「前髪切りたい」衝動の理由…伸ばしたい人必見“対処法”4選

キレイ情報ラボ ライター女子部
更新日:2022-09-23 06:00
投稿日:2022-09-23 06:00
 前髪をある日突然、切りたくなる人って案外多いと思います。伸ばしかけていたとしても、計画的ではなく「衝動的」に切ってしまうんですよね……。あまりに毎回切ってしまうので「もしかして病気?」と不安になる人もいるようです。今回は、なぜ前髪を切りたくなるか4つの理由と、伸ばしたい人向けの対処法をご紹介します。

衝動的に前髪を切りたくなる4つの理由

突然、前髪切りたくなるときあるよね(写真:iStock)
突然、前髪切りたくなるときあるよね (写真:iStock)

 さっそく、なぜ人は衝動的に前髪を切りたくなるのか、特に多い4つの理由をチェックしてみましょう。

1. 伸びかけの髪の毛がストレスだから

髪の毛がうっとおしい…(写真:iStock)
髪の毛がうっとおしい… (写真:iStock)

 一つ目の理由は、ストレスです。髪を伸ばそうとする時に必ず通るのが「中途半端」な状態です。前髪が目にかかっていつも視界が悪く、相当なストレスが溜まりますよね。結局、伸びるまでストレスに我慢できず、限界がきたタイミングで髪を切ってしまうのです。

 また、前髪とは別に、実生活で大きなストレスを抱えている場合、前髪を切ってストレスを発散しようと考える人もいるでしょう。

2. 気分を切り替えたいから

 気分を切り替えたい時に、前髪を切る人もいます。ドラマでもよく、失恋した女性が髪をバッサリ切りますよね。実際に、ヘアスタイルを変えると気分がガラッと変わります。

 新しい自分になれたような気がして、新鮮な気持ちになるのです。特に、新しいことをはじめようとしていたり、「変わりたい」と思っていたりする場合は、衝動的に前髪を切って気持ちを引き締めようとしているのかもしれませんね。

3. 試したい髪型が見つかったから

あ、この髪型可愛い(写真:iStock)
あ、この髪型可愛い (写真:iStock)

 可愛いと思える髪型を見つけた場合も、前髪を切りたいと思うきっかけとなるでしょう。上手に切れればいいのですが、失敗して後悔する場合もあります。

 また、一時的に可愛い髪型だと思っただけかもしれません。もしもまた気が変わってしまった時には、激しく後悔する可能性があります。

4. 今の髪型に飽きたから

 ずっと同じ髪型にしていると、飽きてしまいますよね。でも、髪を切りに行くには、「美容院を予約をして、時間を作って、足を運んで、お金を払って」と、たくさんの行動が必要です。

 髪を切りに行くのが面倒だと思う人は、失敗しても少ししたら生えてくる低リスクの前髪をカットして、飽きてしまった気持ちを満たそうとするのかもしれません。

理由がわかったら…前髪を切りたくなる時の4つの対処法

 続いては、切りたくなる気持ちを我慢するための対処法を見ていきましょう。

1. なりたい髪型の写真を見える場所に貼っておく

 当初、目指していたなりたい髪型の写真を、いつも目に着く場所に置いておきましょう。いつも家の洗面所で前髪を切ってしまう人は、鏡に貼っておいてもいいですね。

2. 家族や友人に「切りそうになったら止めて」とお願いしておく

いつも前髪切りすぎて失敗するじゃん(写真:iStock)
いつも前髪切りすぎて失敗するじゃん (写真:iStock)

 同居人がいる場合には、「私が髪を切りそうになっていたら、止めて」とお願いしておくのも一つの手です。「本当は伸ばしたいけど、衝動的に切ってしまう癖がある」と伝えておけば、しつこく止めてくれるはずです。

3. 前髪を切った時のデメリットをまとめておく

 前髪を切った後のデメリットを認識しておく方法も、衝動を抑えるのに有効です。前髪が短くなると寝癖で跳ねやすくなるデメリットがありますね。また、切りすぎた場合、伸びる前の間、恥ずかしい思いをすることになります。

4. アレンジやヘアアクセサリーでストレスを軽減する

カチューシャで前髪を上げてみるのも◎(写真:iStock)
カチューシャで前髪を上げてみるのも◎ (写真:iStock)

 前髪の長さがストレスになって「髪を切りたい」と感じているなら、物理的に前髪が煩わしい状態にならないよう工夫してみましょう。編み込みヘアにする、ピンで留める、カチューシャで前髪を上げる、帽子でまとめるなどの方法がありますね。

前髪を切りたくなる理由を知って衝動を抑えよう!

衝動を抑えられますように(写真:iStock)
衝動を抑えられますように (写真:iStock)

 気分を切り替えたくて前髪を切りたくなったなら、そのまま切っても問題ないでしょう。でも、ストレスや気分で切りたくなってしまった場合は、後悔する可能性があります。ぜひご紹介した対処法で、上手に衝動を抑えてみてくださいね!

ビューティー 新着一覧


シミ!シワ!鏡見て溜息…老化を予防するアスタキサンチン!?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
ドライシャンプーは毎日使ってOK?意外なデメリットを解説
 入院中や災害時に役立つ「ドライシャンプー」は、汗をかく仕事の人や多忙を極める人に「とても便利!」と大人気ですよね。でも...
年間100種類超を使用!時短美容家「ガチ推し」シャントリ3選
 おさまらない物価高への悲鳴が、あちらこちらから聞こえている昨今。日用品に、これまで以上の節約意識を向けている人も少なく...
こんなご時世こそ…40代必見「お金をかけない美容法」総点検
 40代女性は、仕事、家事、育児と本当に多忙ですよね。エステに行く時間もないので、気がつけば自分の美容なんてほったらかし...
今こそ一点投入!アラフォーに推す「刺激少なめコスメ」2品
 気候が安定しないと、お肌の調子も狂いますよね。大事な予定を控えているのに肌荒れやくすみが消えないままだとテンションもダ...
自分のカラダを「がん」から守るために正しい情報を知ること、備えること、できていますか?~10.25(火)乳がんオンラインイベント開催
 日本人女性が生涯に患う最も多いがんは何だと思いますか。「乳がん」です。2018年には新たに約9万4000人が罹患し、全...
そりゃ痩せないわ! ダイエット失敗談から学ぶ「2つの原因」
「ダイエットをしても、いつも必ず失敗してしまう」と、痩せられないことに悩んでいる人は多いようです。なぜ、みんななかなか痩...
体臭・香水など職場のスメハラ問題 賢く解消する4つの対策
 〇〇ハラスメントという言葉が流行っていますが、中でも臭いで周囲を不快にさせる「スメルハラスメント」は、センシティブな内...
夫が求めても無理!倦怠感をなくす更年期の心得~専門家監修
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
適当接客にイラッ…美容院を変えたいけどメリットはある?
 長年、同じ美容院に通っている人は多いですよね。でも、中にはだんだん違和感や不満を感じて美容院を変えたいと考えるようにな...
「写真が苦手」を克服!デジタル時代を生き抜くちょい盛りメイク術
 デジタルが進化した今の時代、写真撮影はとても身近になっています。でも中には、「いつも写真写りが悪い」「顔に自信がないか...
“垂れ乳”は断固拒否! 簡単バストケアで40代でもふっくら美胸をキープ
 40代頃からだんだん、バストのハリが弱くなってきたと感じる人が増えてくるとか……。このまま50代になり、しょぼしょぼに...
加齢たるたるのあるある<2>お尻の下のそれはマイナーな悩み
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんのこじらせ...
輪郭すっきりで5歳若見え! 超簡単セルフ小顔マッサージ4選
 40代になると、だんだん顔がふっくらしてきたり、たるみが目立ってきたりと、フェイスラインの変化を実感しはじめますよね。...
美容オイルで保湿!アラフォーで凄さを実感、ガチ使い3品♡
 30代半ばまで肌のハリを気にしたことがなかったのですが、最近気になりだしました……。そこで乳液をオイルに変えたところ、...
疲れやすい、眠りにくい!“幸せホルモン”不足を解消するには
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...