「まさか浮気?」彼氏があなたよりSNSを優先する3つの理由

内藤みか 作家
更新日:2022-03-31 06:00
投稿日:2022-03-31 06:00
「彼のSNSが気になって毎日チェックしてしまう」という、ひそかな悩みを抱えている女性は少なくありません。そして彼がSNSをこまめにアップするのも気に入らない人もいます。彼はなぜSNSへの書き込みを続けているのでしょう。

なぜSNSチェックをしてしまう?

暇さえあればSNSを見ている……(写真:iStock)
暇さえあればSNSを見ている…… (写真:iStock)

 彼のSNSをチェックしてしまう理由はなんでしょう。それは彼が何をしているか知りたいという純粋な気持ちから始まったのだと思われます。SNSには何分前に彼がログインしたのかわかる機能があるサイトもあり、動向を探るにはかなり便利なのです。

 そして彼のアクセス形跡を見つけると「私のメッセージには返信しないくせに、なんでSNSをやってるの?」と悔しくなるかもしれません。

 また、彼がSNSで他の人に対してコメントしたことがわかると「私のことは放っておいて何やってるの!?」とさらにイライラしてしまう人もいるでしょう。そして「まさか浮気してるの?」などと想像をたくましくしてしまい、ひとりで悶々としてしまうかもしれません。

 でもなぜ、彼はあなたよりも先にSNSに向かっているのでしょうか。

仕事関係の連絡が最優先だとしても…

取引先とのコミュニケーションかも(写真:iStock)
取引先とのコミュニケーションかも (写真:iStock)

 まず考えられるのは、仕事関係の急ぎの連絡があり、SNSにアクセスしていたというものです。仕事の取引先とLINEで連絡をすることもありますが、同僚や関係者でSNS上でグループを作っていることがあり、そこにアクセスする必要があったのかもしれません。

 また、最近は仕事関係の人ともSNSのメッセージでやり取りする機会が増えていると耳にします。彼がリモート勤務であったらなおさら、早めに返信をしなくてはと考えているのかもしれません。

 逆に言えばあなたについては、少し待たせてしまってもきっと許していてくれると信じているのです。

純粋に用事があった

「私が優先されて当たり前」って思ってない?(写真:iStock)
「私が優先されて当たり前」って思ってない? (写真:iStock)

 また、友人知人関係に用事があった場合もあります。たとえば親しい友達のバースデーの当日で、お祝いを書き込みたいと思ったのかもしれません。友達の結婚祝いの幹事を引き受けることになり、当日の打ち合わせをしたり、連絡事項をチェックしていたのかもしれないのです。

 こうした友人知人関係のなかには、女性もいるかもしれません。友人関係である女性の投稿にいいねや書き込みをすることもあるでしょう。

 けれどそれすらも許せなく感じる女性がいます。「私が一番優先されて当たり前。だって私は彼女だから」という考えが頭にあるのです。

SNS上に気になる女性ができた…?

「彼、また女にいいねしてる」(写真:iStock)
「彼、また女にいいねしてる」 (写真:iStock)

 さらにもうひとつ、これはあまり想像したくないことですが、SNS上に気になる女性ができてしまったという可能性もゼロではありません。そんな時、彼はその女性にアピールするために、頻繁にいいねを押したり、コメントを書き込んだりして気を引こうとするかもしれません。けれどこれは滅多に起きない事例だと言えるでしょう。

 彼のSNSが気になって観察してしまうのは、浮気の芽を心配しているからだと思われます。SNSはオンライン上で気軽にやり取りができるので、知らない女性と仲良くなってしまわないように早めに気づかなくては、とまめにチェックしているのかもしれません。

彼の人間関係に口を出すべきではない

気にしすぎないのが一番!(写真:iStock)
気にしすぎないのが一番! (写真:iStock)

 結論から言うと、彼のSNSにあまり口を出すべきではありません。なぜならば、そこは彼の世界だからです。浮気が心配だからと監視したら、彼は窮屈な思いをしてしまい、そこから2人の仲に亀裂が入りかねません。

 そして我が身を振り返ってみましょう。男友達にいいねやコメントをすることもあるのではないでしょうか。それをいちいち彼氏が気にしていたら、なんだか面倒だなと感じるはずです。彼の世界は彼にまかせたほうがいいのです。

 彼のSNSを監視する時間を女磨きの時間に変えて、綺麗にして彼を待っていたほうが、恋はいい方向に進むはず。それでもどうしても心配なら、彼のSNSに一緒に行ったイルミネーションなどの恋人スポットの画像をアップしてもらいましょう。

 画像に人が映っていなくても、ここには女性と行ったのかもしれないなと、見た人はそう考えるだろうし、多少の浮気防止にはなるかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ