婚活必勝!春は別れの季節…彼とさよならしても幸せになれる

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-07 06:00
投稿日:2022-04-07 06:00
「春は別れの季節」って、婚活中のアラサー女子にとってはあまり聞きたくない言葉ですよね。結婚を視野に入れ、時間をかけて育てた恋愛が揺るぎかねないこの季節、どうしたら上手に乗り越え、ゴールインに近づけるのでしょうか。
 今回は婚活中のアラサー女子に向けて、別れの季節「春」を乗り越える方法をご紹介します。

別れの季節「春」…どうして別れるカップルが多いの?

春になると別れるカップルが多いのはなぜ?(写真:iStock)
春になると別れるカップルが多いのはなぜ? (写真:iStock)

 そもそも、なぜ春になると別れるカップルが多いのかというと、以下のようなことが原因と考えられています。

・人事異動があり、新しい出会いに気移りする
・歓送迎会が多く、お互いの信頼関係に亀裂が入る
・忙しくて、2人の時間が取れずにすれ違いがち
・生活リズムの変化で喧嘩が増える

 アラサーの恋愛の場合、就職や卒業などの環境の変化については心配はないでしょう。でも、人事異動などによって環境や出会いが変わる人は多いため、2人の関係に悪い変化が起こりやすいのかもしれません。

別れの季節「春」を乗り越えて婚活を成功させる4つの方法

 春にカップルが別れやすい原因がわかったところで、続いてはそれを乗り越える賢い方法をチェックしていきましょう!

1. 環境に慣れるまで相手の仕事を優先する

彼の仕事を邪魔せず、自分の仕事にも集中すれば…(写真:iStock)
彼の仕事を邪魔せず、自分の仕事にも集中すれば… (写真:iStock)

 男性にとって、仕事は社会での自分の存在意義ともいえる大切なもの。いくら大好きな彼女でも、仕事を邪魔する存在になってしまえば、別れを考えてしまうかもしれません。だからこそ、この季節を逆にチャンスと捉えればOK。

 これまで築いてきた2人のリズムやパターンに変化が出たとしても、彼の仕事を徹底的に優先してあげるのです。こうすることで「将来も支えてくれそう」と考えてもらうことができ、むしろ彼の結婚の決意が固まるかもしれません。

2. 歓送迎会は快く見送る

 会社に属していると、歓送迎会に参加しなければいけない時もありますよね。そのたびに「また今日も!?」「まだ帰ってこないの?」などと、彼を責めないようにしましょう。「俺だって、好きで毎回参加してるんじゃない!」と、喧嘩の原因になってしまうかもしれません。

 それよりも、毎回快く「楽しんできてね」「飲みすぎないでね」と、彼への信頼を前提に気遣う言葉をかけたほうが、圧倒的に2人の関係は良い方向に向かうものです。

3. 自分の時間を楽しむ姿を見せる

新たな目標を見つけてみる?(写真:iStock)
新たな目標を見つけてみる? (写真:iStock)

 新しい環境や、新しい出会いによって価値観や優先順位が変わる時、“前と変わらない相手”を見ると「なんか違うかも……」と、違和感を感じてしまうことってありますよね。だからこそ、彼が新しいステージに入った時、あなた自身も自分の時間を楽しんだり、新しい何かに挑戦したりしてみてください。

 すがりつく人より、一緒に成長できるほうが一生のパートナーとして意識してくれるはずです。

4. ピンチの時はすがりつくより手放す

 時には新しい出会いに彼の心が完全に奪われてしまうこともあるかもしれません。そんな時は、彼にすがりつく女でいるよりも、手放すことで新しい出会いを引き寄せられる場合があります。

 よく、古いものを手放すと新しいものが入ってくるといいますよね。「別れの季節」を「出会いの季節」に変えることだってできるのです。執着を手放して、新しい流れに乗る勇気も必要です。

ピンチはチャンス! 春を「別れの季節」にしないで

仮に別れたとしても前向きに(写真:iStock)
仮に別れたとしても前向きに (写真:iStock)

 春を別れの季節だと怖がっても、変化は避けられません。だからこそ、ピンチはチャンスだと捉えてみてください。仮に別れてしまったとしても、とんとん拍子に新しい人とゴールインできることもあります。

 ぜひ、自分の感覚を大切にして、幸せを掴んでくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


えっ“独占欲の強い女性”になってる? まだ間に合う脱出法3つ
「付き合っても長続きしない」「いつも振られてしまう」など、恋愛が「うまくいかない」と感じていませんか? もしかすると、そ...
恋バナ調査隊 2022-05-24 06:00 ラブ
withコロナ恋愛結婚戦略! プロに聞く“出会いの2大トレンド”
 withコロナの時代になって、早2年。外出自粛や3密、最近ではマスク着用を必要としない場面での考え方などが注視されてい...
田中絵音 2022-05-23 06:00 ラブ
【恋愛系死語6選】恋バナ、ラブラブも化石認定されるらしい
 時代の変化に伴い、変わっていく流行語。ほんの少し気を抜いただけで“化石認定”されてしまうくらい「古い!」と思う(思われ...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
料理男子面倒くせぇ! 実は非モテ? 夫にするなら買い物件?
 最近は、料理好きな男性が増えていますよね。そんな料理男子に共通しているのが、とにかく「こだわり」を持っていること。冷蔵...
恋バナ調査隊 2022-05-23 06:00 ラブ
「拗ねちゃうよー」って何様?モテない系女子のやらかしLINE
 LINEで距離が縮まり、恋愛に発展する男女はとても多いでしょう。でも反対に、送るLINEの内容次第では良い感じだった雰...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
気になる彼の“いい夫”素質度は? 5つの特徴で見極めオッケー
 将来、いい夫になる男性を選びたいけれど、「こればっかりは結婚してみないとわからない!」と思っている女性は多いでしょう。...
恋バナ調査隊 2022-05-22 06:00 ラブ
実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ