「愛情不足では?」元旦那と離婚、呪縛から逃れた先の“偏見”

tumugi・ひでまる ツレ婚夫婦ライター
更新日:2022-06-30 18:48
投稿日:2022-05-03 06:00
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザーを経て「ひでまる」と再婚。今では3人目の子どもが誕生し、5人家族で暮らすアラサーです。
 子連れ離婚&シングルマザーとなった私を常に苦しめた悩みは「お金」です。本連載は当時を振り返りながら、ひでまるとともに実体験に基づく「離婚・再婚のリアル」をお伝えします。

離婚後の周囲の反応は冷ややかなものだった

離婚から3カ月経った頃、時間を見繕って遊びに行った際のものです(写真:tumugi)
離婚から3カ月経った頃、時間を見繕って遊びに行った際のものです (写真:tumugi)

 離婚してシングルマザーとなり、実家近くのアパートで暮らすこととなった私と子どもたちは、不安と期待がごちゃまぜの気持ちで新たな春を迎えました。

 今思えば当時19歳だった私はまだ社会を知らない子どもであり、ましてや母親としての自覚も持ち合わせてはいません。将来の計画など立てないまま、若さと勢いで結婚。ノンストップで走り続けました。その結果、2人の子どもを連れたまま逃げるように離婚となったのです(「いざ離婚!公正証書作成で養育費月6万円、元夫は顔面蒼白に」参照)。

 大学中退からのデキ婚なんて、周りから見ても失敗が容易に予想される結婚だったのでしょう。口から出る「大丈夫?」という言葉には、「やっぱりね」という呆れた声色が混じっているのが嫌でも分かります。私は悔しさと恥ずかしさで「大丈夫」としか言えませんでした。

(誰も私を心から心配してくれない! こんなに傷ついてボロボロなのに……)

 自分勝手な思考に自己嫌悪を感じつつも、表面上は元気なフリを続けていたのです。

 結局はすべて自分が選んだ道。責任は自分で取るしかありません。

保育園での先生の態度が他のママと違う…?

先生の態度に違和感(写真:iStock)
先生の態度に違和感 (写真:iStock)

 そんななか、新しい仕事である保険外交員の研修期間が終わり、実際にお客様のお宅へ訪問し、保険を販売するステップに入りました。私が保険外交員の仕事を選んだ理由は、手厚い福利厚生に加えて、子どもが急病で突発的に休む、学校行事で少し仕事を抜けるなど、生活に合わせた働き方ができるためです。

 シングルマザーとして働く以上、保護者としての責任は全て一人で背負うことになります。保険外交員は個人に求められた目標の売り上げを達成させればそれで良く、周りに迷惑をかけることなく働ける絶好の環境だったのです。

保険の外交員は魅力的な仕事

 実際に、職場の半数以上がシングルマザーの方たちばかりで、「お互い様」という精神で成り立っていました。営業という性質上、精神的なプレッシャーは大きいですが、コツを掴めば非常に魅力的な仕事だと思います。

 研修終了に伴い、今までは15時に仕事が終わり16時に保育園へお迎えに行くというサイクルでしたが、研修後は就業時間が17時半に終わり、お迎えは18時頃になってしまいました。ひどい時は保育園の終了時間である18時半ギリギリにお迎えとなってしまうことも……。

 しばらく世話しない生活を送っていましたが、保育園へ子どもたちを送っていく際に妙な違和感を抱くようになりました。

(なんだか先生の態度が心なしか冷たい……?)

 気付いた頃には長男のクラス担任の先生の態度が大きく変わっていたのです。他のママにはにこやかに接しているにもかかわらず、私の番になったら笑顔が消えて口数も少なくなります。

「今日もお迎えが遅くなるんですか?」

「はい。……すみません。なるべく早くお迎えに来れるよう頑張ります」

「ハァ……。分かりました」

 そう短く返した先生は、こちらを一瞥して教室へと戻っていきました。

tumugi・ひでまる
記事一覧
ツレ婚夫婦ライター
10代で結婚、20代で離婚した3人の子を持つ占い師ライターtumugiと、元妻に2回も不倫サレてバツイチとなった会社員のひでまるが出会い、ステップファミリー(子連れ再婚)に。夫婦ともにFPの資格を所持し、保険会社勤務の経歴を持つ。自らの体験から『ステップファミリーの本音』をテーマに情報発信をしている。ステップファミリーを目指す方の背中を押すべく占い×実体験のアドバイスを用いて活動中!
ブログYouTubeXInstagram公式LINE
◆相談はこちら

関連キーワード

ラブ 新着一覧


サレ妻“み”のXが話題さらった件【専門家警鐘】不倫女への“鉄槌”正解は?
 30代サレ妻の「み」と称したXのアカウントが話題になっているのはご存じか。フォローは12万人(現在は削除)で、夫が職場...
「未来永劫結婚ナシの女でもズルズル」40男が眈々と待つ恋人が爆発する日
「冷酷と激情のあいだvol.195〜女性編〜」では、結婚前提で交際を始めた恋人と、交際1年を過ぎても具体的な進展がないこ...
並木まき 2024-05-18 06:00 ラブ
「結婚前提交際だよね?」婚姻関係を露骨に拒む彼と闇落ち寸前の38歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-18 09:24 ラブ
彼の本妻になりたい!アラフォー「内縁の妻」が略奪愛を目論むまで #1
「内縁関係」という言葉を聞いて久しい。「内縁関係」とは、夫婦としての実態はあるものの、法的な婚姻が成立していない状態をし...
蒼井凜花 2024-05-17 06:00 ラブ
夏前に元カレと「復縁できる女/無理な女」自爆テロより効果的な仕掛けは
 夏が近づくにつれて増えてくるのが、「元カレと復縁したい」と考える女性たちです。  なんとか彼の気持ちを取り戻そうと、...
内藤みか 2024-05-16 06:00 ラブ
元彼との復縁、前兆あり。リアルでもXでも「おすすめ」されたら…
「彼ともう1度やり直したい」と、復縁を望んでいる女性は要チェック! 今回は、復縁の前兆として見られるサインを6つご紹介し...
恋バナ調査隊 2024-05-16 06:00 ラブ
結婚したくない男たちのホンネ6選 見切るか粘るか決めるのはあなた次第
 アラサー・アラフォー女性なら、今の彼氏との結婚を視野に入れているのではないでしょうか。でも、その彼氏があなたとの将来を...
恋バナ調査隊 2024-05-14 06:00 ラブ
「将来見据えて倹約したいのに…」妻のお出かけ願望が理解できない30代男
「冷酷と激情のあいだvol.194〜女性編〜」では、結婚早々に節約生活を強いられている生活に嫌気が差している新妻・果穂さ...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
非正規雇用のアラフォーが結婚した男は、“夜のベッド”が生き甲斐のケチ夫
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-05-11 06:00 ラブ
「子供欲しい」が夫に言えない…タイムリミットに焦る妻の複雑事情
 夫婦であれば、夫に「子供欲しい」と言うのはそう難しくないはず。でも、言えずにモヤモヤしている女性もいるようです。今回は...
恋バナ調査隊 2024-05-10 06:00 ラブ
結婚に優柔不断な彼はいつ見限るべき?「時間を返して」と嘆く女性たち
 定期的に会い続けている仲の男性がいるけれど、今後のことについて話をしようとすると避けられてしまう。そんな悩みを抱えてい...
内藤みか 2024-05-09 06:00 ラブ
①ナル②浮気③競う④群れ サッカー部だった男の嫌いな特徴5、ラス1は
 モテる男の部活といえば、何を思い浮かべますか? そうですね、サッカー部です。学生時代、サッカー部のイケイケ男子に憧れて...
恋バナ調査隊 2024-05-08 06:00 ラブ
幸せになれるのは超わずか…セフレの終わりは突然やって来る
 付き合ってはいないものの体の関係を持つセフレ。「割り切った関係」「楽な関係」であるため、恋愛が億劫になっている人は憧れ...
恋バナ調査隊 2024-05-07 06:00 ラブ
父が浮気している…? 大人になった今だからできる4つの家庭崩壊回避術
 あなたは自分の父が浮気していると知ってしまった時、どうしますか? もし知ったのが未成年の頃であれば、誰に相談していいか...
恋バナ調査隊 2024-05-06 06:00 ラブ
え、彼氏いたの?処女のままの私と、処女を喪失していたオタ友への嫉妬。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳まで性体験がなかった私ですが、これまで処女...
mirae.(みれ) 2024-05-06 06:00 ラブ
サレ妻「不倫相手に会う」の巻 ママ友、かばう夫…ただで済むと思うなよ
 夫に不倫された“サレ妻”。「ただで済むと思うなよ!」と、怒りや憎しみMAXで不倫相手に会いに行く人もいます。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-05 06:00 ラブ