婚活必勝!春は別れの季節…彼とさよならしても幸せになれる

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2022-04-07 06:00
投稿日:2022-04-07 06:00
「春は別れの季節」って、婚活中のアラサー女子にとってはあまり聞きたくない言葉ですよね。結婚を視野に入れ、時間をかけて育てた恋愛が揺るぎかねないこの季節、どうしたら上手に乗り越え、ゴールインに近づけるのでしょうか。
 今回は婚活中のアラサー女子に向けて、別れの季節「春」を乗り越える方法をご紹介します。

別れの季節「春」…どうして別れるカップルが多いの?

春になると別れるカップルが多いのはなぜ?(写真:iStock)
春になると別れるカップルが多いのはなぜ? (写真:iStock)

 そもそも、なぜ春になると別れるカップルが多いのかというと、以下のようなことが原因と考えられています。

・人事異動があり、新しい出会いに気移りする
・歓送迎会が多く、お互いの信頼関係に亀裂が入る
・忙しくて、2人の時間が取れずにすれ違いがち
・生活リズムの変化で喧嘩が増える

 アラサーの恋愛の場合、就職や卒業などの環境の変化については心配はないでしょう。でも、人事異動などによって環境や出会いが変わる人は多いため、2人の関係に悪い変化が起こりやすいのかもしれません。

別れの季節「春」を乗り越えて婚活を成功させる4つの方法

 春にカップルが別れやすい原因がわかったところで、続いてはそれを乗り越える賢い方法をチェックしていきましょう!

1. 環境に慣れるまで相手の仕事を優先する

彼の仕事を邪魔せず、自分の仕事にも集中すれば…(写真:iStock)
彼の仕事を邪魔せず、自分の仕事にも集中すれば… (写真:iStock)

 男性にとって、仕事は社会での自分の存在意義ともいえる大切なもの。いくら大好きな彼女でも、仕事を邪魔する存在になってしまえば、別れを考えてしまうかもしれません。だからこそ、この季節を逆にチャンスと捉えればOK。

 これまで築いてきた2人のリズムやパターンに変化が出たとしても、彼の仕事を徹底的に優先してあげるのです。こうすることで「将来も支えてくれそう」と考えてもらうことができ、むしろ彼の結婚の決意が固まるかもしれません。

2. 歓送迎会は快く見送る

 会社に属していると、歓送迎会に参加しなければいけない時もありますよね。そのたびに「また今日も!?」「まだ帰ってこないの?」などと、彼を責めないようにしましょう。「俺だって、好きで毎回参加してるんじゃない!」と、喧嘩の原因になってしまうかもしれません。

 それよりも、毎回快く「楽しんできてね」「飲みすぎないでね」と、彼への信頼を前提に気遣う言葉をかけたほうが、圧倒的に2人の関係は良い方向に向かうものです。

3. 自分の時間を楽しむ姿を見せる

新たな目標を見つけてみる?(写真:iStock)
新たな目標を見つけてみる? (写真:iStock)

 新しい環境や、新しい出会いによって価値観や優先順位が変わる時、“前と変わらない相手”を見ると「なんか違うかも……」と、違和感を感じてしまうことってありますよね。だからこそ、彼が新しいステージに入った時、あなた自身も自分の時間を楽しんだり、新しい何かに挑戦したりしてみてください。

 すがりつく人より、一緒に成長できるほうが一生のパートナーとして意識してくれるはずです。

4. ピンチの時はすがりつくより手放す

 時には新しい出会いに彼の心が完全に奪われてしまうこともあるかもしれません。そんな時は、彼にすがりつく女でいるよりも、手放すことで新しい出会いを引き寄せられる場合があります。

 よく、古いものを手放すと新しいものが入ってくるといいますよね。「別れの季節」を「出会いの季節」に変えることだってできるのです。執着を手放して、新しい流れに乗る勇気も必要です。

ピンチはチャンス! 春を「別れの季節」にしないで

仮に別れたとしても前向きに(写真:iStock)
仮に別れたとしても前向きに (写真:iStock)

 春を別れの季節だと怖がっても、変化は避けられません。だからこそ、ピンチはチャンスだと捉えてみてください。仮に別れてしまったとしても、とんとん拍子に新しい人とゴールインできることもあります。

 ぜひ、自分の感覚を大切にして、幸せを掴んでくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ