冷凍でもOK! 網で焼くだけで美味しく簡単な「焼き甘エビ」

コクハク編集部
更新日:2019-06-11 21:35
投稿日:2019-06-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は福井市の寿司屋「昌冨ずし」の楠さんにエビが主役の「焼き甘エビ」のレシピを教えていただきました。

何もしないうまさ

合うお酒=冷酒(C)コクハク
合うお酒=冷酒 (C)コクハク

 大将は8人きょうだいの4番目。「兄弟は全員、広島にいて、商売人をやっているのは自分ひとり」と言いますが、明るいキャラクターは客商売に向いているようです。毎日バスで20分かけて通勤し、女将さんと一緒に店を切り盛りしています。

 そんな大将のお任せ料理を楽しみにして県外からも“常連客”がやってくる人気店ですが、最近はインターネットで調べて来店する一見さんも増えたそう。

 もっとも、メニューなしのお任せ料理となると、一見さんは戸惑うのではないでしょうか?

「皆さん、隣のお客さんが食べているのを見て、『これちょうだい』って言いますよ。それでいいんです」

 今回のメニューは甘エビをそのまま焼いただけで、飾り気も何もないです。味付けだって「何もつけない!」。それがおいしいんです。甘エビの殻がカリカリと香ばしく、尾まで全部食べられます。ぜいたくな一品です。

「家庭で作る場合は、冷凍の甘エビがスーパーで売ってるでしょ? 網を使ってガスコンロで焼くだけで十分においしい。ただし、レンジを使ったらダメですよ」

 家庭で焼く場合は、頭も付いたままでいいそう。甘エビの腹にある青い卵の部分が柿色に変色したら、ちょうどいい具合に焼けた合図です。身はほんのりと甘く、冷酒と一緒がオススメです。これは甘エビも冷酒も止まりそうもないです。

【材料】

・冷凍甘エビ
・網

【レシピ】

1. ガスコンロに網をのせ、その上に数本、甘エビを並べる。
2. 腹の青い卵が柿色に変色するまで、時々返しながら焼く。

本日のダンツマ達人…楠泰忠さん

▽くすのき・やすただ
 広島の呉出身。8人兄弟の4番目。父は大学教授だった。中学校卒業後、地元の寿司屋で見習い修業をし、18歳で大阪の寿司職人の協会に入会、見習いのうちから全国に派遣された。

▼昌冨ずし
 福井の食堂のオーナーが寿司屋に転向する際に迎えられ、「昌冨ずし」店長として27年間切り盛りした。その後、現在の場所への移転。同店のオーナーとなって23年目を迎えた。福井で寿司屋を営み50年になる。客は8割以上が県外からで、有名人も通う人気店。要予約だ。
福井市中央2―1―41
℡0776・23・7995
営業時間17~22時 水曜定休

(日刊ゲンダイ2018年7月12日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


泡に合う! きゅうりとみょうがのピクルス 柚子こしょう風味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・中目黒の「Bar à Vin ムッシュヨー...
会員制パフェバー「Remake easy」がすごい!2022.12.1(木)
 みなさん、今どきの若者はどこでデートしているか知っていますか? コロナの影響で、飲食店や居酒屋などは閉店時間がめっぽう...
価格2倍のボージョレは無理!感動級“山梨ヌーボー”はいかが
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-30 06:00 フード
新食感! ファミマ新作スイーツ実食ルポ 2022.11.29(火)
 11月も残すところあと1日。冬の気配が近づいています。寒くなると甘いものが欲しくなりません? つめたーい風にこわばった...
「へしこあぶり梅干しの大根サラダ」白ワインと一緒にどうぞ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「車麩と谷口屋の油揚げ 福地鶏のピリ辛煮」ダシがしみしみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「爆速ドリア」で料理上手な女になった? 2022.11.26(土)
 絶対に作りたい。  記事を読んだ瞬間、そう心に誓った料理がある。爆速クリエイターおよねさんが教えてくれた「革命的...
「イカの雲丹醤油つぶつぶ和え」ここぞという日の贅沢おつまみ
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「ハタハタの唐揚げ 山椒あんかけ」あんかけで和食上級者に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「革命的シーフードドリア」片栗粉でホワイトソースを作る!
「爆速レシピクリエイター」およねさんが考案する《ひとり分の分量で》《最小限の工程で》《最低限の洗い物で》作れちゃうレシピ...
およね 2022-11-21 06:00 フード
「福井ポーク、上庄里芋の黒糖炒め」黒糖で野菜をおいしく
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・神楽坂の「そば・郷土料理 九頭龍蕎麦本店」...
「アペロ」って知ってる?成城石井で買うお手軽1本はこれ!
 フリーアナウンサーの市野瀬瞳です。ワイン好きが高じて猛勉強の末、ワインエキスパートと世界共通のワインの国際資格である「...
市野瀬瞳 2022-11-16 06:00 フード
「油あげのお袋煮」なんでも詰めちゃう“おばあちゃん”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、懐かし...
「豆苗のベビースター和え」ふりかけ感覚で簡単&クセになる
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新橋の「あやとり」の西野太一さんに、1分で...
脳がバグる「カップヌードル 餃子 ビッグ」2022.11.10(木)
「すいませーん、ラーメンと餃子ください」  40年ちょい生きてきて過去何回、このセリフを言ったことでしょう。ラーメンと...
「『大芽園』風焼きそば」麺とモヤシ! 今はなき“名店”の味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・新宿の「papa’s dream」の五十嵐...