子供の行事に別れた元夫を呼ぶべき? 卒園を前にして思うこと

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-03-08 06:00
投稿日:2022-03-08 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

離れて暮らす元夫を我が子の行事に呼んだほうがいい?

元夫を我が子の行事に呼ぶべき?(イラスト:こばやしまー)
元夫を我が子の行事に呼ぶべき? (イラスト:こばやしまー)

 自分が「シングルマザー」だと一番痛感させられるのが、我が子の行事かもしれません。親になってはじめて気づきましたが、入学式、参観日、運動会、お遊戯会、習い事の発表会など、両親揃って参加できる行事って意外と多いんですよね。

 コロナ禍の影響で「保護者参加は◯人まで」の制限がされるようになりましたが、それでもだいたいが2人まで。「パパママふるってご参加ください」と、言われているような気すらしてしまいます。

 そんな私の目下の悩みが、今月迎える幼稚園の卒園式に「元夫を呼んだほうがいいのか問題」です。

行事の時につい周りを見渡してしまう

一人で来ているママはいる?(写真:iStock)
一人で来ているママはいる? (写真:iStock)

 以前、「シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議」で触れましたが、物心ついた頃から私の父は海外出張にしょっちゅう行っていたので、行事に両親が揃って参加できなかったことがよくありました。

 でも、「父が来てくれたらよかったのに」とか、「父に見せたかった」など、そんなふうに思ったことは一度もありません。そのため、息子もそこまで気にしないんじゃないかな……と、思う反面、どうしても気持ちを想像してしまうのです。

 幼稚園での行事の時、つい周りを見渡しては「あ、◯◯くんママ、一人で来てる……!」なんて思ってしまう私。平日開催の行事も多くあったのでおかしなことではないのですが、無駄に気にしていました。

 シングルマザーになったことでかかった「色眼鏡」は、意外と根強いものですね(笑)。

息子に聞くべきか迷う日々

息子はどう思うのかな…(写真:iStock)
息子はどう思うのかな… (写真:iStock)

 小さな頃の私は行事に両親が揃わないことを気にしなかったものの、子供はひとりひとり違いますから、息子がどう思うかはわかりません。

 ところで。相変わらず、息子の前ではパパを立てている私(参考:「ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと」)。息子にとって元夫はヒーローのような存在(!?)で、面会日はすこぶる嬉しそうです。

 だから、「卒園式、パパに来てもらいたい?」と聞いたら、「うん!」と笑顔で答える姿が想像できますし、それを元夫に伝えたら「◯◯(息子)がそう言うなら、行ってもいいけど」なんて、「仕方ない。行ってやるか」的な言動をされるのも目に浮かびます。

 元夫にいいとこどりをさせて「かっこいいパパ」を作り上げてきたのですから、ある意味、私の作戦は成功しているのです。それが良くも悪くも裏目に出てしまい、息子に聞くべきなのか迷う日々を過ごしているわけなのですが……。

 ネットで「離婚後・行事・元夫」と検索すると、「離婚後にも両親揃って行事に来てくれて嬉しかった」のような、両親が離婚した子供の体験談がたくさん出てきます。

 うーん。タイムマシンに乗って、未来の息子に聞いてみたいですね! どうするのがベストなのか。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ