「豚ロース肉のソテー粒マスタードソース」パンチ効いた味

コクハク編集部
更新日:2022-04-22 06:00
投稿日:2022-04-22 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は千葉・流山のフランス料理店「CONCERTO」の清水善幸さんに、ガツンとお肉が食べたい日にピッタリな「豚ロース肉のソテー粒マスタードソース」のレシピを教えていただきました。

マスタードとキュウリの酢漬けが◎

合う酒=赤ワイン(C)コクハク
合う酒=赤ワイン (C)コクハク

 デミグラスソースなのに、酸味が後を引いていくらでも食べられます。料理を引き締まった味にしているのがマスタードとコルニッションーー小ぶりなキュウリの酢漬け。ガツンとした肉料理ですよー♡

「当店はクラシックなフレンチを標榜しています。今のフレンチは可愛さ、奇麗さ、技巧を追求している節がありますが昔のフレンチは『フルコースは日本人には食べられない』と言われたほど量が多い。もちろん、味も素晴らしい。満腹になって満足してもらうのがクラシックスタイルです」とは清水さん。

 今回は市販のデミグラスソースを使用しましたが、お店で出すものはもちろん自家製。普段は化学調味料を使わず、お客さんの間でも「自然な味がする」と評判です。

【材料】

・豚ロース肉(厚切りスライス) 100グラム
・タマネギ(スライス) 半個
・小麦粉 適量
・お好みでマッシュポテト(ボイルしたジャガイモをつぶし、バターを入れて混ぜてから好みの硬さになるように牛乳でのばし、塩を加える)

【ソース】
・タマネギ(みじん切り) 40グラム
・コルニッション(粗みじん切り、ピクルスで代用も可能) 20グラム
・無塩バター 20グラム
・ローリエ 1枚
・きびさとう 3グラム
・赤ワイン 300㏄
・デミグラス缶  180グラム
・水  50㏄
・粒マスタード   ソース50グラムに対して6グラム

【レシピ】

(1)鍋でバターを溶かし、タマネギとローリエを入れて弱火でソテー。タマネギが透明になったらコルニッションを加えてさっと炒め、赤ワイン200㏄を加えて弱火で煮詰める。

(2)水分がほぼなくなったら、残りの赤ワイン、デミグラスソース、きびさとうを加え、なじませながら煮る。

(3)水を加えてさらに煮詰め、味がなじんだら火から下ろして粒マスタードを入れて軽く混ぜる。以上でソースは完成。

(4)豚肉の表面を包丁の刃先で格子状に細かく叩く。塩コショウをして小麦粉をまぶし、バターでソテー。肉を取り出し、タマネギのスライスも同様に弱火でバターソテー。

(5)マッシュポテトの上に豚肉を載せ、その上にタマネギ。ソースは黒コショウの粗びきを多めに振る。

本日のダンツマ達人…清水善幸さん

▽清水善幸(しみず・よしゆき)
 1972年、東京都生まれ。調理学校を卒業後、帝国ホテルに25年間勤務し、大使館の公邸料理人なども務めたベテランシェフ。3年前に独立し、現在に至る。

▽コンチェルト
 店名の由来は「お客さんと店が協奏曲のように調和したい」という思いから。美食ではない、昔ながらのクラシックなフランス料理をリーズナブルな値段で楽しめる。

千葉県流山市江戸川台東2-251-1

(日刊ゲンダイ2020年3月4日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「いぶりがっこのポテトサラダ」燻製の風味でオトナ味に変身
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・歌舞伎町の居酒屋「のだぴん」の野田義彦さん...
「タコとキュウリのゴマ油和え」切って混ぜれば、はい完成!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・歌舞伎町の居酒屋「のだぴん」の野田義彦さん...
【業務スーパー】激ウマ冷凍食品おすすめ3選 2022.9.27(火)
 近ごろ話題の業務スーパー。最大の魅力は、安くて大容量なところですよね。今回は、おかずに“ちょい足し”したい冷凍食品を厳...
「マグロとアボカドの梅わさび」5分で完成! 時短なのに美味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・歌舞伎町の居酒屋「のだぴん」の野田義彦さん...
【セリア】TKG“格上げ”アイテムお試しルポ 2022.9.24(土)
 たまごかけご飯ってなんであんなにおいしいんでしょうか。ほかほかご飯にたまごをポン。たったそれだけで、人を幸せな気持ちに...
「エビのひと口豆腐ピザ」ピザ生地代わりに豆腐を使ったら?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷の和食店「さわ野」の澤野万作さんに、溶...
超絶ツボ! カルディで買える女子会やホムパでかぶらない1本
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-09-22 15:32 フード
「冷やし茹で鶏のオクラソースがけ」おいしくてヘルシー♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷の和食店「さわ野」の澤野万作さんに、冷...
【マクドナルド】新・月見バーガー実食レポ  2022.9.17(土)
 今年も月見バーガーの季節がやってきました! すっかり秋の風物詩ですね。  例年は、月見バーガーとチーズ月見バーガ...
「トウモロコシの棒寿司」巻くだけ簡単!大人も子供も大好き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷の和食店「さわ野」の澤野万作さんに、1...
超人気パン屋「アマムダコタン」2時間の行列は本当か?
 昨年10月、福岡市内で人気のパン屋「アマムダコタン(AMAM DACOTAN)」が表参道に出店すると告知されてから、そ...
「アサリと枝豆の酒蒸し」うま味ダシが染みた枝豆にほっこり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・四谷の和食店「さわ野」の澤野万作さんに、意...
「おつまみミートボール」あえて不揃いな形に丸める理由は?
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「マルディ グラ」の和知徹さんに、武...
カルディに急げ!?ノリにノッている激旨&コスパ最強赤ワイン
 みなさん、はじめまして! フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。今回初投稿なので、すこぶるワクワクしております!  ...
市野瀬瞳 2022-09-07 06:00 フード
銀座ライオンで「大人様プレート」をガチ食い2022.9.6(火)
 お子様ランチーー。ハンバーグにエビフライといった人気のおかずが勢ぞろいした魅惑の一皿ですよね。筆者も子どもの頃、大好き...
「オニスラチーズ奴 カレー醤油がけ」豆腐やっぱり偉大なり
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・銀座の「マルディ グラ」の和知徹さんに、遊...