「芸能人二世」サバイバル! 生き残るための“最大武器”は?

コクハク編集部
更新日:2022-04-15 06:00
投稿日:2022-04-15 06:00

中山秀征長男、斉藤由貴長女も参戦!

お父さんと目元がソックリ/「しろめし修行僧」公式インスタグラムより
お父さんと目元がソックリ /「しろめし修行僧」公式インスタグラムより

 この春も芸能界は二世が注目を集めるようでーー。タレントの中山秀征(54)の長男・中山翔貴(23)は4月8日スタートのテレビ東京系ドラマ24「しろめし修行僧」(毎週金曜深夜0時12分~)で俳優デビューを果たした。主人公でお笑いトリオ・ハナコの岡部大(32)が演じる米田(こめだ)たくあんの弟役で、全国行脚修行をしながら、各地のご飯のお供と出会うという役柄だ。

 女優の斉藤由貴(55)の長女・水嶋凜(22)も今春、女優として本格デビュー。NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に出演するほか、今秋上演のミュージカル「シンデレラストーリー」に主演することが決定している。

 ともに地上波などでの華々しいデビューとなるが、二世タレントは毎年のように登場するだけあって、“二世枠”の中での生き残り競争は激しい。

「生き残る二世」の法則は?

石橋静河(写真左)も趣里も演技派さん(C)日刊ゲンダイ
石橋静河(写真左)も趣里も演技派さん (C)日刊ゲンダイ

 たとえば、俳優の水谷豊(69)と元キャンディーズのメンバー伊藤蘭(67)の一人娘・趣里(31)や俳優の石橋凌(65)と女優の原田美枝子(63)の次女・石橋静河(27)は、演技派女優として確立し、引っ張りだこに。演歌歌手の森進一(73)と元歌手の森昌子さん(63)の長男・Taka(34)は、ロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリストで、国内外で活躍する。

 一方、薬物使用や暴力などの不祥事で消える二世もいるし、いつの間にか“あの人はいま”となるケースも多い。「生き残る二世」に法則はあるのか。芸能リポーターの川内天子氏はこう言う。

二世も入れ替わりのサイクルが早い

「今は二世も入れ替わりのサイクルが早く、勝ち残るのに必死です。七光りや十四光りは十分利用すべきで、プラスして覚えてもらえる特徴が必要になります。声に特徴があったり、主演を狙うのではなく名脇役のような唯一無二の演技力があったり、そういうタイプの俳優やミュージシャンが生き残っています」

 逆にモデル業やバラエティータレントは、ポッと出の現場として親の知名度もある分、デビューはしやすい。だが、チャンスが少ないという。

「モデルは努力だけでは身につかない無言の表現力やオーラが必要ですし、バラエティーはトークの引き出しや切り返し力がモノをいう。ライバルも多いので、話題性で2~3回は出られても爪痕を残さなければ容赦なく切られてしまいます。演技や音楽はコツコツ努力を重ねてチャンスを掴むケースも多いですが、モデルやマルチタレントは相当な素質がないと厳しいですね」(前出の川内天子氏)

親の面影が強いのも重要なポイント

村上虹郎くんはサービス精神も旺盛(C)日刊ゲンダイ
村上虹郎くんはサービス精神も旺盛 (C)日刊ゲンダイ

 どことなく親に似ていることも重要らしい。ちなみに川内氏が選ぶ二世の注目株は、ミスチル桜井和寿(52)と元タレントの吉野美佳さん(50)の長男・Kaito(21)と、俳優の村上淳(48)と歌手のUA(50)の長男・村上虹郎(25)、俳優の浅野忠信(48)と歌手のCHARA(54)の長男・佐藤緋美(22)だ。

「Kaitoさんは父親と同じミュージシャンとして、村上虹郎さんは俳優、佐藤緋美さんはモデル・俳優としてデビューしています。共通して、父母の面影が強く、知らない視聴や読者も『どこかで見たことある』と感じるルックスで親近感が得られやすい。これは、七光り、十四光りとしてトクしている点。さらに、Kaitoさんは芸能人の子どもとして育ったとは思えない透明感があり、村上さんは同世代でもトップクラスの演技力、佐藤さんは声がいいのが特徴です」

 そういえば、木村拓哉(49)と工藤静香(51)の2人の愛娘、長女・Cocomi(20)と次女・Kōki,(19)もこれらの条件にガッツリ当てはまる。さて、中山翔貴は父親と別のジャンルを開拓し、水嶋凜は個性派女優の母親と同じ道を目指すが、どう出るか。

関連キーワード

エンタメ 新着一覧


NHKの夜ドラは浸透するか?「カナカナ」眞栄田郷敦を食う“天才子役”と武田真治の怪しさ
「夜ドラ」──まだまだ聞き慣れないが、NHKが2022年度からスタートさせたドラマ枠の通称である。月~木曜の夜10時45...
2022-05-24 17:03 エンタメ
帰国への布石? ピース綾部“けちょんけちょん”の英語力は壮大なボケだったのか
 アメリカ在住のピース綾部祐二(44)が19日、自身のユーチューブチャンネルを開設した。渡米から5年、「最初の計画は失敗...
2022-05-24 17:03 エンタメ
キムタクドラマ“ダウン寸前”から復調傾向…カギ握る「未来への10カウント」脇キャラたち
〈キムタク主演で屈辱的低視聴率〉〈ドラゴン桜のボクシング版〉など、あれこれ言われてきた、テレビ朝日系連ドラ「未来への10...
2022-05-24 17:03 エンタメ
ゼレンスキー大統領の「文化外交」手腕 情報戦略のプロが“刮目ポイント”を解説
【寄稿 北島純(社会情報大学院大学特任教授)】  5月14日に伊トリノで開催された音楽祭「ユーロビジョン」でウクライナ...
2022-05-24 17:03 エンタメ
「かみさんは妹弟子みたいなもんですよ。昇也のことを『お兄さん』て呼ばなきゃ」
【春風亭昇太・春風亭昇也 師弟で大いに語る】#6  昇太は、「自分が売れれば落語界はよくなる」という考えで、いい意味で...
2022-05-24 17:03 エンタメ
日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの
「スッキリ」(日テレ系)のMCを務める加藤浩次(53)に強力なライバルが出現だ。いまや谷原章介(49)が司会を務める後発...
2022-05-24 17:03 エンタメ
向島の料亭「櫻茶ヤ」さんで長唄の会を催しました!
 東京にも京都のような花街はある。新橋・赤坂・神楽坂・芳町・浅草・大塚・八王子……中でも向島には現在も100人以上の芸者...
2022-05-24 17:03 エンタメ
橋本梨菜さんが夢を語る「ファンも一緒に飲める『バー橋本』をやること」
【今だから語れる涙と笑いの酒人生】  橋本梨菜さん(グラビアアイドル/28歳)  小麦色の肌に包まれたパワフルなボデ...
2022-05-23 17:03 エンタメ
落語家ヨネスケさんは今…2015年に離婚し1人暮らし「結婚はもういい!」
【あの人は今こうしている】  桂米助さん(落語家/74歳)  ワイドショー「ルックルックこんにちは」(日本テレビ系)...
2022-05-23 17:03 エンタメ
清野菜名が「トップコート」電撃移籍の真相 新田真剣佑の“隠し子騒動”封じた大手事務所の影響力
 清野菜名(27)が大手芸能プロダクション「トップコート」に電撃移籍したことが、関係者の間に波紋を広げている。昨今の芸能...
2022-05-23 17:03 エンタメ
表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?
 先日、岸田首相を表敬訪問し、さらなる日本の支援を求めたウクライナの「国民的歌手」チーナ・カーロリさん(37)。あの時は...
2022-05-22 17:03 エンタメ
ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある
【桧山珠美 あれもこれも言わせて】  スタートしてかれこれ1カ月。ネットで叩かれまくっているのが朝ドラ「ちむどんどん」...
2022-05-22 17:03 エンタメ
自分にプレッシャーをかけ…キャラになりきる友近の「人生コント」
【今週グサッときた名言珍言】 「“人生コント”って、ちょっと自分でも思ってるとこもあって。常にクスッと、どっか自分を見...
2022-05-22 17:03 エンタメ
広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感
 最近、広末涼子(41)が自身のプライベートをさらけ出し始めて話題になっている。女優は生活感を出しすぎると仕事に影響が出...
2022-05-22 17:03 エンタメ
フジテレビ新人事で中山美穂「完全復活」に高まる期待 深津絵里の成功が追い風に
 フジテレビの新社長に共同テレビジョン社長の港浩一氏(70)が内定した。港氏は同局のディレクター・プロデューサーとして「...
2022-05-22 17:03 エンタメ
小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない
【皇室のトリビア】#67  アメリカ・ニューヨーク州の司法試験が2度目も「不合格」と伝えられた小室圭さんは、この7月に...
2022-05-22 17:03 エンタメ