バズコス「おいせさんコスメ」スプレー2種、お浄め効果を試したら…

コクハク覆面調査班 「コクハク」中の人
更新日:2023-05-23 17:20
投稿日:2023-02-07 06:00
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口コミがいまいち信じられなくて迷う」「芸能人プロデュースだけど、本当にいい商品なの?」etc.…こんな声にお応えするべく、コクハク編集部では覆面調査班を設置! 忖度なしでレビューします。
(C)コクハク
(C)コクハク

 今回取り上げる商品は、InstagramなどのSNSやTikTokで話題を集めている「おいせさん」のスプレー。いわゆる「バズりコスメ」ってやつです。インターネット上には「これを使ってから彼氏ができました!」や「好きな人にデートに誘われました!」などの高評価なレビューが散らばっています。コスメを使っただけで、本当にそんな不思議なラッキーが起きるもの?

 女性メディア“百戦錬磨”の編集者・ナナエがレビューを担当します!

ご利益高そうだけどAmazonでフツーに買えます

「おいせさん お浄め恋スプレー フレグランススプレー」(写真右)と「おいせさん お浄め塩スプレー フレグランススプレー」(C)コクハク
「おいせさん お浄め恋スプレー フレグランススプレー」(写真右)と「おいせさん お浄め塩スプレー フレグランススプレー」 (C)コクハク

 ナナエが手に入れたのは「おいせさん お浄め恋スプレー フレグランススプレー」「おいせさん お浄め塩スプレー フレグランススプレー」

 どちらも大人気商品で、前者には“Amazonおすすめ”の表示、後者には“ベストセラー1位”の表示がついていて売れ筋なのは間違いないよう。かなりのご利益が期待できそうな商品ですが、手に入れるのはいたって簡単。Amazonでポチるだけでフツーに買えます。

 これで本当にご利益があったら、相当簡単にハッピーが買えてしまいます……!

空間やグッズを“お浄め”して使います

上部分をプッシュ(C)コクハク
上部分をプッシュ (C)コクハク

 ナナエは当初、ボディミストのように体にふりかけて自分を浄めるのかと勘違いしていましたが、説明を読むと体に振りかけるのはNGで、衣服や空間、小物などにふりかけて“お浄め”して使うスプレーのよう。

 ふむふむ、普段使っている物やいつもいる場所を浄めることで、幸せになろうって話なのね! と納得。

 容器の上部分をプッシュして、シュッとするタイプです。

思っていた以上に小さめサイズ

持ち運びしやすそう(C)コクハク
持ち運びしやすそう (C)コクハク

 そして思っていた以上に小さいです! カードサイズ、つまり名刺サイズ! これなら外出先にも持ち運びしやすそう。でもコストパフォーマンスがどうなのかも気になりますね。

 というわけで、リモートワーク中心のナナエ的には、まずはいつも仕事をする周辺に「おいせさん お浄め塩スプレー フレグランススプレー」をシュシュっと吹きかけてみました。

 そして「おいせさん お浄め恋スプレー フレグランススプレー」は、最近始めたマッチングアプリでどのくらい効果が出るのか? を検証スタート!

コクハク覆面調査班
記事一覧
「コクハク」中の人
美容業界歴15年以上の美容マニア&化粧品検定1級ホルダー、経験豊富な編集者、モテ追求オタク、駆け出しライターらによる30代・40代の辛口先鋭集団。男の趣味は違えど、三度の飯より買い物が好き。

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...
目尻のシワは隠しすな!隠れたモテポイント♡男性が「可愛い」と思うワケ
 女性の肌悩みの一つ、目尻のシワ。でも、実は目尻のシワは意外と男性ウケがいいのをご存知でしたか?  今回は目尻のシワが...
美的3月号“完売ポーチ”実力は?コスメデコルテの美容液はありがたすぎる
 3月号の美容雑誌は豪華付録だらけ。  MAQUIA3月号通常版は現品サイズの「リリミュウ 春色リップパピーレッド...