まだ寒さエグすぎ!買い物行かずに「蒲焼き缶」でアツアツさんま雑炊

およね 爆速レシピクリエイター
更新日:2023-02-13 06:00
投稿日:2023-02-13 06:00
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れるレシピ。自炊のハードルを“地の果て”まで下げちゃいましょう!

寒いし出かけるの面倒だし。家にあるもんでなんか作ろ!

(写真:およね、以下同)
(写真:およね、以下同)

 寒さが、エグすぎやしませんか……。

 あまりの寒さに暖房をフル稼働させていたら、電気代に腰を抜かしたおよねです。

 なんとか来月の請求額を下げるべく、日中の部屋では「ダウン×着る毛布」戦法で寒さをしのいでおります。

 ただ、それでも寒いもんは寒い。

 身体の中から温まりたい。暖を取りたい。

 あまりの寒さでスーパーへ行く回数も減り、買う食材といえば日持ちするものがめっきり増えたここ最近。

 今回の「女ひとり飯」は、大量に買い込んだ食材のひとつ、「さんまの蒲焼き缶」を使って、アツアツ雑炊にしようと思います。

 キムチで発汗作用も促しましょう。

 もちろん、包丁とまな板いらず。5~6分もあれば出来上がります。

寒すぎる日はさんま蒲焼き缶とキムチで!アツアツさんま雑炊

常備できる食材ばかりです
常備できる食材ばかりです

【材料】(女ひとり分)
・ご飯(冷凍の場合は解凍しておく)…150g
・さんま蒲焼き缶…1缶
・卵(溶いておく)…1個
・白菜キムチ…50g

【A】
・顆粒鶏ガラスープ…小さじ1
・水…300ml

・みそ…小さじ1

【作り方】
1. 小鍋にご飯、Aを入れて火にかけ、沸騰させる。

2. さんま蒲焼き缶(汁ごと)、キムチを入れ、みそも加えて混ぜ、沸騰させる。

旨みも栄養も余すことなく
旨みも栄養も余すことなく

食欲をそそる香りが…
食欲をそそる香りが…

3. 溶き卵を回し入れ、卵が半熟になるまで火を通し、火を止める。

4. 器に盛って、お好みで薬味を散らして完成!
 ※青じそや万能ねぎがよく合います。

簡単「さんま雑炊」で身も心も温めて

ふーふー
ふーふー

 甘辛く味付けされたさんまとキムチの酸味がご飯に染み込んで、じんわり優しい味わいの雑炊が出来上がり。

 何よりあったかい……。

 どうしようもなく凍える日に、身も心も温まる一品です。これを食べながら、一緒に春を待ちましょう。

およね
記事一覧
爆速レシピクリエイター
奇想天外な調理法と笑える動画で注目されるレシピクリエイター。仕事と育児の両立に挫折した挙句、35歳で夫の失業を経験→どん底から這い上がるべく翻弄する2児の母でもある。SNSは開設半年で総フォロワー20万人超、レシピ本の出版決定!(2023年1月予定)

InstagramVoicyYouTubeTikTokX

関連キーワード

フード 新着一覧


タイ風鶏から揚げ「ガイ・ガティアム」ビールが止まらない!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「オールドタイランド」のウィラサック...
「冷しゃぶのさっぱり野菜ソースがけ」簡単なのにひと手間感
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀の「串粋」の吉田正則さんに、ソースが...
デニーズの新モーニング、気配りがニクい!味・ビジュ・コスパの三方良し
 一日の計は朝ごはんにあり! 3月5日に、メニューの改定が行われたデニーズでヘルシー&おしゃれなモーニングを見つけました...
ファミマのPBと「神の雫」が合体!“名ばかりワイン”か否か購入ルポ
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-04-10 06:00 フード
スープも絶品「3種の貝のビール蒸し」いろんな銘柄でお試しあれ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
「パルミジャーノサブレ」おなじみの粉チーズが簡単おしゃれに変身!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は京都・梅小路京都西の「西洋茶屋 山本」の山本智弘...
「紫キャベツのアチャール」はスピードが命!クミンシードで酒が進む
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・茅場町の「ギョバー茅場町店」の菊地博さんと...
“パン賢者”木南晴夏さんイチ押しの「キャロットケーキ」にありつけた!
 パン好きな女優といえば、木南晴夏さん。木南さんイチ押しの“神奈川NO.1店のキャロットケーキ”にありつく日を虎視眈々と...
“おいしくない”ペットボトルワインが進化していた!アレンジもご紹介♡
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-27 06:00 フード
山形県民の常備ソウルフード「味染み玉こんにゃく」はあたりめがマスト!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
これぞ正真正銘のジンジャーライス! ショウガ好きも満足させる唯一のコツ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝大門の「都映」の水谷大輔さんに、This...
ベトナムの定番「茹でキャベツ×茹で卵のヌックマムだれ添え」はヘビロテ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
KALDIのいちごスイーツALL500円以下!春満喫、レジ前まで気が抜けん
 まだまだ寒い日もありますが、ふいに花の香りが漂ったり、日の長さにハッとしたりと、着々と春が近づいてきているのを実感しま...
春満喫!KALDIで発見♡“お花見”ロゼワイン、1000円以下のお手頃価格
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-03-18 18:14 フード
安いお肉が…!「鶏むね肉の酒蒸し」ぱさぱさ回避、しっとりのコツは余熱
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・下北沢の「大衆酒場 こみじ」の天津真弓さん...
「ファミマのPB赤」が高級すぎる、ローソンの爆バズりワインより凄い!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2024-02-28 06:00 フード