アラフォーの全部盛りがホラー級! 20代が指摘するNGアイメイク5選

時短美容協会 一般社団法人
更新日:2023-08-17 06:00
投稿日:2023-08-17 06:00
(C)コクハク
(C)コクハク

 アラフォー女子のアイメイクは、年齢に合った上品さと魅力を引き出すことが重要です。残念かつ恐縮ながら、時代の変化や肌の変化によって一部のアイメイクは年齢に相応しくない場合があり、いまだに昔のメイクからアップデートされてないアラフォー女子を見かけるんですよね……。

 時短美容協会に所属する20代の筆者が、アラフォー世代には、大人ならではの魅力を最大限に引き出し、年齢にふさわしいアイメイクを楽しんでいただきたいという願いを込めて、NGアイメイク5例をご紹介します。

【NGその1.】輝きやグリッターが強調されすぎている

しわやたるみが目立ってますよ(C)コクハク
しわやたるみが目立ってますよ (C)コクハク

 アラフォー女子が避けるべきNGアイメイクの一つは、過剰な輝きやグリッターの使用だと思います。過度に光り輝くアイシャドウやグリッターを使って、しわやたるみを目立たせてしまっているアラフォーを、筆者は何人も見てしまいました。

 できれば、グリッター類の代わりに、上品で自然な質感のアイシャドウを選んでみてください。マットな質感のアイシャドウやシマーが控えめなものを使用することで、目元に品のある印象を与えます。

【NGその2.】濃すぎるアイブロウ

アイブロウ濃すぎ問題(C)コクハク
アイブロウ濃すぎ問題 (C)コクハク

 アラフォー女子にとって、自然な眉は重要なポイントだと筆者は考えます。濃すぎるアイブロウによって、厳しい表情に見えたり不自然さを目立たせてしまっている残念なアラフォーは、今の時代でもよく見かけます。

 言うまでもなく眉毛は顔の表情を大きく左右するので、自分の眉の形に合わせて自然な太さや色合いで描くのがベスト。眉毛の薄さや乱れを補正するために、眉ペンシルや眉パウダーを使用するとちょうど良いのではないでしょうか。

【NGその3.】主張が強すぎるアイライン

アイラインが不自然すぎる(C)コクハク
アイラインが不自然すぎる (C)コクハク

 アラフォー女子のアイメイクでは、主張の強すぎる黒っぽいアイラインも、かなりの残念を招いていると筆者は感じます。

 濃く引いたアイラインや目尻まで引き過ぎたアイラインによって、目元が引き締まりすぎて、老けた印象になっている人を何人見たことか……。

 アイラインは目の輪郭に沿って自然なラインに仕上げると、柔らかな印象を作り出します。ブラックよりも柔らかさを演出できる色合いを選べば、優しい表情に見えるだけでなく、適度なインパクトも出ます。

 よく「ブラックよりもブラウン」と聞きますが、それだと普通っぽくなりすぎると思う場合に今っぽさを出すならば、ぜひグレーのアイライナーにも挑戦してみてください。

時短美容協会
記事一覧
一般社団法人
「時短美容」を単なる「省略美容」「ながら美容」ではないものと定義し、多忙な現代女性が「美容の時間を効率的に確保するため」に欠かせない正しい美容知識の普及に努めるとともに、美容にまつわる正確な時短知識を有する「時短美容家」「時短美容協会認定美容家」ならびに、薬機法(旧薬事法)を遵守する「美容ライター」の育成および普及活動を行っています。
WEB:https://fastbeauty.biz

関連キーワード

ビューティー 新着一覧


【MEGUMI顔になれる美容セット】現品きたー!2商品も入った豪華付録
 MEGUMIさん、年齢を重ねるごとに魅力が増していて憧れの存在です。  美容法は参考になるものが多く、同世代の方...
アラフォーの“白髪が目立たない髪型”最適解 若見えにはアレをなくす
 アラフォーにもなると、白髪に悩まされてる人が増えてきます。本数が少ないうちは、抜いたり切ったりできますが、増えるとだん...
デリケートゾーンの吹き出物発見!【医療専門家監修】自然に治るの?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
「D-up」40代が買うならどれ?金欠でも欲しいプチプラコスメの“盛り力”
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
実践済み!アラフォー以上の使用満足度爆騰「美容家激推し」ブランド2選
 アラフォーやアラフィフと呼ばれる年代になって、これまで愛用していたコスメブランドの商品が「なんとなく合わない」と感じる...
臭った足で部屋に入る彼…【専門家監修】臭いの原因は2つ!日頃のケアは
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
キャプスタイルの前髪のしまい方は? “張り付いた海苔”を回避するテク6選
 キャップをかぶるときに悩むのが、前髪のしまい方。「なんだかモサっとしてしまう…」「前髪がぺちゃんこにつぶれて張り付いた...
その定番アイメイク、やらかしてます…今すぐアプデしたいダサ見え5選
 定番アイメイクテクニックには、今の時代にそぐわず、古くさくてダサい印象になるアイメイクも…。目元を華やかに見せ...
一度でもいいから足首が細くなりたい…太くなる原因&簡単対策方法3つ
 細く引き締まった足首は、女性の憧れですよね。でも、時には足がむくんで象のような足首になる人も…。  今回は足首を細く...
「綺麗なおばさんになりたい」って変ですか? 今すぐ真似したい6つの習慣
 二十歳を過ぎたらあらゆることは自己責任ですが、それは「見た目の美しさ」に関しても同じ。実際に、自分の外見や内面を磨いて...
永久脱毛って本当にずーっと生えてこない? 気になる“その後”の体験談
 最近では、一般的になってきた永久脱毛ですが、中には「まだ自己処理をしている」「痛みや信頼性が不安で永久脱毛した経験がな...
座りっぱで気づけば、おしりの汗!女性向け3つの対策と便利グッズ
 暑い夏場や座りっぱなしで過ごしている時、おしりに汗をかいてしまい「臭いやムレが気になる」と悩んでいませんか?  洋服...
彼氏やペットとの生活が幸せすぎて怖い…要因はホルモン?【専門家監修】
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
10回分191円の激安!SHEINの「眉毛ステッカー」張るだけで美眉なるか
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
眉毛の形、古いです! 20代女が思うアラフォー女の老け見え残念眉メイク
 眉毛メイクは時代によって流行が変わりやすいですよね。当時は流行していて老け見えを感じさせないメイクでも、今だと...
バレッタで留めてたのに鏡見たら、落ち武者!落ちない方法とアレンジテク
 最近、ヘアアクセサリーでバレッタを使うアレンジが流行していますね。でも、実際にバレッタを使ってみると、すぐに落ちてきた...