年々シミがね…いつから紫外線対策ガッツリやる? 対策法も

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-04-15 06:00
投稿日:2022-04-15 06:00
 寒い季節は紫外線をあまり気にしない人も多いですが、気温が上がってきて日差しが強くなると「対策をしないと!」と、焦ってきますよね。今回は紫外線対策はいつから必要なのか、今さら聞けない5つの疑問と対策方法をご紹介します。

紫外線対策はいつからが正解? 今さら聞けない5つの疑問

 しっかりと紫外線対策をするには、知識を得ることが必要です。そこで、今さら聞けない疑問を解消していきましょう!

1. そもそも紫外線って、どんな影響があるの?

紫外線が肌に及ぼす影響って?(写真:iStock)
紫外線が肌に及ぼす影響って? (写真:iStock)

 紫外線が「肌に良くない」ということは知っていても、どんな影響があるのか知らない人も多いのではないでしょうか。

 紫外線はDNAを損傷させることで、肌細胞全体にダメージを与えると言われています。活性酸素を必要以上に発生させてさまざまな肌トラブルや肌老化の原因となるため、対策が必要なのです。

2. 紫外線対策はいつから必要?

春先から屋外での作業時は日焼け止めを(写真:iStock)
春先から屋外での作業時は日焼け止めを (写真:iStock)

 紫外線は、4月から8月にかけて増えていきます。3月にはすでに12月の2倍! つまり、気温に関係なく、紫外線は年中降り注いでいることになります。

 そのため、季節を問わずに一年中対策しておくことは基本として、特に3月頃からはより念入りなケアが必要だと言えるでしょう。 

3. PA、SPFの違いとは?

 日焼け止めクリームを探していると、PAやSPFといった文字を見かけると思いますが、この違いを知っておくことも紫外線対策のポイントになります。

 PAは、しわやたるみの原因となる紫外線A波を防御してくれるもの。対して、SPFはそばかすやシミなどの原因となる紫外線B波を防御してくれるものです。どちらも、数値が高ければ高いほど、防御効果が高いことになります。

4. UVA、UVBの違いとは?

 紫外線A波とも言われるUVAは紫外線の約90%を占め、気温や天候に関係なく一年中降り注いでいます。長時間浴びてしまうと、シミなどの原因となってしまいます。

 一方、紫外線B波と言われるUVBは紫外線の中の約10%ではありますが、有害性が高く、肌への影響が強いと言われています。肌トラブルだけでなく、健康面へも影響があるため、注意が必要です。

5. 日陰にいれば紫外線対策は必要ない?

屋内だからって油断は禁物!(写真:iStock)
屋内だからって油断は禁物! (写真:iStock)

 紫外線対策は「直接太陽を浴びなければ、大丈夫だろう」と、日陰を選んで歩いている人も多いでしょう。しかし、実は日陰も50%の紫外線が降り注いでいると言われているため、紫外線対策は必須です。

 また、室内にいても窓を通して紫外線は入ってきてしまうため、たとえば窓の近くで作業をする日などには十分に対策をしておくことが大切です。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


あざとい女からメイクテクだけ拝借!“全パーツ”勉強になるわ
 みなさんの周りには計算し尽くされたあざとい女性はいませんか? メイクやファッションだけでなく喋り方や振る舞いまで、あざ...
40代女の“低身長”は武器にもなる! 悩み克服コーデ鉄則5カ条
 低身長な40代女性は、「自分に自信が持てない」「似合う服がなかなか見つからない」と悩みを抱えている人が多いようです。で...
「オバ見え」警報発令中! いまさら聞けない服選びの注意点
 鏡の中の自分の姿を見て「前より老けて見えるかも……」と感じたことがある人も多いのではないでしょうか。今回は、オバ見えフ...
【洗面台問題】歯磨きグッズの見直しでシンプルに格上げ♪
 シンプルでスッキリとした洗面台に憧れているのですが、どうすればオシャレに見えるのでしょうか?  備え付けの洗面台を交...
シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしま...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...