揚げ焼きで野菜の食感を残す「シュリンプ・ラタトゥイユ」

コクハク編集部
更新日:2019-05-30 04:35
投稿日:2019-05-03 06:00
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は横浜・野毛のビストロ「ジィーロ 」の市川路朗さんに、野菜もたくさん摂れておかずにもなる「シュリンプ・ラタトゥイユ」のレシピを教えていただきました。
合うお酒=赤ワイン(C)コクハク
合うお酒=赤ワイン (C)コクハク

 フランス料理の定番ラタトゥイユは、店や家庭によってさまざまなバリエーションがあります。今回は、玉ネギとパプリカ、ズッキーニ、ナスの定番4食材をアッサリと仕上げるスタイルです。

「ラタトゥイユは、応用が利きやすい料理で、鶏肉を加えるとメインのおかずになります。それだけに、基本はアッサリ仕上げを覚えておく方が、味つけをアレンジしやすいのです」

 最初に玉ネギを炒めるのは甘味の抽出のため。ハンバーグやカレーなどでもおなじみで、簡単です。ポイントは3番目の行程とのこと。

「パプリカは加熱すると甘味が増しますが、炒め過ぎは食感を失います。ナスとズッキーニは、油を吸いやすく、これも炒め過ぎは禁物。この3つは、多めのオリーブオイルで揚げ焼きする感覚で手早く仕上げるのが、味も食感も見た目もよくする秘訣です。フライパンに3つを入れたら、塩を2つまみ程度加えて、食材から少し水分が出てきて軽くしんなりするくらいが目安。強火でサッと、です。煮込みますから」 

 そこさえクリアできれば、煮込みもエビのソテーもハードルは低めです。

「仕上げのオリーブオイルは、エキストラバージンがベターです」

 なぜエビ? と思っていたのですが、食べて納得。食感を意識して火を加えた野菜は、プニッとしたエビの食感に近いのです。口の中で噛みしめるたびにエビのウマ味と野菜の甘味がひとつにまとまって、エキストラバージンオリーブオイルが、深みを加えています。まるで和食のような繊細さ。大人のラタトゥイユをご自宅でもどうぞ。

【材料】

・玉ネギ       1個
・パプリカ赤・黄  各1個
・ズッキーニ     2本
・ナス        3本
・ニンニク      1片
・ローズマリー    1枚
・ローリエ      1枚
・塩         適量
・こしょう      適量
・オリーブオイル   少々
・むきエビ      10尾
・トマト缶      1缶

【レシピ】

 

1. 玉ネギ、パプリカ、ズッキーニ、ナスは2センチ角に切っておく。
2. 鍋にオリーブオイルとニンニクを入れる。弱火でニンニクの香りを出したら、玉ネギを加えて透明になるまで炒め、塩を少々振る。
3. フライパンに多めのオリーブオイルを入れて強火にかけ、パプリカ、ズッキーニ、ナスを手早く揚げ焼きし、塩を少々。
4. 3を2の鍋に入れ、トマト缶、ローズマリー、ローリエを加えて10分ほど煮込む。粗熱を取ったら、冷蔵庫で冷やす。
5. フライパンでむきエビをソテー。塩とこしょうを加えたら、これも粗熱を取る。
6. 4と5を混ぜて、器に盛りつけたら、オリーブオイルをかけて出来上がり。

今日のダンツマ達人…市川路朗さん

▽いちかわ・じろう
 ハイアットリージェンシー東京のホテルで修業を積んで横浜へ。シェラトンとロイヤルパークで料理長を務める。4年前に独立し横浜・野毛に店を構える。

▼ジィーロ
 ホテル並みの食材と料理をカジュアルな雰囲気の中、リーズナブルな価格で提供するビストロ。各地の猟師と提携してシカやイノシシなどのジビエも人気。
横浜市中区野毛町1―29
℡045・315・6924

(日刊ゲンダイ2018年3月23日付記事を再編集)

関連キーワード

フード 新着一覧


「あさりのネギ生姜炒め」紹興酒をちびちびやれば本場の気分
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
【ビアボール】炭酸飲料で割る自由なビール 2022.8.11(木)
 夏といえば、ビアガーデンですよね。ビールやクラフトビールはもちろん、まだ発売していない新商品を楽しめるビアガーデンもあ...
新発見!「岩下の新生姜」が飲み物だった件 2022.8.9(火)
 アラフォーですが、いちごオレが好きです。あの優しい甘さにほっこり癒されます。ピンクと白のパッケージもかわいいですよね。...
「上海だれの茹で鶏」肉質しっとり&うま味じゅわ~の幸せ♡
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・芝浦の「中國飯店 倶楽湾」の胡 建軍さんに...
「ソーミンちゃんぷるー」おかずにもシメにもなる懐かしい味
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【Picard】並べて焼くだけ!冷凍パン食べ比べ 2022.8.2(火)
 パンは焼きたてが一番おいしいですよね。ただ、パン屋さんから持ち帰って、しなしなになってしまったという経験はありませんか...
「ラフティー(豚の角煮)」皮つきの塊肉を仕入れて作りたい
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「もずくの天ぷら」スナック感覚でオリオンビールとご一緒に
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
カルビーvs湖池屋 新作ポテチを食べてみた 2022.7.28(木)
 日本のポテチ界を牽引する、カルビーと湖池屋が7月25日に新商品を発売しました。コンビニでも…はい、この通り。仲良く並ん...
「スーチカー」塩と豚肉と脂を味わう沖縄のほったらかし料理
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
「ゴーヤーサラダ」美容に良さそう!生のゴーヤをマヨ和えで
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・江戸川の「沖縄料理 居酒や こだま」の児玉...
【バーミヤン】火鍋しゃぶしゃぶで爆食い 2022.7.23(土)
 バーミヤンの「火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題」(制限時間100分、実施有無は店舗ごとに異なる)をご存知でしょうか?  S...
「バン・チャン・ヌン(ライスペーパーピザ)」ワインで乾杯
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
【KALDI】パッキーマオ 激辛バジル焼きそば 2022.7.21(木)
 7月ももうじき終わり。暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか? こう暑いと恋しくなるのが辛いもの! 「ペヤング獄激辛...
「手羽先の唐揚げ ヌックマムだれ漬け」ビールのお供に最高
 伝説の達人に聞く、男子が泣いて喜ぶおつまみ。題して“ダンツマ”。今回は東京・浅草の「ベトナム料理★ビストロ オーセンテ...
刺身のツマで「大根もち」マストな具材は?2022.7.19(火)
 ネット上には刺身のツマの再利用として「大根もち」のレシピが数々あがっています。試してみたところ、「絶対に外せないトッピ...