年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-15 06:00
投稿日:2022-04-15 06:00
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってきますよね。今回は紫外線対策はいつから必要なのか、今さら聞けない5つの疑問と対策方法をご紹介します。

紫外線対策はいつからが正解? 今さら聞けない5つの疑問

 しっかりと紫外線対策をするには、知識を得ることが必要です。そこで、今さら聞けない疑問を解消していきましょう!

1. そもそも紫外線って、どんな影響があるの?

紫外線が肌に及ぼす影響って?(写真:iStock)
紫外線が肌に及ぼす影響って? (写真:iStock)

 紫外線が「肌に良くない」ということは知っていても、どんな影響があるのか知らない人も多いのではないでしょうか。

 紫外線はDNAを損傷させることで、肌細胞全体にダメージを与えると言われています。活性酸素を必要以上に発生させてさまざまな肌トラブルや肌老化の原因となるため、対策が必要なのです。

2. 紫外線対策はいつから必要?

春先から屋外での作業時は日焼け止めを(写真:iStock)
春先から屋外での作業時は日焼け止めを (写真:iStock)

 紫外線は、4月から8月にかけて増えていきます。3月にはすでに12月の2倍! つまり、気温に関係なく、紫外線は年中降り注いでいることになります。

 そのため、季節を問わずに一年中対策しておくことは基本として、特に3月頃からはより念入りなケアが必要だと言えるでしょう。 

3. PA、SPFの違いとは?

 日焼け止めクリームを探していると、PAやSPFといった文字を見かけると思いますが、この違いを知っておくことも紫外線対策のポイントになります。

 PAは、しわやたるみの原因となる紫外線A波を防御してくれるもの。対して、SPFはそばかすやシミなどの原因となる紫外線B波を防御してくれるものです。どちらも、数値が高ければ高いほど、防御効果が高いことになります。

4. UVA、UVBの違いとは?

 紫外線A波とも言われるUVAは紫外線の約90%を占め、気温や天候に関係なく一年中降り注いでいます。長時間浴びてしまうと、シミなどの原因となってしまいます。

 一方、紫外線B波と言われるUVBは紫外線の中の約10%ではありますが、有害性が高く、肌への影響が強いと言われています。肌トラブルだけでなく、健康面へも影響があるため、注意が必要です。

5. 日陰にいれば紫外線対策は必要ない?

屋内だからって油断は禁物!(写真:iStock)
屋内だからって油断は禁物! (写真:iStock)

 紫外線対策は「直接太陽を浴びなければ、大丈夫だろう」と、日陰を選んで歩いている人も多いでしょう。しかし、実は日陰も50%の紫外線が降り注いでいると言われているため、紫外線対策は必須です。

 また、室内にいても窓を通して紫外線は入ってきてしまうため、たとえば窓の近くで作業をする日などには十分に対策をしておくことが大切です。

キレイ情報ラボ
記事一覧
ライター女子部
女性のキレイを応援するラボ。メイク、スキンケア、バストケア、ヘアケア……など、役立つ情報をピックアップしてお届けします♡

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...