「レチノール」って大丈夫? シミ・シワに“ほどほどケア”で取り入れたい

コクハク編集部
更新日:2023-09-07 06:00
投稿日:2023-09-07 06:00
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、ちょっとした有名人。でもって、タヌキか妖怪の噂も囁かれるなか、健康に関する知識はズバ抜けている――。
 そんなえりのボスのもとにはウワサを聞きつけ、今日も悩みを抱えた女性が、ふらりと立ち寄ったようですよ。

1. 日焼け止めを塗らないまま外出して、お顔のケアを変えないのは罪…!?

 博美さん(34歳女性/仮名)からのご相談です。

「久しぶりに同窓会に行ったら、友人たちと比べてあまりにも自分だけ肌の劣化を感じたんです。シミやあご周りのシワなどがとても目立っていて、すぐにでもケアを始めたいのにやり方もわからなくて……」

 暗い表情の博美さんに、えりのボスは大きくうなずきます。

「同窓会に行くと、つい周りと比較してしまうわよね。急いで何かしなければと焦ってしまう気持ちもよくわかるわ」

「肌のきれいな友人に相談してみたら『レチノールを使ってみればいいんじゃない?』とアドバイスされました。でも、レチノールについて何も知らなくて、ますます不安になってしまって……」

 焦る博美さんに、えりのボスは答えました。

レチノールはビタミンAの一種で、ターンオーバーを促したり、肌のコラーゲンやヒアルロン酸を増やしたりする効果が期待できる成分よ。シミやシワにアプローチできる成分として人気を集めているわ」

「まさに今の私の肌悩みにぴったりですね。レチノールについてもっと詳しく教えてください!」

 これは放っておけません!

2. レチノール使用の際は「紫外線対策」がカギ

レチノールは、飲むタイプと塗るタイプの2種類があるわ。ビタミンA配合の医薬品やサプリメントなどの飲むタイプ、レチノール配合スキンケアや処方薬のトレチノインなどの塗るタイプね。

 レチノールには合う合わないがあって、さらに使い方にも注意が必要だから、よくわからないまま始めるのはおすすめしないわね」

「たくさん種類がありますね。レチノールには、どんな注意点があるのですか?」

 えりのボスの説明に、興味津々の博美さん。

「たとえば、処方薬のトレチノインはシミやシワ、ニキビの治療薬として使われているけれど、使用量を間違えると赤みやかゆみ、乾燥などの副作用が過剰に出てしまうことがあるわ。飲むタイプの場合、ビタミンAは脂溶性ビタミンだから、摂取量に気をつける必要があるわね」

 塗るタイプは、市販のスキンケア製品だけでなく、医療機関専売品や医師の処方が必要な高濃度のものがあります。

 人によっては「レチノイド反応(通称:A反応)」によって乾燥感や皮むけ、赤み、かゆみなどが起きる可能性があるため、レチノール配合製品は慎重に使いましょう。

肌が敏感になる

 また、レチノール使用中は肌が敏感になり、紫外線ダメージを受けやすくなります。日焼け止めは欠かさず肌に塗り、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

 飲むタイプの場合、成人女性の1日の推奨摂取量は650~700μgRAE(マイクログラムRAE、※RAEはレチノールの特別単位)です。

 ビタミンAは体内に蓄積しやすいため、耐容上限量である2,700μgRAE(マイクログラムRAE)を超えないように気をつけましょう。摂取のタイミングは、食事の油と混ざり、吸収がよくなる食後がおすすめです。

「レチノールを使うのって大変そうですね。私にもできるのかしら……」

 少し不安そうな博美さんに、えりのボスが話します。

「ケア方法は人それぞれ。レチノールを使うのはひとつの手段よ。友人もレチノールだけで美しくなっているのではなくて、これから紹介するようなことも影響していると思うわ」

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ビューティー 新着一覧


遠心顔さんも大人っぽく…!コンプレックスを解消する4つのメイクテク
 第一印象の決め手となる顔は、パーツの特徴や位置で大きく雰囲気が変わりますよね。でも、大人っぽく見える「求心顔」や幼く見...
生理が来ない47歳女、婦人科で「閉経診断」。更年期の揺らぎって何?
 今年に入って生理が来ない月が増え(どちらかといえば順調に来ているほうでした)、婦人科クリニックで血液検査を行ったところ...
夏こそボディクリームを塗るべき理由 暑くてパス→肌の砂漠化待ったなし
 夏、部屋のクーラーはもちろんつけているのにお風呂上がりに吹き出す汗…。そんな状態でボディクリームを塗るのには、なんとな...
【薬剤師監修】Q.性交中の出血が不安です。原因とセルフチェック法は?
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
40代、体のライン崩壊! 自然にごまかせる水着のデザイン&選び方3カ条
 40代になると代謝が下がりがちになり、体型に自信がなくなる人が増えますよね。でも、子育て世代の40代は、プールや海水浴...
ぐっしょり…夏の大敵「汗染み対策」脇汗滝汗でも目立たない色や素材は?
 最近暑さが増してきて、もう夏は目の前。夏のお悩みといえば、洋服の汗染みですよね。外をちょっと歩いただけで、脇や背中がぐ...
1本660円~でぷっくり唇!40代美容家も“質感”納得、プチプラリップ3選
 口紅は毎日使うものだからこそ、自分に似合う色を選びたいだけでなく、トレンドを意識したテクスチャーにも注目したいところ。...
【まつ育ルポ】まつ毛にも老化の波…40代お疲れ目元をどうにかしたい!
 まつ毛のカールに欠かせないビューラー。くいくいっと動かした後、ビューラーのゴム部分を見ると大事なまつ毛1本、2本と付着...
キャンメイクのアイライナーに盲点…苦手な40女が目元に引くとこうなる
 話題のコスメや、広告でよく見かける化粧品や日用品。「webでよく見るあの商品、本当にイイの?」「買ってみたいけれど、口...
【直撃】「死んだ方がマシ」がん患者の拒否で悲痛の決意! 東大医師が女性器形成に力を注ぐワケ
 名器整形など、下半身に特化した医院「ヴェアリークリニック」。前編では実際に受けた有名人のお話しや、手術の種類などについ...
【直撃】三上悠亜や有名女優を名器に!密かなブーム「下半身整形」気になるあれこれを人気医師に聞いた
 有名人のお顔や体の整形公表は今や珍しくはありませんが、いまだ公表を憚られるパーツ、それがデリケートゾーンではないでしょ...
「地味な顔だから似合う服」足して引いてパッと華やぐコーディネート術
 地味な顔立ちの人は自信を持てなかったり、自分の良さを上手に表現し切れなかったりすることがあります。でも実は、地味な顔に...
40代女性は口ヒゲ注意!? 案外見られている口周りのムダ毛処理法&注意点
 40代女性は仕事や家事、育児などに忙しい年代です。とはいえ、自分に使う時間が少なくても「最低限、ムダ毛処理くらいはちゃ...
化粧水ジプシー脱出!敏感肌が落ち着く“千円以下”の最適解はあんな所に…
 長年愛用してきた化粧水が、自分の肌に合わなくなったことに気づいたのは昨年末のこと。そこから半年間は“化粧水ジプシー”だ...
小ジワもたるみも無問題!美容家ベタ惚れ“高発色”プチプラアイカラー3選
 40代、50代…と年齢を重ねるにつれ「アイシャドウの色がのらない…」と感じてはいませんか?  悲しいけれど大人世...
40代痩せたいなら背中を鍛える!見落としがちな「美スタイル」習慣3つ
 ダイエットをする際、お腹や足への成果を求めがちですが、ちょっと待って。40代で痩せたいと思うなら、見落としがちな「背中...