冷凍でもOK! 網で焼くだけで美味しく簡単な「焼き甘エビ」

コクハク編集部
更新日:2019-06-11 21:35
投稿日:2019-06-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は福井市の寿司屋「昌冨ずし」の楠さんにエビが主役の「焼き甘エビ」のレシピを教えていただきました。

何もしないうまさ

合うお酒=冷酒(C)コクハク
合うお酒=冷酒 (C)コクハク

 大将は8人きょうだいの4番目。「兄弟は全員、広島にいて、商売人をやっているのは自分ひとり」と言いますが、明るいキャラクターは客商売に向いているようです。毎日バスで20分かけて通勤し、女将さんと一緒に店を切り盛りしています。

 そんな大将のお任せ料理を楽しみにして県外からも“常連客”がやってくる人気店ですが、最近はインターネットで調べて来店する一見さんも増えたそう。

 もっとも、メニューなしのお任せ料理となると、一見さんは戸惑うのではないでしょうか?

「皆さん、隣のお客さんが食べているのを見て、『これちょうだい』って言いますよ。それでいいんです」

 今回のメニューは甘エビをそのまま焼いただけで、飾り気も何もないです。味付けだって「何もつけない!」。それがおいしいんです。甘エビの殻がカリカリと香ばしく、尾まで全部食べられます。ぜいたくな一品です。

「家庭で作る場合は、冷凍の甘エビがスーパーで売ってるでしょ? 網を使ってガスコンロで焼くだけで十分においしい。ただし、レンジを使ったらダメですよ」

 家庭で焼く場合は、頭も付いたままでいいそう。甘エビの腹にある青い卵の部分が柿色に変色したら、ちょうどいい具合に焼けた合図です。身はほんのりと甘く、冷酒と一緒がオススメです。これは甘エビも冷酒も止まりそうもないです。

【材料】

・冷凍甘エビ
・網

【レシピ】

1. ガスコンロに網をのせ、その上に数本、甘エビを並べる。
2. 腹の青い卵が柿色に変色するまで、時々返しながら焼く。

本日のダンツマ達人…楠泰忠さん

▽くすのき・やすただ
 広島の呉出身。8人兄弟の4番目。父は大学教授だった。中学校卒業後、地元の寿司屋で見習い修業をし、18歳で大阪の寿司職人の協会に入会、見習いのうちから全国に派遣された。

▼昌冨ずし
 福井の食堂のオーナーが寿司屋に転向する際に迎えられ、「昌冨ずし」店長として27年間切り盛りした。その後、現在の場所への移転。同店のオーナーとなって23年目を迎えた。福井で寿司屋を営み50年になる。客は8割以上が県外からで、有名人も通う人気店。要予約だ。
福井市中央2―1―41
℡0776・23・7995
営業時間17~22時 水曜定休

(日刊ゲンダイ2018年7月12日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「ピカパウ」濃厚&サッパリのポルトガル定番スナックフード
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「じゃがいもとワサビ漬けのバター炒め」加熱でうま味際立つ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
「塩茹でエビ」軽く茹でるだけ…でも異様なまでに甘い驚き
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・代々木公園のポルトガル料理店「クリスチアノ...
コッテリ&さっぱり「牛テール焼とパクチーのサラダ仕立て」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
「若鶏のラタトゥイユスタイル」味わいと歯ごたえのバランス
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
食感の対比が楽しい「国産和牛もつのガーリックバター炒め」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・八丁堀「もつ鍋 割烹 鶏しおそば 竹井幸彦...
パーティにぜひ!朝仕込みで簡単に作れるタンドリーチキン
 12月になるとチキンが食べたくなる……そんなことありませんか? そこで今回は朝に仕込むことでおいしく仕上がる、大人も子...
ぐっち夫婦 2020-12-20 06:00 フード
「ラム酒の入ったフレンチトースト」ラムで風味を付ける口福
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「酒盗マヨネーズ」罪深い美味しさの秘密は“4対1”の黄金比率
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「レンコンの南蛮漬け」たっぷり片栗粉は美味しさのひと手間
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
ピリッ!と刺激的な大人の卵焼き「青唐辛子のオムレツ」
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・月島の日本料理店「食堂 ユの木」の土屋為芳...
「牡蠣のコンフィとパクチー」香草と和えるとワインに合う
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「万願寺唐辛子 じゃこ炒り」熱々のご飯に混ぜても美味しい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
「クリームチーズ 金山寺味噌和え」たった1分で作れるお手軽さ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・港区麻布十番の和食料理店「可不可 KAFU...
ふぅふぅ!冬のおうちパーティーでメインになる大皿グラタン!
 おうち時間を過ごす機会がさらに増えそうなこの年末。そこで今回は、冬に食べたくなるおいしいグラタンをご紹介します! パー...
ぐっち夫婦 2020-12-21 01:21 フード
「サバ缶煮込みジンジャーカレー」鍋に入れて煮るだけ簡単!
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・渋谷区神宮前の南インド料理店「エリックサウ...