人女子にとって、彼氏が物を片付けられないという事実は、大きな不安材料でしょう。実は「何歳になっても...
恋バナ調査隊 2022-10-02 06:00 ラブ
書類だけの妻がいいけど…レスなのに求婚した潔癖男の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.110〜女性編〜」では、交際9カ月にして深刻なセックスレスに陥っているのに、彼氏であるマサム...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
セックスレスなハイスペ男性からの求婚!即答できない33歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-10-01 06:00 ラブ
「り」で浮気認定!疑わずにはいられない彼の怪しいLINE3選
 あなたには、彼氏に浮気された経験があるでしょうか。もしあるなら、なにがきっかけで彼氏の浮気を知りましたか? 「ある日...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
リモート恋愛で婚活する40代急増中!はじめ方&成功の法則
 長引くコロナ禍は、40代女性の婚活事情にも大きな変化をもたらしました。非接触が広まったことから「リモート恋愛」で婚活を...
恋バナ調査隊 2022-10-01 06:00 ラブ
恋愛経験なしのアラサーへ…焦りは禁物!幸せな恋への3STEP
 恋愛経験なしのままアラサーを迎えてしまうと、「もしかして私ってこのまま恋愛できないかも……」と不安や焦りを感じてしまう...
恋バナ調査隊 2022-09-30 06:00 ラブ
恋活・婚活は「リモワ男子」を狙う!スーツケースじゃないよ
 コロナ禍もだいぶ落ち着いてきたとはいえ、依然としてリモート勤務を続けている男性もいます。彼らは実は、恋活や婚活に狙い目...
内藤みか 2022-09-29 06:00 ラブ
わ、いいかも♡ ドS彼氏からの不意打ち胸キュンLINE3選
 ドS彼氏を持つ女性に「そんな彼氏のどこがいいの?」と思う人もいるでしょう。でも、ドS彼氏の意外な一面を見たら、あなたも...
恋バナ調査隊 2022-09-29 06:00 ラブ
NO,ヤリモク!“都合のいい女”回避で初デートを成功させる法
 気になる男性との初デート、絶対に成功させたいですよね。できればデートを通して関係を深めて、真剣交際に発展させたいもの。...
若林杏樹 2022-09-28 06:00 ラブ
浮気の沼から出たい!なぜ禁断の恋ばかり? 5つのやめる方法
 パートナーがいるにも関わらず、ドキドキ感がたまらなくて浮気にはまってしまう人は少なくありません。しかし、ある程度の期間...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
仰天!男目線で分析する「美人の条件6つ」演じる際の参考に
 男性からモテるために「美人な女性」を目指していても、実は男女で美人の条件は大きく異なるようです。つまり、男性にモテるた...
恋バナ調査隊 2022-09-28 06:00 ラブ
【実録】離婚は嘘、嫁いるよね?絶対に自宅に誘ってこない男
 こんにちは! 林知佳と申します。マッチングアプリで出会ったとんでもない男たちの第2回目! 世の中の女子たちがこれを読ん...
林知佳 2022-09-27 06:00 ラブ