32歳不倫体質OLが告白!私の強みは「口の堅さと肉食体質」#1

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2022-04-15 17:04
投稿日:2022-04-08 06:00
 今や「不倫」という言葉は日常となった。また、「結婚はしたくないけれど、恋愛はしたい」「子供は欲しいけれど、結婚はイヤ」という女性も少なくない。
 今回、取材に応じてくれたのはU子さん(32歳広告代理店/独身)。待ち合わせ場所に現れた彼女は、ロングヘアを一つに束ね「クールビューティー」と形容するのがふさわしい美貌の持ち主だ。
 スタイリッシュな黒のワンピースにハイヒールを履きこなす美脚、メリハリのあるスタイルは、同性ながらじっと見入ってしまうほどのオーラを放っている。
 そんな彼女は、現在不倫中だ。高嶺の花ともいえる彼女に不倫事情を聴いてみた。

自称「肉食女子」の恋愛テクニック

二年前から、狙っていました(写真:iStock)
二年前から、狙っていました (写真:iStock)

ーー不倫中とのことですが、詳しくお聞かせください。

「相手は会社の上司である部長・Zさん(51歳広告代理店/妻子アリ)です。長身で彫りの深い顔立ちは、美形の部類に入るでしょうか。スーツの着こなしがお洒落でダンディ、頭も切れるし弁が立つ、知的な人です。

 二年前、彼が異動で同じ部署に来た時から、狙っていました(笑)」

ーー狙っているとは……U子さんは恋愛には積極的なタイプでしょうか?

「はい、いわゆる『肉食女子』ですね。いいなと思った人には、『好き好きアピール』を惜しみません。例えば、さりげなく『そのアイディア、素晴らしいですね』『今日は一段とダンディ!』などと言いながら、じっと見つめたり、場合によっては軽く腕をタッチしたり……。あ、あとは、積極的に彼の視界に入るようにしていました。

 わざわざ彼のデスクの前を通って無防備な後ろ姿を見せたり、エレベーターの中では彼のすぐ前に立ったり……人間て、会う回数や見る頻度が多いほど親近感を持ってもらえますよね。CMでいくども見かけるタレントに親近感をいだくのと同じ、単純接触効果を狙ったんです」

51歳の部長に仕掛けた恋の罠

相手に口説く隙を与えることが大事(写真:iStock)
相手に口説く隙を与えることが大事 (写真:iStock)

ーー素晴らしい恋愛テクニックですね。続けてください。

「で、彼と出会って半年後。一年半ほど前に同じプロジェクトチームとして行動する際に、親密な関係になりました。きっかけは、残業をして二人きりになった時『終わったら、軽く食事に行こうか』と誘われたことです。

 カジュアルなイタリアンレストランで、照明がほの暗くていいムード。お酒と食事を楽しみつつ、『遠距離恋愛の彼と別れて……』と切り出したんです。

 もちろん作り話です。独り身をアピールして、『部長みたいな男性がそばにいてくれたら、毎日がハッピーなのに……』などとほろ酔いで言いました。その時は髪をアップにして、うなじも強調しちゃった(笑)。

 ちょっと策士でしょうか?

 私は兄が二人いるので、子供時代から『どうすれば、男の子の気を引けるのか』みたいなことを自然に学習していましたね。

 ようは相手に口説く隙を与えるんです。

 普段から好意的に接し、独り身の寂しさをアピールする。加えて、ヘアメイク、ファッションにも気を抜かないことは大事ですね」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
「他人が家にいる」恋愛結婚した妻に興味が湧かない夫の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.90〜女性編〜」では、夫であるヒロムさんと心が通い合っていない虚しさに苦しむ妻・夏夜さん(仮...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
37歳レス妻の孤独感「結婚3年目、夫と心が通じ合わない」
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-14 06:00 ラブ
「不倫ずるずる」やめたいのにやめられない恋に悩む貴女へ
 相手が既婚者なのにも関わらず、関係を持ってしまう「不倫」。本当はやめたいと思っているのに、どうしてもやめられずにずるず...
恋バナ調査隊 2022-05-14 06:00 ラブ