尻のおできは踊り子の職業病?穴開きクッションの世話になる

新井見枝香 元書店員・エッセイスト・踊り子
更新日:2023-02-24 12:32
投稿日:2023-02-19 06:00
 書店員として本を売りながら、踊り子として舞台に立つ。エッセイも書く。“三足の草鞋をガチで履く”新井見枝香さんの月イチ連載です。踊り子デビューから3年を迎えた新井さんは、あるシモの悩みを抱えているそうで……。

踊り子デビューから3年!

お尻は商売道具(写真:新井見枝香、無断転載禁止)
お尻は商売道具 (写真:新井見枝香、無断転載禁止)

 今年の2月で、踊り子デビューから3年。柿の木3年、石の上にも3年だ。3年間、舞台で尻を出し、冷たい盆に直接座り、楽屋の床にもぺたりと座って、化粧をしたり写真にサインをしたりと、酷使し続けたところ、石が暖まるどころか、柿が生(な)るように、尻っぺたに大きな“おでき”ができた。

 右側の、どう座っても床に当たるところに、いつの間にか現れた突起物。鏡で見てみると、そりゃ痛いのも納得で、思春期のニキビのように周囲が赤く腫れ、中心が白く盛り上がっている。そこに膿が詰まっているのは一目瞭然で、噴火寸前の様相だ。

 指でギュッとやってピュッとやっちまいたくなるが、そうすれば皮膚が裂けて血もビューッと出て、跡が残ってしまう。いくらシワシワの尻とて、これでも商売道具だ。数日後にはまた、尻丸出しで舞台に上がり、夢を売らねばならない。

 大慌てで近所の皮膚科に駆け込み、待合室に片尻を浮かせて座っていると、診察室から「尻の床ずれが痛い」と訴えるおじいちゃんだかおばあちゃんだかの声が聞こえてきた。ソファから片尻を浮かせた私も、他人事ではない。

化膿したおできの正式名は「せつ」

楽屋に持ち込む、おできに優しいクッション(写真:新井見枝香、無断転載禁止)
楽屋に持ち込む、おできに優しいクッション (写真:新井見枝香、無断転載禁止)

 おできはさまざまな原因が考えられるが、踊り子を始めて以来、実は何度か悩まされている。おできの正式名は「せつ」。毛穴の内部や皮脂腺、その周囲から黄色ブドウ球菌という細菌に感染することで発症するらしい。座っていることが長いのも、原因のひとつだ。

 確かに、書店は基本的に立ち仕事で、パソコンを触る時ですら座ることはない。そもそも、常に布で守られている。お尻のおできは、踊り子の職業病と言えるのかもしれない。

お尻がきれいなお姐さんに相談すると…

 楽屋でそれとなく確認して、最もお尻がきれいなお姐さんに相談を持ちかけることにした。すると彼女は、エステに通っていること、ステージの後は必ずクリームで保湿していること、そして必ず楽屋に持ち込んでいるクッションがAmazonで買えることを教えてくれた。

 それは8の字を横倒しにしたような、穴がふたつ開いたクッションで、さっそく色違いを取り寄せてみたところ、穴にすっぽりおできが入って、確かにだいぶ楽なのだった。

 穴開きクッションは痔の人が使うものと思い込んでいたが、美尻を保つためにも有用なのである。

診察から3日後、ほぼ完治

処方された、おできに効く薬(写真:新井見枝香、無断転載禁止)
処方された、おできに効く薬 (写真:新井見枝香、無断転載禁止)

 診察の後、皮膚科の先生は塗り薬と抗生物質3日分を出してくれた。重ねたガーゼも、毎日交換したほうがよいだろう。

 3日後。やはり処方箋薬の効果は絶大で、おできはみるみるしぼみ、すっかり赤みも引いていた。あの膿はどこへ消えたのか、座っても押しても痛くない。慌てて潰さなくて、本当によかった。皮膚科万歳。

 それなら、あのことも先生に相談してみようかしら――。

 私の肛門には、肌色の小豆が一粒くっついている。おできのように痛くはないし、大きくなったり小さくなったりする気配がないので、おそらく病気ではないのだろうが、じゃあ何か、と問われると、よくわからない。昔話の「こぶとりじいさん」的“こぶ”なのかもしれないが、それにしては小さくてかわいらしいのである。

 客席のお客さんからは見えているのだろうか。面と向かって指摘されたことはないが、場所が場所だけに、言えないだけかもしれない。

私の肛門はスポットライトを浴びる

「お尻の穴は載せないで!」とのこと(写真:新井見枝香、無断転載禁止)
「お尻の穴は載せないで!」とのこと (写真:新井見枝香、無断転載禁止)

 生活には全く支障がないし、普通に生きている分には、人目にさらされることもない。歯の治療で言えば、明らかに保険適応外だろう。しかし職業柄、私の肛門はステージでスポットライトを浴びる。

 事情を全て話せば、保険が利くだろうか。しかし取ったら取ったで、「あ、けっこう気にしてたんだ」という周囲の柔らかな反応が面倒くさい。ここに書いてしまった以上、取ろうが取らなかろうが、そう思われることは避けられないのだが。

 ネットで調べたところ、肛門の小豆は「皮垂(ひすい)」というものの可能性が高そうだ。悪いものではないが、やはり見た目を気にして切除する人もいるという。

 だが、しわのないきれいな肛門になっても、つっぱって伸びにくく、取ったことを後悔するケースも多いらしい。それで便秘になったら最悪だ。そもそも術後のトイレを想像するだけで、涙が出そうである。おできなんかの比ではない。

うちのかわいい黒猫の肛門もシワシワ

 きっと肛門には、ある程度のシワが必要なのだ。うちのかわいい黒猫の肛門だって、梅干を食べたおばあちゃんの口みたいに、たくさんシワが寄っている。そんな彼女は毎日快便だ。

 つまり私のお尻の下のシワも、目の下のたるみによるシワも、手術でピンと張ることはできるだろうが、どのシワも、きっと何かに必要なのだろう。先生に相談するのはひとまず止め、小豆は温存することした。

新井見枝香
記事一覧
元書店員・エッセイスト・踊り子
1980年、東京都生まれ。書店員として文芸書の魅力を伝えるイベントを積極的に行い、芥川賞・直木賞と同日に発表される、一人選考の「新井賞」は読書家たちの注目の的に。著書に「本屋の新井」、「この世界は思ってたほどうまくいかないみたいだ」、「胃が合うふたり」(千早茜と共著)ほか。23年1月発売の新著「きれいな言葉より素直な叫び」は性の屈託が詰まった一冊。

XInstagram

ビューティー 新着一覧


生理じゃないのに乳房痛い…乳がんの可能性は?【専門家監修】原因と対処
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
肉と納豆とキムチ常備! 空腹よりめんどいが勝つズボラダイエットの極意
「毎日の運動もストレッチもめんどくさい! ズボラでダイエットが続かない」と悩んでいる女性、必見! 今回は、ズボラさんだか...
40女、深いほうれい線とおさらば希望! 東大卒含む美容医療3軒はしご
 加齢が気になる40代、ほうれい線を改善するために美容クリニックの門を叩きました。人生初の美容医療、ヒアルロン酸を注入す...
中国発の大バズり「メイラードメイク」を徹底攻略、誰でも10分で完成!
「メイラードメイク」をご存知ですか?  食べ物に含まれる糖とタンパク質が加熱されることで褐色に色づく“メイラード反応”...
40代女性の「おじさん化」を食い止めたい! 今すぐ見直したい5つの習慣
 せっかく女性に生まれたのだから、「いつまでも女性らしくありたい」と思っている女性は多いもの。その一方で、「40代になっ...
令和ロマンが美容男子枠に殴り込み!VOCE付録よりお笑いを取った結果…
 VOCE5月号は『通常版と増刊版とSpecial Edition版』の3種類がありました。  本屋に行く前までは...
完全再現5選!わざわざ「デカ顔」に見せるメイクをしていませんか
 少しでも顔を小さく見せようと、メイクを工夫している人も多いのでは? ですが、せっかく小顔に見せようと頑張ったの...
美容師さんの失礼すぎる言動4選と対処法 もう二度と行かないからー涙
 素敵な髪型にしてもらいたくて、ウキウキした気持ちで行く美容院で美容師に失礼な言動をされたら気分も台無しですよね。  ...
夜のベッドで足がつる!【専門家監修】改善→安眠するにはどうする?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
KEYUCAのバズった「ストッキング靴下」パンプス履いたら何これー!
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。 「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」 「買ってみた...
40代赤ちゃん肌は無謀?いいえ、ベイビーフェイステクとアイテムで叶う
 赤ちゃんのようにみんなから愛されるベイビーフェイスになりたい人は多いですよね!  実は少しのメイクテクニックで、...
痩せ希望!「L-カルニチン」って何?【専門家監修】脂肪燃焼効果を解説
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<後>靴選びのテッパン3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
アラフォーは美脚の前に「美足」を目指す!<前>美足とは? 歩き方3カ条
 春めいてきた今日この頃。厚手の靴下や80デニール以上のタイツを履き、足元の防寒対策に気が抜けない季節とは、ようやくおさ...
値段それなりでは不満!辛口アラフォー“美人見え”最旬プチプラコスメ3選
 プチプラコスメの実力がぐんぐんと上がっている昨今は、そこまで期待せずに買ってみたコスメが、想像以上に良かった…! とい...
排尿痛さようなら!【専門家監修】トイレでつらい原因&病院いつ行く?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...