実は周囲からウザがられてる? 痛い「バカップル」5つの特徴

コクハク編集部
更新日:2022-04-08 06:00
投稿日:2022-04-08 06:00
 仲が良いカップルを見ると、羨ましくなってしまうことってありますよね。でも、中には羨ましいどころか、敬遠される痛いカップルもいます。「あんなふうになりたくない」と思いながらも、実はあなたもそんな煙たがられるカップルになってしまっているかも!?
 今回は痛いと思われがちなカップルの特徴と注意点をご紹介します。

あなたはどう? 痛いと思われるカップルの5つの特徴

痛いカップルになってない?(写真:iStock)
痛いカップルになってない? (写真:iStock)

 ある程度の年齢になれば、大人として振る舞うことが必要です。しかし、痛いカップルはそれができません。では、そんなカップルにはどんな特徴があるのでしょうか。

1. 人前でも激しくスキンシップを取る

 人前でも構わずに激しくスキンシップを取るのが、痛いカップルの代表的な特徴のひとつ。道端でキスをしたり、抱き合ったりしているカップルははたから見れば痛い存在です。

 公の場でのスキンシップは、見ている側が恥ずかしくなってしまい、羨ましいどころか目を背けたくなりますね。

2. SNSで仲良しアピール

 彼氏と仲が良いことを自慢したくなる人もいるでしょう。そんなカップルは、SNS上でも仲良しアピールをしたがります。

「会いたいなぁ」「幸せ」なんて、SNSで仲良しアピールをするカップルも、周りからは痛いと思われるカップルの代表です。

3. 大きな声で話す

 痛いカップルの多くは、どんなに周りに人がいても自分たちの世界に入り込みます。そのせいか、なぜか声が大きいのも特徴。周りに話している内容がはっきりと分かるくらい、大きな声で会話をします。

 レストランや映画館でも大声で話すため、周りから嫌がられますが、本人たちは気付いていません。 

4. 人前で喧嘩する

公共の場での喧嘩はやめよう(写真:iStock)
公共の場での喧嘩はやめよう (写真:iStock)

 痛いカップルというと、ラブラブなカップルをイメージするかもしれませんが、人前で喧嘩できるのも痛いカップルの特徴のひとつです。

 公共の場であろうと気持ちを抑えられずに口論するなんて、大人として恥ずかしい行為。それに気付かず、喧嘩し続けられるのは痛いカップルならではでしょう。

5. 汚い言葉遣いを使う

 交際期間が長くなるとお互いに気を許し合えるようになるものですが、痛いカップルは雑なやり取りが当たり前になり、言葉遣いが汚いのも特徴的です。

 中には、相手を馬鹿にしたりするような言葉も平気で使いますが、二人の間ではそれも信頼の証として捉えているようです。

痛いカップルにならないために気を付けたい3つのこと

またラブラブアピールかよ…(写真:iStock)
またラブラブアピールかよ… (写真:iStock)

 どんなに仲の良いカップルでも、周りから煙たがられるようなカップルにはなりたくないですよね。痛いカップルと思われないために気を付けたい注意点を見ていきましょう。

1. 人前でイチャイチャしない

 大好きな彼氏と一緒にいると、イチャイチャしたくなるもの。しかし、痛いカップルと思われたくないのであれば、人前でのふれあいは我慢しましょう。メリハリを上手につけると、マンネリ防止にもつながりますよ。

2. 状況を考えて行動する

 大人になると、常識やマナーのある行動が必要です。どんなに愛する彼氏と一緒にいても、それは同じ! 気持ちが盛り上がっても、彼氏に誘われたとしても、状況を考えて大人としての行動を心がけましょう。

3. 自慢話はほどほどに

 彼氏との関係がうまくいっていると、ついつい友達などに自慢したくなるでしょう。しかし、度を超えたラブラブアピールは周りの人から見ると不快でしかありません。ほどほどにしなければ、大切な友達を失いかねませんよ。

この機会に痛いカップルになっていないか要チェック!

痛いカップルにならないように!(写真:iStock)
痛いカップルにならないように! (写真:iStock)

 どんなに「私たちは大丈夫」と思っていても、実は気付かぬうちに痛いカップルだと思われているかもしれません。この機会に、あらためて自分たちが痛いと思われる行動をしていないかチェックしてみてくださいね。

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「不倫の第一歩」突然の雨、幼稚園、職場…当事者たちが振り返る瞬間5つ
 いけない恋愛だと分かっていながらも不倫に足を踏み入れてしまう男女。そもそもの出会いやきっかけはなんなのでしょうか? 不...
恋バナ調査隊 2024-03-04 06:00 ラブ
彼の“最初で最後の女”になれる♡ 結婚相手に「童貞クン」を選ぶメリット
 彼氏が童貞だと知ったらあなたはどう思いますか?「女性に慣れていないから不安」「今までの反動で結婚してから浮気しそう」な...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
「良好だけど円満ではない」冷え切っていても妻を抱く48歳男の虚無感
「冷酷と激情のあいだvol.184〜女性編〜」では、結婚8年目を迎えた夫が「40代の女性は性欲が旺盛」と思い込んでいるこ...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
私は家政婦兼風俗嬢?「40女は性欲旺盛」を信じる夫に疲れた43歳女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-03-02 06:00 ラブ
なぜ妻が妊娠中に女遊びしたの? サイテーな夫たちの言い訳と末路
 妻の妊娠中に女遊びをする男性は多い模様。妻としては「一番大変な時期にどういうつもり?」と怒りたくなるでしょう。  身...
恋バナ調査隊 2024-03-02 06:00 ラブ
電車同様、彼氏の乗り換えにもコツが必要!?  男女の“つら修羅場”回避術
 彼氏がいながらも、他に好きな人ができる場合もあるでしょう。今回はそんなときの“彼氏を乗り換えるコツ”をご紹介。 電車の...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
体の相性が良すぎるって何で判断するの? 運命の相手を感じた男女の話
「体の相性がめちゃくちゃいい!」なんて声をたまに耳にしますが、なにをもって「相性が良い」と感じるのか疑問を抱いている人も...
恋バナ調査隊 2024-03-01 06:00 ラブ
春のアプリデビューで幸せを掴む人、掴めない人に3つの違い
 すっかり世の中に浸透した感のあるマッチングアプリ。もうすぐ春なので、マッチングアプリデビューする人も少なくありません。...
内藤みか 2024-02-29 06:00 ラブ
既婚者合コンの怖~い話 行かなきゃ良かったを回避するためにすべきこと
 すでに結婚している男女が交流する“既婚者合コン”に興味がある人もいるのではないでしょうか? 「友達がほしい」「社会と...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
婚活は「同時進行」が当たり前 運命の出会いに制限かける必要はない!
 あなたはどんな婚活の仕方をしていますか? 「彼がダメだったら次の出会いを探そう」と、1人ずつに丁寧に向き合っている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-29 06:00 ラブ
夫の無題外泊=浮気とは限らないらしいけど、その言い分信じていいの?
 夫が無断外泊したら「女と遊んでるんだ」と浮気を疑ってしまいますよね。ですが、必ずしも浮気とは限らないようです。  事...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
男女カップルに聞いた! 自宅のお風呂に一緒に入るのはアリorナシ?
 あなたは彼氏と一緒にお風呂に入りますか? 恥ずかしさから抵抗がある人もいれば、一緒に入ることが当たり前になっている人も...
恋バナ調査隊 2024-02-28 06:00 ラブ
お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ