松潤・キムタク・ニノ…主演作の明暗、私生活切売りがアダ?

こじらぶ ライター
更新日:2022-06-01 12:36
投稿日:2022-04-23 06:00

テレ朝木曜ドラマ枠は連続でジャニーズ主演

「ドクターX~外科医・大門未知子~」など数々の人気作を生み出してきたテレビ朝日の木曜ドラマが2クール連続で苦戦している。それも、今年1月期は嵐の松本潤(38)を、4月期からは天下の木村拓哉(49)を主演に据え、豪華キャストで盤石の体制をとったにもかかわらず、だ。

 松本が主演を務めた「となりのチカラ」は、人間愛にあふれながらも、何をしても中途半端な主人公・中越チカラが、同じマンションの住人の悩みを解決していく社会派ホームコメディだった。初回と第2話までは話題性もあり世帯視聴率10%超えを記録したが、以降は一桁が続き、全話平均視聴率は9%台に留まった。

 もちろん、視聴率の低迷は松本だけのせいではない。家庭内暴力、ヤングケアラー、外国人就労といった難題を、おせっかいなチカラがありえないくらい首を突っ込んで、なぜか分からないけど次々と解決できてしまう雑な展開で、脚本も大いにその原因になっただろう。

「王子様顔」すぎて似合わなった

 ただ、“冴えない夫であり2児の父”という役どころが、どうしても「王子様顔」すぎる松本には似合わなかった。問題はビジュアルだけでなく、間の悪いことにドラマ放送を前にした先の年末年始、トーク番組で松本は「独身貴族・嵐の松本潤」をこれでもかと披露してしまっていた。結婚は現状ないと言い切りつつ、主演映画の公開など仕事はいたって順調で充実しているようだった。

 過半数が既婚者となった嵐の中で、バランサーとして、あえて独身であることを強調したのかもしれないが、ともかく、私生活をオープンにしたその姿が焼き付いたままドラマが始まってしまったため、“妻に罵られ、子供に馬鹿にされるなさけないチカラ”が全く馴染まず、“カッコいい松潤”からの脱却とはならなかった。

 今月14日からは、同じ放送枠で木村主演の「未来への10カウント」がスタートした。かつてアマチュアボクサーとして輝かしい成功を収めながら、度重なる不運に見舞われ生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾が、廃部寸前の母校のボクシング部のコーチを引き受け、熱い気持ちを取り戻す姿を描くスポ根ものだ。

「カッコいいキムタク」“孤独なボクサー”役でもチラつくファミリーの顔

 放送前に多くの視聴者が予想した通り、最初は哀愁漂っていたキムタクが、なんだかんだ拳ひとつで次々と相手を打ち負かし、“カッコいいキムタク”になっていった。初回平均世帯視聴率は11.8%、第2話が10.5%(いずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)で、キムタクドラマとしては低調なスタートであり、全話平均一桁となった「となりのチカラ」の初回及び第2話とトントンだった。

 こちらもその数字すべてが木村だけのせいではない。“王道スポ根”といえば聞こえはいいが、どこかで見たような、既視感満載のありきたりなストーリー展開で、むしろキムタクドラマでなければ途中離脱した、という視聴者も多かったのではないか。

 ただ、主人公・桐沢に感情移入できないのは、やはり木村も私生活をオープンにしすぎているからではないだろうか。桐沢は妻を亡くしており、久しぶりに再会した恩師に「家族はいません、独り者です」「(結婚は)1度…しましたけど」と悲愴感ありげに話すシーンがあった。だが、どうしても浮かんでしまう。とっても仲良しの、妻と、2人の娘が、私生活を滲ませるSNSの投稿を頻回にあげていることが。

ドラマ終了後に「happy birthday!」

 またこのドラマ初回放送日がちょうど妻の誕生日で、放送終了後には、木村が自身のSNSで「happy birthday!」とお祝いのメッセージを公開したため、ファンが余韻に浸ることが出来ず「興醒めした」なんてことも報じられていた。役者が私生活をオープンにしてはいけないわけではないが、松本にしろ木村にしろ、タイミングが少し悪かったかもしれない。

「未来への10カウント」自体は、タイトル通りのサクセスストーリーが予想されるため、陰鬱な展開がひたすら続いた「となりのチカラ」よりは継続視聴しやすいだろう。

 一方で、私生活のおかげで役に説得力を持たせることに成功しているのが二宮和也(38)だ。主演を務める日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)は今月10日に放送された初回が平均世帯視聴率12.6%、第2話も12.8%と微増し好調を維持している。また数字以上に、二宮と妻役の多部未華子(33)の演技が凄い、と話題になっている。

二宮&多部コンビの圧倒的演技力

 同作は、オンラインゲーム会社社長である主人公・鳴沢温人と妻・未知留が、小学生の娘を誘拐され、身代金5億円を要求されるところから始まる。直面する数々の試練によって、家族の絆が試されていくノンストップファミリーエンターテインメントだ。

 二宮は嵐で最初に既婚者となり、昨年3月には第一子が誕生している。現役の国民的アイドルグループの一員だっただけに、祝福の声ばかりではなかったが、ついにその私生活が仕事に活かされる時が来たといえるだろう。

 ただ、二宮も多部も既婚で子供もいるが、容姿はどちらも若々しく、あまり父親、母親というイメージはなかった。そのため、最初は娘を誘拐された両親という設定に違和感を覚える視聴者も多かった。だが、物語が進むにつれ風向きが変わる。

 娘を救いたい一心で犯人からの無謀な要求に必死に喰らいついていき、目を赤くし声を震わせ娘への想いを語る温人と未知留。2人は仮面夫婦であったが、娘を救うという共通の目的のためにそのことを忘れ、気が付いたら互いの手を握りしめていた。

「アイドルの枠を超えている」

 ネット上では、この絶妙に微妙な夫婦の距離感は、2人の演技力があってこそ醸し出せるものだと多くの視聴者が胸を打たれている。また「二宮の演技はアイドルの枠を超えている」といった声もあがっている。

 ドラマの好調はスピード感があり先が読めないストーリーに支えられているのは間違いないが、夫であり父となった二宮の突き抜けた演技力も絶対に無くてはならないものだろう。

こじらぶ
記事一覧
ライター
ジャニーズ、秋元康系女性アイドル、ローカル、地下アイドル等数々の現場を経験。Xでもご意見を募集しております。

エンタメ 新着一覧


森口博子の現在地 56歳でも「仕事ファースト人生」だが…体調不良でイベントと収録欠席の不安
 歌手の森口博子(56)が「体調不良のため、出演を見合わせていただくことになりました」と公式サイトで発表し、心配する声が...
2024-07-24 17:03 エンタメ
中野英雄は離婚した妻と同居、カノジョは28歳年下の女優…アラ還俳優の「優雅な私生活」
 還暦近いアラカン男の私生活が話題だ。まずは俳優の中野英雄(59)である。長年連れ添った2歳年上の妻と40代の頃に離婚、...
2024-07-23 17:03 エンタメ
悠仁さまの受験を左右する“勝負の夏”は公務に学会と大忙し…成年式は卒業後で学業最優先モード
 7月31日、8月1日に岐阜県で開催される「全国高等学校総合文化祭」に、秋篠宮家長男の悠仁さまが出席されるという。今年9...
2024-07-23 17:03 エンタメ
涼子さまの消息も明らかに…「ヒロインじゃない面々」のその後を描く意味
 寅子(伊藤沙莉)は「学校に友達はいない」という優未(竹澤咲子)の発言が気にかかる。  出勤すると、杉田(高橋克実...
桧山珠美 2024-07-23 15:45 エンタメ
夏ドラマ何見てる?『新宿野戦病院』『ブラックペアン2』への本音を調査
 2024年7月スタートの夏ドラマが出揃ってきましたね。今期もたくさんのドラマが放送していて、どれを見ればいいのかわから...
松本人志「ミヤネ屋報道」に他局社長が異例の苦言…カギを握る性加害告発A子さん出廷の有無
「芸能ネタとか社会ネタとか別にして、きちんと自分のところで情報の真偽を確認しないとダメですし、うわさ段階で報じるのはメデ...
2024-07-22 17:03 エンタメ
尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた
【週刊誌からみた「ニッポンの後退」】  松本人志は焦っている。  自分が“世界でいちばん悲しい、忘れられたお笑い芸人...
2024-07-21 17:03 エンタメ
スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差
 スピードワゴンの井戸田潤(51)とモデルの蜂谷晏海(32)の間に16日、第1子となる男児が誕生した。  井戸田は「産...
2024-07-20 17:03 エンタメ
美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路
 歌手生活60周年記念コンサートを開催した美川憲一(78)が、NHK紅白歌合戦にキツイ一言を放った。  60周年を記念...
2024-07-20 17:03 エンタメ
旧ジャニーズ性被害者の救済は道半ば…申告者は1000人を突破するも「補償を受けられない」159人
 旧ジャニーズ事務所の創業者である故ジャニー喜多川氏による連続児童性加害で、スマイルアップ社の補償受付窓口への申告者が1...
2024-07-19 17:03 エンタメ
福原遥は「マル秘の密子さん」が転機に? “優等生キャラ”の不気味な笑顔に恐怖を感じるワケ
 夏の連ドラに出演中の嵐の櫻井翔(42)と福原遥(25)は、いずれも“裏の顔”がありそうな謎めいた役柄を演じている。 ...
2024-07-19 17:03 エンタメ
広末涼子いまだ女優復帰できず開店休業状態が続く裏側 不倫騒動から1年、鳥羽シェフと“結婚間近”も…
 昨年6月に報じられた料理人の鳥羽周作氏との不倫スキャンダルから1年余り。女優の広末涼子(43)はその後も厳しい状態が続...
2024-07-18 17:03 エンタメ
“カウンセラー”星航一(岡田将生)、ちぐはぐぶりがチャーミングだった件
 父親の話が聞きたいと言う優未(竹澤咲子)に、寅子(伊藤沙莉)は優三(仲野太賀)の話をすることができない。寅子は航一(岡...
桧山珠美 2024-07-18 15:50 エンタメ
なぜ塚地武雅、藤井隆はドラマ出演が続く? 不人気芸人との決定的な違い
 7月に入り、2024年夏の新ドラマが次々にスタートしています。なかでも話題になっているのが、宮藤官九郎脚本の『新宿野戦...
松本人志と文春の“不可解な場外戦”…告発A子さん&知人弁護士の不倫疑惑と、出廷妨害の行方
《Xのおすすめ。やたら猫の映像が流れて来るねんけど…猫キライじゃないけど…どう設定したら犬をすすめてくるん?》    1...
2024-07-17 17:03 エンタメ
《2025年に日本を出ます》…團十郎&占い師「突然ですが占ってもいいですか?」で"意味深トーク"の後味の悪さ
 7月9日放送のフジテレビ系バラエティー番組「突然ですが占ってもいいですか?」で繰り広げられた、占い師の木下レオン氏と歌...
2024-07-17 17:03 エンタメ