子供の行事に別れた元夫を呼ぶべき? 卒園を前にして思うこと

孔井嘉乃 作詞作曲家・ライター
更新日:2022-03-08 06:00
投稿日:2022-03-08 06:00
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。
 家庭の事情はそれぞれあって、離婚に至った経緯なんて誰とも分かり合えません。でも、「シングルマザー」になった女性に共通する思いは、きっとあると思います。
 まだまだシンママ歴が浅い私ですが、日々の中で感じていること、自分の中で消化できたこと、解決していないこと、そんなことをこの連載「シングルマザーもいいじゃない」で、綴りたいと思います。

離れて暮らす元夫を我が子の行事に呼んだほうがいい?

元夫を我が子の行事に呼ぶべき?(イラスト:こばやしまー)
元夫を我が子の行事に呼ぶべき? (イラスト:こばやしまー)

 自分が「シングルマザー」だと一番痛感させられるのが、我が子の行事かもしれません。親になってはじめて気づきましたが、入学式、参観日、運動会、お遊戯会、習い事の発表会など、両親揃って参加できる行事って意外と多いんですよね。

 コロナ禍の影響で「保護者参加は◯人まで」の制限がされるようになりましたが、それでもだいたいが2人まで。「パパママふるってご参加ください」と、言われているような気すらしてしまいます。

 そんな私の目下の悩みが、今月迎える幼稚園の卒園式に「元夫を呼んだほうがいいのか問題」です。

行事の時につい周りを見渡してしまう

一人で来ているママはいる?(写真:iStock)
一人で来ているママはいる? (写真:iStock)

 以前、「シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議」で触れましたが、物心ついた頃から私の父は海外出張にしょっちゅう行っていたので、行事に両親が揃って参加できなかったことがよくありました。

 でも、「父が来てくれたらよかったのに」とか、「父に見せたかった」など、そんなふうに思ったことは一度もありません。そのため、息子もそこまで気にしないんじゃないかな……と、思う反面、どうしても気持ちを想像してしまうのです。

 幼稚園での行事の時、つい周りを見渡しては「あ、◯◯くんママ、一人で来てる……!」なんて思ってしまう私。平日開催の行事も多くあったのでおかしなことではないのですが、無駄に気にしていました。

 シングルマザーになったことでかかった「色眼鏡」は、意外と根強いものですね(笑)。

息子に聞くべきか迷う日々

息子はどう思うのかな…(写真:iStock)
息子はどう思うのかな… (写真:iStock)

 小さな頃の私は行事に両親が揃わないことを気にしなかったものの、子供はひとりひとり違いますから、息子がどう思うかはわかりません。

 ところで。相変わらず、息子の前ではパパを立てている私(参考:「ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと」)。息子にとって元夫はヒーローのような存在(!?)で、面会日はすこぶる嬉しそうです。

 だから、「卒園式、パパに来てもらいたい?」と聞いたら、「うん!」と笑顔で答える姿が想像できますし、それを元夫に伝えたら「◯◯(息子)がそう言うなら、行ってもいいけど」なんて、「仕方ない。行ってやるか」的な言動をされるのも目に浮かびます。

 元夫にいいとこどりをさせて「かっこいいパパ」を作り上げてきたのですから、ある意味、私の作戦は成功しているのです。それが良くも悪くも裏目に出てしまい、息子に聞くべきなのか迷う日々を過ごしているわけなのですが……。

 ネットで「離婚後・行事・元夫」と検索すると、「離婚後にも両親揃って行事に来てくれて嬉しかった」のような、両親が離婚した子供の体験談がたくさん出てきます。

 うーん。タイムマシンに乗って、未来の息子に聞いてみたいですね! どうするのがベストなのか。

孔井嘉乃
記事一覧
作詞作曲家・ライター
3歳からピアノを始め、現在は作詞作曲家&シンガーソングライターとして活動中。2014年からウェブライターとしての活動を開始。得意ジャンルは美容、恋愛、ライフスタイル。コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、ベビーマッサージ資格、乳児心理+児童心理資格取得。
2016年、ママユニット「mamakanon」を結成。活動5年目にして、YouTube再生回数1,200万回達成。2020年、フレンチシンガーバイオリニストソングライターとのDuo「ellipsis」を結成。両者の絶対音感を活かしてカバー演奏などを行う。
1児のママ。特技は早起き。ウィスキーが好き。

◇孔井嘉乃公式サイトmamakanon公式 YouTubeチャンネルellipsis公式 YouTubeチャンネル

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ