44歳独女、「10年メモ」を始めました。2022.4.5(火)

コクハク編集部
更新日:2022-04-05 06:00
投稿日:2022-04-05 06:00

日記の続かない女が始めた「10年メモ」

22年版で初登場した「コットンブラック」。ああ美しい…(C)コクハク
22年版で初登場した「コットンブラック」。ああ美しい… (C)コクハク

 日記というものが続きません。44年間生きてきて、一週間と続いたことが一度もありません。どちらかというと粘り強いタイプ(往生際が悪いともいう)なので、物事を投げ出すことはあまりありませんが、日記だけはなぜか続きません。

 そんな三日坊主常習ですが、この4月から「10年メモ」を始めました。我ながら性懲りもなくよくもまあと飽きれますが、トライしてみたくなったのだからしょうがない(苦笑)。

「10年メモ」の存在を知ったのは、ある男性タレントがトーク番組で紹介していたのがきっかけです。そのタレントさんは友人からの贈り物だという「10年メモ」を私物のバッグから取り出し、思いついた時に気ままにメモしていると話していたのですが、その分厚い冊子の佇まいにソッコーでやられてしまいました。一目惚れってやつです。

どんな仕様? どんな中身?

全816P。後半には2023年~2032年までの年間スケジュールが記載できる“付録P”が付いています(C)コクハク
全816P。後半には2023年~2032年までの年間スケジュールが記載できる“付録P”が付いています (C)コクハク

 番組の放送は昨夏ですぐに「10年メモ」とググって、公式サイトをブックマーク。出版レーベル「nu(エヌユー)」が発売している「10年メモ」で、昨年12月の発売と同時に銀座の蔦屋書店で購入しました。創業97年の老舗製本所「松岳社」による丈夫な糸かがり製本。手に取った瞬間から風格が……。

 1冊3300円(税込み)。1年間330円の日記帳と考えれば、むしろリーズナブル?

 見開き1ページには、1日ずつ10年分のメモ欄が並んでいて、10年間の同日の記録が一目で見返せる仕掛けになっています。1日分の書くスペースは短冊状の“猫の額”ほどで、三日坊主常習が挑むには無謀ともいえる「10年間継続」というハードルをグンと下げてくれます。

 でもって、10年日記ではなく10年メモというネーミングを付けたセンスと販売戦略に脱帽。見習いたいものです。

重さ700グラム超!持ち運びは無理でしょう

表紙の数字は箔押し仕様!厚さは4.5センチ、辞書ですね、辞書(C)コクハク
表紙の数字は箔押し仕様!厚さは4.5センチ、辞書ですね、辞書 (C)コクハク

 A5より一回り小さなサイズ感ですが、重さは785グラム(筆者測定)。11インチのiPadが約500グラムですので、なかなかヘビーな重さです。男性タレントは肌身離さず持ち歩いているようでしたが、荷物の多い一般女性が携帯するのは現実的ではない。

 すきま時間を利用して書くというより、自宅で一日の終わりに書くことを習慣化できたら長続きしそうです、ハイ。

これからの10年、どう生きるか

帯の文言、キャッチ―ですね(C)コクハク
帯の文言、キャッチ―ですね (C)コクハク

 40代も半ばになりましたが、「四十にして惑わず」とは程遠い日々を送っています。結婚の有無や子どもの有無にかかわらず、そんなふうに感じる同世代の方は多いのではないでしょうか。

 それでも人生100年時代ともいわれる中で、着実に折り返し地点は近づいてきています。

 そんなタイミングで10年メモという存在を知ったのは、何か意味があるのかもしれません。これからの10年間を肩ひじ張ることなく、時に振り返り、時に未来に思いを馳せ、自分自身と向き合う機会が持てたらいいな……。

 10年後(54歳!)の自分はまるで想像がつきませんが、とりあえず、一週間後、一カ月後、そして2022年の年末も書き続けていられますように。

2日目にして書き間違えましたが…

取り繕うのはやめ。54歳まで続かないし!(C)コクハク
取り繕うのはやめ。54歳まで続かないし! (C)コクハク

 2022年版の「10年メモ」はコットンブラック、プレーン、グリーン、レッド、ネイビーの全5色。4月始まりなのでまだ十二分に間に合いますが、公式サイトでは完売しているカラーもあるようです。

 ちなみに書き始めて2日目。ページをめくる習慣がついていないわ、注意力がないわで、2023年4月1日の欄に間違って書いてしまいました。修正液でごまかそうかとも思いましたが、これも立派な思い出! ぐるぐる書き潰してなかったことに……。

 うーん、続くかな(苦笑)。

(編集O)

「10年メモ」 2022-2023 → 公式HP

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


酒天国! TSUTAYA田町駅前店シェアラウンジ 2022.10.4(火)
 思えばスーパーの屋上や、モンテローザ系列の居酒屋やらお得な「飲み放題」のうわさを聞きつけては、飲み散らかしてきました。...
嗚呼20代に戻りたい…若い頃にやっておけばよかったこと3選
「20代にタイムスリップできるなら、やりたいことは何ですか?」  こんな問いに、あなたならどう答えるでしょうか。30代...
あなたは受け恋?追い恋? 10月3日~10月9日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
会いたいにゃ!恋する“たまたま”は気分も尻尾も上がっちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
「マッスルスナック」潜入ルポ!推し活未経験女がまんまと…
 世間は、空前の推し活ブーム。特に女性の推し活は、リアルでもSNSでもシェアしやすい風潮も広がっていて、推しを目の前に女...
海外はもう古い!? 新婚旅行を国内にする4つの大きなメリット
 新婚旅行の定番といえば、海外のリゾート地を思い浮かべる人も多いでしょう。でも実は今、コロナ禍の影響もあり、国内での新婚...
「怒らない女」の謎メンタル その“正体”はレベチすぎた!
 あんまり怒らない人、みなさんの周りにはいますか? 8割の人間が怒るようなことが起きても、どこか涼しい顔でサラッと流す人...
予言より的中!七色翡翠の12星座別パワーワード占い【10月】
 日本ではタロットカードやオラクルカードに比べると、知名度が低いルノルマンカード(※)ですが、「ルノマンのほうが当たる!...
メルカリで“コピー品”を買ってしまった…? 2022.9.29(木)
 不要になった物を出品したり、探していた物を購入したり。上手に活用すれば便利で楽しく使えるメルカリですが、基本的には個人...
美少年にゃんこの品性と“たまたま”のワイルドさにキュン♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
ワレモコウって漢字で書くと? “超絶短い秋”をおセンチに♡
 すっかりあやふやになった日本の四季。特に春と秋はメッチャ曖昧になってきたなぁと感じる今日この頃。極端な話、体感できる秋...
あなたは受け恋?追い恋? 9月26日~10月2日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“たまたま”君の気になる恋の行方!すれ違いざまに猛アピール
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
インフルエンサーの案件自慢にモヤっとするのはバカバカしい
 SNS上に“生息”するインフルエンサーっぽい人たち。何かと自慢が多く、心の奥でなんだかモヤモヤする……。そんな時の対処...
脱ボトルなるか「詰め替えそのまま」の実力 2022.9.25(日)
 ずっと気になっているけれど、値段がネックとなって購入するのを躊躇していたものが、コレ。「詰め替えそのまま」です。シャン...
デキる大人が警告! 自信のない人が直すべきは“時間の浪費癖”
 自信がつくためには、あとどのくらい頑張ればいいんだろう? 最近そんなことをよく考えます。時間がかかるのは分かっているの...